子供が習い事を辞める時にお礼は必要?何を渡せばいい?

お子様が習い事をやめる時、理由が何であれ、多少なりとも気まずさはありますよね。なんて伝えればいいのか、どのように伝えるべきなのかを悩むママさんパパさんは多いのではないでしょうか。また、お世話になった先生に向けてのお礼は必要であるのか、ママ友にもお礼は必要なのか、など、悩みのタネはつきません。今回は、子どもが習い事を辞める際のマナーとお礼の有無について紹介します!

キャンペーン終了まで、あと3日!
友だち追加

習い事を辞める時にどうやって伝える?

習い事を辞める際、長く続けていた場合や、楽しかった場合ほど、辞めるときはすごく悲しい上に、伝えるのもなかなか難しいですよね。しかし、難しいからといって、伝えるのが長引いてしまうのもよくありません。お世話になった先生に辞めることを伝える時、お互いが気持ちよく終えられるためにはどうすればいいのかを紹介します。

1.報告する時の期限

習い事がやめなければいけない、と分かったときはなるべく早く先生にお伝えしましょう。直前になればなるほど、お互いにぎこちなくなってしまいます。また、先生なりに、教室の受け入れ人数の予定を立てている場合もあるので、直前だと悪影響を及ぼしかねません。ですので、分かり次第報告しましょう。
目安としては、退会する日の1ヶ月前がいいですね。大手の教室などは、規約に退会は1ヶ月前に報告であることを決めている場所も多いです。
くれぐれも、「今日で辞めます」といった急な報告は失礼にあたりますので、お気をつけくださいね。

2.報告の仕方

辞める際の挨拶は、メールでいいのかという疑問もありますが、マナーとして、直接会って報告することをオススメします。お忙しくて習い事の場所までいけないときは、電話で、電話がどうしても繋がらない場合は、メールでも大丈夫です。しかし、1ヶ月前には報告すべきですので、なんとか直接お会いできる日を探すか、厳しかったら電話でお伝えすることを強くオススメします。

3.伝える内容

辞めることを伝える際の内容とすれば、少人数のクラスや顔なじみの先生などは伝えやすいかもしれませんが、大人数の先生で距離が遠い先生にはなかなか言い出しづらいですよね。その場合は以下の文章をご利用ください。
・◯曜日の○○クラスでお世話になっております、◯◯と申します。
・お忙しいところ恐れ入りますが、少々お時間いただけますでしょうか?
・実は〜〜という理由によって、◯月で退会させていただくことになりました。
・短い間ではありましたが(長い間)、お世話になりました。
・残りの◯ヶ月、宜しくお願い致します。
このような内容であれば、なんの問題もありませんので、不安な方はぜひご利用ください。

習い事を辞める時、先生にお礼は必要?

辞めるときに、先生に何かしらのお礼の品を渡す米なのかを悩む方も多いのではないでしょうか。世間一般的には、渡さないよりかは、渡した方がいいとされていますし、実際に渡す人の方が多いです。ただ、必ず渡した方がいいと言うわけではなく、やはり、先生の人柄や、関係性が重要になってきます。

例えば、1年間お世話になって、子どもも先生に懐いていて、ママさんパパさん自身も先生と仲良しだった場合、自然と「お世話になったからお礼を渡そうかな」と言う気持ちになりますよね。
逆を言うと、入ったものの子どもに合わなくてすぐに辞めてしまう場合や、大教室の中の一生徒で、先生との距離も遠い場合は、「お世話になりました。」の挨拶のみでも十分なお礼だと言えます。

つまり、結果としては、自己判断で決めて良い!ということです。ママさんパパさんのお気持ち次第ですね。
また、お礼の品を受け取ること自体を禁止とされている習い事や、教室もあるので、その点は確認してから考えて見てくださいね。

一緒に習ってたママ友にもお礼を渡したほうがいい?

ママ友へのお礼としても、先生に渡すとき同様、ママさんパパさんのお気持ち次第であると言えます。
ただ、一般的には、何かをしてもらっていた場合以外はママ友にお礼することは少ないと言われていますね。
例えば、自分の子どもの送り迎えを一緒にしてくれた場合や、仲良くしてくれた場合、紹介してくれたママでとても感謝している場合は、ちょっとしたお礼をすると喜ばれる可能性が高いです。
また、その習い事を辞めてしまうことで会えなくなってしまう仲が良かったママ友やそのお子様に向けて「今までありがとうね」といった気持ちでお礼をすることはたまにあるパターンです。
これも、お気持ち次第と関係性次第なので、そこまで深く考えずにしてみてください。

お礼としてどんな物を送ればいい?

感謝の気持ちを伝えたい!と思った先生に対して何を渡せばいいのか、という悩みに関しては、定番である以下のつを挙げます。

1.お手紙

先生が渡されて最も嬉しいと思うのは、感謝の気持ちがこもった手紙であるとよく言われています。お子様もコメントも添えていると、なお一層、喜ばれるのではないでしょうか。

2.習い事関連の小物

例えば、ピアノの先生だったら、ピアノの刺繍が施されているハンカチや、綺麗なキーホルダーなど、先生の趣味に合うような小物は使い勝手が良く、喜ばれます。習い事関連の小物は外すことがあまり無いのでオススメです。

3.金券

習い事関連で探すのは難しく、趣味もイマイチ分からない..という場合は金券をオススメします。好きなものを購入できるので安全ですよ。小さいメッセージカードなどを添えるとより一層素敵です。

4.日持ちがするお菓子

先生の好きなお菓子などが分かっている場合はお菓子もオススメです。その場合は、ケーキやシュークリームなどの生ものではなく、お煎餅やバームクーヘンなどの、日持ちするものを選びましょう。

予算としては、3,000~5,000円が相場とされています。高価なものは、気を遣わせてしまう場合が多いので、無理をせずにほどほどの金額のもので押さえましょう。
渡す時期としては、最後の授業の日がベストタイミングですよ。

習い事を辞める時はしっかり礼儀正しく

以上で子どもが習い事を辞める際のマナーと、お礼の有無についてです。参考になったでしょうか。
最も大事なのは辞めることがわかり次第早めに伝えることと、感謝の気持ちを直接に言葉で伝えることです。

お礼の有無は、先生にしてもママ友にしても、気持ち次第ですので悩みすぎることはありませんよ。気持ちよく辞めることができるよう、是非参考にしてみてください。

友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

キャンペーン終了まで、あと3日!

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す
キャンペーン終了まで、あと3日!