子供の協調性がつく習い事とは?子どもの協調性の伸ばし方を紹介!

子供が小さいうちはひとり遊びをしているが事が多いですが、幼稚園や保育園を卒業してからも、小学校・中学校と続いていく集団生活。自分の子供が集団の中でちゃんと行動できているか、親としてはちょっと気になりますよね。
そもそも協調性とはいつから芽生えるの?親はどんなサポートをしてあげたら良いの?など子どもの協調性の伸ばし方を紹介します。

キャンペーン終了まで、あと12日!
友だち追加

協調性が育つのは5~6歳

子どもたちは3歳くらいから徐々にお互いを意識し、小学生くらいまでに毎日の生活で「協調性」を学び身に付けていきます。
5~6歳になると徐々に他人に対する気持ちが育ち始めるので、この頃からお友達と遊ぶことの大切さを教えてあげると子どもに協調性が芽生え始めます。
それまでは、友達同士で遊んだりしていても、たまたま趣味が合ったとか同じ遊びがしたかったというレベルなのだとか。
5~6歳のうちに他人を思いやる気持ちや仲間と遊ぶことの大切さを教えることで、協調性のある子供に育つ可能性が高くなります。

協調性をつけるポイントを紹介

協調性のある子供にするために必要なこととはどのような事なのでしょうか。

お友達の輪に入っていく

子供の性格によっては自分から友達の輪に入れないこともあります。
そんなときは子供の様子を伺いつつ、声を掛けるなどグループに入る手伝いをしてあげましょう!
このときに、あまりにも子供に合わないグループに無理やり入れてしまっては逆効果になってしまうので注意が必要です。

相手の気持ちを考えさせる

協調性を養うには「相手の気持ち」を考えさせることがとても大切です。
他人と自分、その関係の中にはお互いの思いがあり、その思いを理解し合うこと、それが協調性だからです。

競争心を煽り立てない

小学校のお受験や、早く字を書けるようになるかなど、親が子供同士を競争させてしまうこともあるかもしれません。
子供にとって、グループ内での遊びの時間は出来るだけ仲良くするほうが楽しいのだと教えましょう。必要以上に競争心を駆り立てないほうが良いのです。

集団での役割やルールを教える

スポーツをするときでもおままごとをするときでも、友達と何人かで遊ぶときには役割やルールがありますよね。みんなが楽しく遊べるように、ルールを守ることは大切です。
たとえば、野球ならピッチャー、おままごとならお姫様など、人気のある役割は交代になるように促すなど、集団でいることが楽しくなるように手伝ってあげましょう。
ルールの分からない子には、事前にまず理解させ、ルールを守る約束をさせるとよいでしょう。
役割が気に入らないときでも、ワガママを言わず我慢する心を育てることも大切です。

協調性がつく習い事とは?

サッカーや野球などの団体競技

体力や筋力がつき尚且つ団体競技なのでコミュニケーション能力や協調性を学ぶことができます。またチームでポジションが決まっているので自分の役割を理解することができます。
サッカーも野球に限らずスポーツはフェアプレーを大切にするのできちんと整列する、挨拶する、応援を頑張ってするなど競技面だけではなく学べることも多いようです。

リトミック

リトミックは音に合わせて動くことを通じて表現力や思考力、記憶力などの学習をするための土台を作るのが目的です。そして、レッスンを通じて子どもの能力を発達させるだけでなく、幼稚園や小学校での集団授業を問題なく始められるようにお友達と一緒に学ぶ社会性や協調性も育んでいきます。音楽を通して同世代のお友達と集団で体を動かしたりするので、協調性や社会性が育まれます。
また脳の発達時期に合わせて音感やリズム感をつけるレッスンを受けるので、ピアノなどの楽器演奏への移行もスムーズにできるメリットもあります。

スイミングや体操

個人競技と思われがちな水泳や体操ですが、ほとんどのスイミングスクールや体操教室は集団での指導が多いそうです。
先生の指導をしっかりと聞かないと危険ですし、道具や器具を順番に使用する事や集団行動をすることにより協調性が養われるそうです。

幼児教室や英語教室

グループゲームとは、複数の子供たちで遊びながら学ぶプログラムの一つです。多くの幼児教室や子供向けの英語教室はこのグループゲームを取り入れています。
クイズなど楽しいレクリエーションや、簡単な運動などを通じて楽しく学ぶことができ、適切な競争心を養いながら退屈をせず学習に取り組むことが可能です。
同じ年頃の子供とコミュニケーションを取れば、自然と人とのかかわりを習得することもできるでしょう。
幼いうちからコミュニケーションスキルを磨くことで感情面が豊かになり、社会性の発達に大きく役立ちます。

子どもには個人差があることを忘れないで

もちろん子どもの成長のスピードには個人差があります。協調性を養うことはご家庭でもできるため焦らず、人との関わりを沢山持たせていくことを大事にしましょう。集団行動が苦手でも、ママ・パパが必要以上に焦るのではなく、習い事などを活用してどうしたら集団で行動することに楽しさを感じられるかを考えてあげられるといいですね。
大きくなるにつれ、子供は集団で動くことに慣れてくるはず。適度な手助けで、協調性を育ててあげられるといいですね。

友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

キャンペーン終了まで、あと12日!

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す
キャンペーン終了まで、あと12日!