子どもに習い事は何個させるのが良いの?上手な組み合わせ方も紹介!

最近は子どもの習い事の種類も増え、選択肢が多くあります。その一方で、どういうのが我が子に合っているのか、選択肢が多いので悩みますよね。

 親が「将来こうなってほしい」と思って習い事をさせても、子どもが気に入らなければ元も子もないですし、次から次へと習い事を変えるのでは、金銭的にも体力的にも追いつきません。

 見極める方法としては、複数の習い事をさせる方法があります。しかし、いくら複数やるといっても毎日詰め込んでしまうと子どもも息が詰まり疲れてしまうでしょう。
 
ここでは、子どもに何個くらい習い事をさせるのが良いか、上手な組み合わせ方もご紹介します。複数習い事をさせたいけれど一体何個ぐらいがいいのかな…と不安に思っている方も、ぜひ参考にしてください。

友だち追加

いくつ習わせているの

一般的に、子どもにどのくらい習い事をさせているのでしょう?

 0歳から2歳までは、まだ子ども自身の体力的な問題もあるし、習い事をさせるよりも外で遊ぶなど日常の体験をさせるのが大事なので、やっても週に1つが限度でしょう。

 では3歳以上、いわゆる幼稚園に通い始める年齢以上になるとどれくらいになるのでしょうか。

 結論から言うと、週に2つ、やっても3つくらいが一番多いそうです。

 子どもは園や学校で気や頭、体力を使い、疲れて帰ってきます。そこから習い事に行くとなると、相当疲れるでしょう。なので、週5日の平日に2つだと2日に1回のペースでちょうど良さそうですし、土日も入れれば、3つの習い事も可能でしょう。

 中には4個以上の習い事をさせている方もいますが、習い事をたくさんさせれば良いというわけではありません。すべてにやる気があって吸収するような子なら大丈夫かもしれませんが、全てが中途半端になってしまう可能性もあります。それにあまり詰め込みすぎると子ども自身が習い事を嫌になってしまったりするかもしれません。

 やはり適度に良い量は子ども自身が集中して取り組める2つから3つくらいがよさそうです。

上手な組み合わせ方は?

では2~3個習うとして、一体どんな組み合わせであれば一番良いのでしょう。

 仮に2つ習わせると決めたとして、魅力的な習い事がたくさんあって、一体どんなのにしようか決めかねますよね。子どもに何が合うのかも分からないし、絞り込むのも難しいと思います。

 一般的には、文化系とスポーツ系、勉強系とスポーツ系など、分野が反対のものを組み合わせるやり方です。男の子ならそろばんとサッカー、女の子ならピアノとスイミング…という風に『静と動』の習い事を選ぶということです。

 子どものうちにやりたいことや才能、親が習わせたいものを絞って習わせるのももちろん良いですが、子どものうちは秘められた能力に親が気付いていない場合もあるので、バランス良く習わせるのが大事です。

 それでもあれもこれも習わせたい!と思ってしまいますよね。その場合いくつかやってみて、合わないものを切り捨てるというやり方もあります。まずは子どもにどんな分野が向いているか見極めることが重要ですよ。

すぐに決断せず何度か体験レッスンに行ってみよう

 通わせたい習い事を決めたらすぐ入会を決めずに、まずは無料体験や体験教室に行きましょう。

 習い事に通わせるにはお金が必要です。入会するとなると入会金など初期費用が発生します。もし通わせることに決めた習い事が子どもに合わず、入会後すぐに子どもが辞めたいと言い出した場合、「お金払ったのに!」と、思ってしまいますよね。

始めてからすぐに退会するようなことがないように、長続きするにはまずは最初のリサーチが大事です。今の時代、習い事のほとんどは無料体験や体験教室などが開催されています。

見極めのポイントはその子によって違いますが、例えばスイミングなら「ルールを守って楽しくやっているか」「先生の言うことをちゃんと聞いて、指示通り動けているか」などがあります。その中で、一番重要なのは「楽しくやっているか」だと思います。

習い事によっては複数回無料体験などをさせてくれるものもあるので、まずは問い合わせをして、それから無料体験などをしてみましょう。せっかくお金を払って通わせるのです。

習い事は「やるのなら真剣に取り組む姿勢」を学ばせるきっかけになると思います。長く続ければ続けるほど、技術とともに「物事に真剣に取り組む姿勢」が身についてくるものです。

ボーっとする時間も子どもには必要

子どもの頃、ボーっとしていた経験はありませんか?

 園や学校から家に帰ってきて、宿題も終わり、テレビを見るともなくただなんとなく何もせずにボケーっとしている…。はたから見れば「どうしたの?」と声をかけたくなってしまう、あの感じです。

実はこの「何もしない時間」というのは子どもにとって大切なのだと思います。

 最近の子どもは忙しいことが多いため、家でボーっとする時間もないようです。
ぼんやりしていると、頭の中にふいによぎる何か、例えば「好きなものについて」だったり「今日1日の振り返り」だったり、本を読むのが好きな子は、自分が物語の主人公になって空想の世界を飛び回ってみたり…。気付いたらそんな何かを考えていたりするものです。

 今の子どもは時間に追われることが多く、「早くしなさい!」「ぼんやりしないで!」と、親に怒られることが増えています。

 日々目まぐるしく忙しい毎日を過ごすよりも、「何もしない時間」を大事にして、「頑張る時」と「力を抜く時」のメリハリがある生活を送れる土台を、習い事を通して作ってあげたいですよね。

友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す