IQの高い子供の特徴は?平均はどのくらいで、どうやって伸ばす?

自分の子供がどれだけのIQを持っているのか、気になる親御さんも多くいます。IQが高くなることで勉強にいい影響を与えるのではないか、低いと勉強に身が入らなくなるのではないかと考える人もいれば、IQが子供に遺伝するのではないか、遺伝子の時点ですでに決まってしまうのではないかと考え、あまりIQに関することに関心を示さない人もいます。このように、人によって知識が大きく分かれ、IQに対する認識にも大きな差が見られます。

本当にIQが高いと勉強ができるのか、ある程度の年齢になってからでも間に合うものなのか、平均はどれくらいなのかを知ることにより、子供に教育を行い、子供のIQを伸ばしていくことができるだけでなく、正しい知識を持って取り組んでいくことができるようになっていきます。

キャンペーン11/30まで、お早めに!
目次
友だち追加

IQとは?

そもそもIQは知能検査の結果を示す数値であり、実年齢と精神年齢の差を基準としています。最近ではDIQと呼ばれる、同じ年齢の集団の中でどの位置にいるのかということをメインにした検査方法が主流となっています。以前までのやり方が絶対評価であったのに対し、今のやり方は相対評価のような形です。そのため、たとえいいIQをとっても、全体では順位がそこまで高くないということもありえます。

IQの平均値は100となっており、これより高いか低いかが1つの目安となります。ただ、70から130までに9割以上の人が分類され、70以下ということになると知的障害という扱いです。過半数以上の人は85から115の中に入るようになっており、100が最も多くの人が獲得しやすい知能指数となっています。

子供のIQってどうやって測るの?

基本的な計測方法としては、言語能力が影響する言語性検査、言語能力が影響しない非言語性検査、これらの中間にあたる検査の3パターンが中心です。また、集団でテストのような形にして行う集団式の検査もあれば、マンツーマンの対話形式で行う検査もあります。日本では非言語性検査を中心としたものが主流となっており、個別に検査する場合は言語性検査を行うことがよく見られます。このため、日本で知能指数が高い人は非言語性が高いということが言え、その部分の能力が高いことを意味しています。

出題範囲としては、図形の規則性を問う問題や数列の問題などが出題されます。子供の場合は言語性の強い問題はあまり出題されず、大人になってからそうしたものが出されるようになります。図形の組み立てやどちらが大きいといった簡単なものが出題されやすいと言えます。

IQの高い子供の特徴とは?IQ高い=頭がいい?

IQが高い子供は大人びているという特徴があります。これはIQが高ければそれだけ精神年齢が高くなるためで、ほかの子供とは別のことを考えがちです。また、本を読み始めるのが早いということも言えます。読書量も多く、小学校に行く前に本をたくさん読んでいた子供が実は知能指数も高かったということが指摘されています。他にも好奇心旺盛である、記憶力がいいといったことも特徴として挙げられます。

このように一見すると、知能指数が高ければそれだけ頭がいいということを結論付けたくなりますが、あくまでちゃんとした教育を受けさせた場合であり、周りがこうした兆候を見逃すなどをしていると、学業の結果に結びつかず、別のところで才能を開花させることもあります。頭がいいというよりは効率のいい頭をしているということが言えます。

IQを伸ばすためにはどうする?

知能指数が伸びるのは3歳までと言われています。メカニズムとしては、子供が新しい経験をし、刺激を得て、それによって脳の中にあるニューロンの周りにシナプスが生まれ、それが情報を伝達するようになり、機能するようになるというものです。ニューロンは最初の段階ではほとんど繋がっていません。それが刺激を受けることで繋がるようになります。IQを伸ばすには子供に刺激を与えることが大切と言われています。

刺激の与え方として、遊ぶ時間を増やすというのがおすすめです。これにより、社会性などが身に付くだけでなく、そこでの刺激、危険などを体験し、親から褒められたり、叱られたりしていく中で刺激を得て、学習をしていきます。幼児教育、知育教育も有効ですが、身近なところからでも伸ばしていくことは可能であり、親の努力次第でどうにでもなります。

IQだけで子供の才能を判断しない!

こうした指数はインターネットなどで検査することはできるものの、確実なものを知ることはできず、その場合はお金を出して調べてもらうことになります。学校で検査する場合も結果はこんな感じだったというのは教えてくれません。一番いけないのは、インターネットで真偽が定かではない検査の結果だけを参考に子供の才能を判断することです。たまたま高く出てしまった、低く出たということがあるため、その子供の実力でない可能性も十分にあります。

才能を伸ばしたいという場合はこうした数字を参考にするのではなく、幼児教育などに熱心なところに子供を連れて行き、実際に見てもらうことが大切です。そして、何のために通わせるのか、当面の目標は何かを先に決めてから通わせることで目的意識が生まれ、根気よく続けさせることができます。

友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

キャンペーン11/30まで、お早めに!

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す
キャンペーン11/30まで、お早めに!