女の子におすすめの人気がある習い事ランキング!費用や特徴も紹介

いろんな習い事がありますよね。そろそろ習い事を始めさせたいけど、なにがいいのか迷ってしまいますよね。今回は女の子におすすめの人気のある習い事を御紹介していきます。気になる特徴や費用まで。是非参考にしてみてくださいね。

目次
友だち追加

男の子の習い事と女の子の習い事、違いはある?

女の子と男の子がいるご家庭では、同じ習い事をさせていいのかと疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか。今回は、性別によってどのような違いがあるのかご紹介します。
女の子は比較的早い時期から自分の気持ちや自分のやりたいことをはっきりと主張することができます。ですからそのまま子どもの意志を尊重して習わせることが多いようです。その以外にも衣装が可愛いくて、女の子同士で協調性などが高められるバレエや新体操なども人気のようです。また、女の子には音感や集中力を身につけてほしいというパパさんママさんも多く、楽器を習わせる方もいます。
それに比べて男の子は、自らやりたいことを主張するより、親が主導で決めるケースが多いようです。特に「スポーツが得意な子になって欲しい」と願うパパさんママさんもいるので、サッカーや体操など体を動かす習い事が多いようです。スポーツを通して負けることの悔しさなどを学ぶことができ、心身ともに鍛えられることも人気の理由です。
性別によってどのような習い事をさせるかはとても難しいところですが、親の主張を尊重させすぎず、その子の個性に合った習い事選びをすることがポイントです。

女の子に人気の習い事ランキングTOP10 

第一位「水泳」

男女関係なく人気です。水を怖がらなくなる、体力が一番付くスポーツであるという理由から、習わせる親が多いようです。小学校に入ってから泳げないとうことにならないように、割と早い時期から習わせる家庭もあります。月謝はリーズナブルなところでは6,000円位から始められるようです。グッズも水泳キャップと水着くらいなのでリーズナブルです。

第二位「ダンス」

最近はアイドルやダンスグループもたくさん増えて、身近に感じられる存在となっているダンス。親の憧れから習わせる方も多いよう。HIPHOPやJAZZなどさまざまなジャンルがありますが、それぞれ月謝は約10,000円ほどです。発表会には参加費、衣装代などがかかります。

第三位「学習塾」

小学校や中学校を受験させるご家庭では、学習塾に通っている方が多いようです。その他、学校での学習以外での勉強を学べます。年齢によって異なりますが、月謝は約7,000円。教科を増やすごとに値段も変わります。

第四位「習字」

昔から定番の習い事ではありますが、いまでも上位の人気です。生涯にわたり綺麗な字が書けるため、仕事で役立つため、という理由が人気の秘密です。また、習字は日本独自の文化であるため、礼儀作法などを学べます。月謝は約6,000円~8,000円。リーズナブルな習い事です。

第五位「バレエ」

小さな頃から柔軟性やバランス感覚を鍛えられ、クラシック音楽に合わせて踊るため、子どもの脳の発達に良い刺激を与えてくれます。月謝は約10,000円。衣装代や発表会参加には別途費用がかかります。

第六位「そろばん」

そろばんができるようになると、暗算ができるようになり算数の力が身につきます。暗算ができるようになると、日常のお買い物の計算から、将来の仕事にも役立つため人気です。月謝相場は約6,000円~8,000円。その他検定料には別途費用かかります。

第七位「ピアノ」

ピアノは幼い頃から習わせておくと「絶対音感」を身につけることができます。また、一曲を覚えることで、集中力や忍耐力も鍛えられます。
保育士や音楽の先生はピアノは必須。将来の職にも繋がることもあります。月謝相場は約7,000円~12,000円と音楽系の習い事の中ではやや高めです。

第八位「英会話」

来英語を話せるようにと未就学児から通う方がとても増えています。まだ話すことができなくても、英語に対して耳を慣らすことで英語を覚えやすくしてくれます。月謝相場は約10,000円ほどですが、教材費などは約20,000~30,000円ほどかかる場合もあり、少々お高めです。

第九位「茶道」

対象は小学校くらいの年齢からとなりますが、茶道は礼儀作法や、お茶会での会話の中から綺麗な言葉遣いをを学ぶことができます。日本の文化である茶道ですが、近年では一般的ではなくなり、なかなか触れられなくなったからこそ、習いごとをさせる家庭もいるようですね。

第十位「新体操」

バレエと少々似ている部分もありますが、柔軟性やリズム感を鍛えられます。さらにはリボンやフープなどの道具も使うので、興味がわく子が多いようです。月謝相場は約6,000円位からのようです。

女の子だからこそ気をつけたい3つのポイント

ポイント1

女の子にも人気なバレエやダンスなどの習い事は、衣装代もかかります。発表会はつきものなので、発表会の費用は意外と高く、スタジオによっては10万円ほどかかるところもあります。金銭面を考えると、長く続けるには覚悟が必要です。また衣装作りなど、親が頑張らなければいけない点も多数あります。

ポイント2

女の子は男の子に比べて自己管理能力が高く、親の気持ちを汲み取ることが上手で親がこうすれば喜ぶと頭でわかっている子が多いです。ですから自ら興味がない習い事を、親が強制的に習わせているとストレスを溜めてしまい、いつか限界に達してしまう時がきます。習わせる前に子どもの気持ちをよく理解し、無理をさせないことが大事です。

ポイント3

例え習い事だとしても、親は子どものために力が入ってしまいます。特に女の子のいるママさんは、自分自身と重ね合わせてしまうこともあるため、ついつい厳しくなりがちです。できた、できなかったの結果にとらわれず、できるまでの過程を楽しむこと。それを自然に意識してあげるだけで、子どものやる気を上げさせられます。

子供が楽しめる習い事が一番

多種多様な習い事がある中で、なにをチョイスするか考えるのはとても難しいことです。ただ忘れてはいけないのは「子どもが主役」であること。習い事は個性を伸ばすところ。大人の言いなりにさせるところではありません。子どもの持っている個性を親が見極めて、本当に合った習い事なのかを考えてあげてください。ついつい自分の子どもには期待してしまいますが、パパさんママさんも子どもと一緒に成長するつもりで楽しみながら、習い事をしていただきたいと思います。

こんな習い事もおすすめです!

友だち追加