ビーマ・スポーツで伸ばす運動能力と非認知能力!内容や月謝は?

ビーマ・スポーツは、最新のスポーツ科学と幼児教育学を融合した総合型スポーツスクール。3歳〜10歳までの、まだ専門的にスポーツを始める前の子どもを対象としています。

子どもの運動能力を高めるため、特定のスポーツには特化せず、サッカーや野球、バスケット、体操、ダンスなど、様々なスポーツを科学的なトレーニングメソッドに基づいて総合的に行います。コミュニケーション能力と課題解決能力を重点テーマに、この時期最も大切とされる非認知能力を高めるプログラムを実施しています。

今回はそんなビーマ・スポーツの特徴について調べてみました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

友だち追加

ビーマ・スポーツってどんなスポーツ教室?

ビーマ・スポーツは、運動能力はもちろんのこと、21世紀に必要なスキルとされている、コミュニケーション能力の向上も目指した指導を行う、新しい総合型キッズスポーツスクール

そのため「答えのない中で答えを探す」課題解決能力を重点テーマに、算数、クリエイティブシンキング、ブロック組立など「複数の課題を複数人のチームで」コミュニケーションを取りながら実施するプロジェクトラーニング型学習を実施しています。

ビーマ・スポーツ5つの特徴

1.最新のスポーツ科学に基づいた、総合スポーツプログラム

3~10歳はゴールデンエイジと呼ばれる運動神経が出来上がる時期。ビーマ・スポーツでは、この幼少時期にさまざまな種類のスポーツを総合的に実施することで、科学的に運動能力を向上させる「総合スポーツプログラム」を早稲田大学スポーツ科学部の広瀬教授監修のもと開発しました。

子どもが10歳以降、どのような専門スポーツを選んだとしても、一定以上のレベルで成長できる運動基礎能力やバランスなどを育てます。

2.幼児教育学に基づく、非認知能力向上プログラム

この時期に身につけることが大切だと言われている、コミュニケーション能力、くじけず最後までやりきるグリット力、社会性、物事に取り組むスタンスなどの「非認知能力」。ビーマ・スポーツでは、幼児体育学会会長の前橋教授監修のもと、幼児教育学に基づいた非認知能力を向上させるプログラムを実施しています。

問題を解決する能力を育てることを重点テーマとして、チームで課題を遂行していく、新しい教育プログラムです。

3.運動能力のデータ化で、子どもの成長が一目でわかる

定期的に、「走る」「跳ぶ」「投げる」の種目での測定会を実施。子どもの運動能力をデータ化するので、成長が一目でわかります。

4.子どもたちの成長に合わせた、個別サポート

プログラムの進行は、生徒2〜5名に一人の先生という体制で、マンツーマンに近い形での指導を行っています。

子どもたち一人ひとりの異なる成長やつまずきを個別にサポート。褒めるタイミングを逃さない指導で、この時期に最も大切な「自己肯定感」を持たせます。

5.楽しみながら学んで、スポーツを好きになる

ビーマ・スポーツのプログラムは、知識詰め込み型の体育教育ではなく、子どもたちが主体的に考えて、楽しみながら学ぶ21世紀型の総合スポーツ教育

子どもたちに「もっとやりたい!」と言ってもらえるような、TVゲームにも負けない楽しめるスポーツコンテンツを提供していく。そんな思いで「スポーツを好きになることから始まる新しいmanabi」をテーマに、今までなかった教育コンテンツを提供します。

レッスンの流れと内容をチェック!

ここではビーマ・スポーツのレッスンの流れと内容を、ある一日の例をとってご説明します。

①みんなで挨拶(アイスブレイク)
まずはみんなで元気にご挨拶。「この前の休みの日に何した?」「最近面白かったことは?」など、みんなで発言しあうアイスブレイクタイム。
 ▼▼
②ウォームアップ・エクササイズ
みんなで楽しくウォーミングアップ。眠っている体を起こし、怪我を予防します。
 ▼▼
③ファン・エクササイズ
みんなで走ったり、ジャンプしたり、ボールを投げたりと、ゲーム性を取り入れた楽しいエクササイズ。
asobiを取り入れ「楽しい!」を全面に出したエクササイズです。
 ▼▼
④コーディネーション・エクササイズ
ラダーやコーン、平均台、ボールなどのアイテムも使った、運動神経の向上を目的としたエクササイズ。
科学的に足を速くするためのスプリントトレーニング、ジャンプ力を高めるジャンプエクササイズ、など、スポーツ活動に必要な7つの能力(バランス能力、リズム能力、空間認知能力、操作能力、調節能力、反応能力、動作変換能力)を向上させるプログラムを行います。
 ▼▼
⑤コーペレーション・エクササイズ
2〜4人のグループを作り、様々なタスクを遂行するプロジェクトラーニングを実施します。
ブロックやパズルを用いたクリエイティブシンキング、コミュニケーション能力を高める絵の伝言ゲーム 、など、仲間と一緒に戦略を考えたり、それを発表したり、仲間を助けたりと、スポーツ科学に幼児教育学要素を加えたエクササイズです。
 ▼▼
⑥みんなで挨拶(振り返り)
今日楽しかったこと、学んだことなどの振り返りをして、みんなでご挨拶。
 ▼▼
⑦後片付け&biima sportsカード
後片付けも大事なmanabi。みんなで協力して後片付けをします。最後に、biima sportsカードにシールを貼ってもらいます!

☆レッスン時間 …60分

ビーマ・スポーツの月謝やかかる費用は?

ビーマ・スポーツでは、年中・年長コース、小1~3コース等、子どもの年齢でクラス分けしています。個々の運動レベルや発達具合によって、年齢の違うコースの選択も可能です。

料金

1レッスン60分/月4回(レッスン曜日は教室で異なります。直接お問い合わせください。)
入会金:15,000円(税込)
月 謝:  9,200円(税込)

※初月はユニフォーム代、スポーツ安全保険加入費、事務手数料が別途必要となります。

運動能力をぐんぐん伸ばす!まずは体験レッスンを

ここまでビーマ・スポーツのレッスン内容、料金などをチェックしてきましたがいかがでしたか?

それでもまだ通わせようか迷っている…そんな方は、体験レッスンに参加してみましょう。ビーマ・スポーツでは全コースで無料体験レッスンを実施しています。

下記アイコン、コドモブースターから申し込めますので、ぜひ気軽に行ってみてくださいね。

無料体験の申し込みはこちらから
友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す