子どもの習い事別の費用まとめ!月謝の相場はいくら?

子どもが少し成長してくると、気になりだすのが習い事!

子どもの成長を促し、様々な才能を伸ばしてあげたいのが親心なだけに、習い事をさせたいと思う方も多いはず。

けれど、ネックになるのが月謝。どれもこれもやらせてあげたいけれど、先立つものがなければ心もとないのも現実です。

気になる習い事の月謝、それぞれの相場を調査!あなたはどれをやらせてみる?

目次
友だち追加

子どもの習い事、費用はどのぐらいかかってる?

そもそも、みんな子どもの習い事にどのぐらいお金をかけているのでしょうか?

リクルートマーケティングパートナーズが行った『「ケイコとマナブ」2017年 子どもの習い事アンケート(※)』によると、子ども1人・1カ月当たりの習い事数と費用は次のとおり。

  • 習い事の費用: 平均1万3,091円
  • 習い事の数: 平均1.92個

子ども1人に月1万円以上かかっているというのです!

さらに、子どもの年齢が上がるにつれて、習い事の個数は増え、費用は増える傾向に。年齢が上がると、学習系の習い事が増えてくるためだろうと思われます。

子ども1人当たりの習い事数と金額(年齢帯別)

※『ケイコとマナブ』 2017年 子どもの習い事アンケート
調査対象:習い事をしている小学生以下の第一子を持つ全国の女性927人(未就学児の母:309人、小学校低学年の母:309人、小学校高学年の母:309人)

子どもの習い事、選ぶ基準は?

どれを習わせればいいのか悩む習い事。大きく分けると英語、くもんなどの学習系、ピアノ、バイオリン、絵画などの芸術系、スイミング、サッカーなどの運動系に分かれます。

芸術系、運動系、学習系それぞれひとつづつ選ぶこともあれば、運動系だけ、学習系だけなどに絞る場合も。一般的には親の希望にありつつ、子どもが「習いたい」「やってみたい」と言ったものを選ぶ場合が多いよう。

また、ピアノは指先を使うので芸術系ですが脳の発達を促して学習にもいい影響があると言われていますし、スイミングで肺活量を増やすことで脳に運ばれる酸素が多くなり、結果的に頭がよくなるともいわれています。そういう影響なども考えておくと効果的かもしれません。

芸術系の習い事

1. ピアノ

子どもの習い事として、楽器系の中でも一番メジャーなのがピアノ。

ピアノ教室としてスタンダードなのがヤマハとカワイ。全国に教室があり、1歳児から4、5歳児までのコースであれば月謝と諸経費を合わせて月7000円ほど。小学生になるとコースによって多少変わってきますが、月10000円~12000円ほどとなります。

個人教室はそれより安いことが多く、月5000円ほどが平均ですが、教室によって異なるため事前に確認が必要です。

2. バイオリン

ピアノよりも「いいところの子」が習うイメージの強いバイオリン。

月謝の相場は月4回で7000円から10000円くらい。進捗により月謝が上がることもあり、小さいうちはこの程度ですが、進んでいくうちに月20000円を超えてくることも。

月謝以上に厳しいのがバイオリンの買い替え!

ピアノが大人用を子どもも使えるのに対し、バイオリンは年齢、体格に合わせて楽器を買い替える必要があり、5、6歳から始めた場合、4回は買い替えが必要とのこと。ちなみに一台4~7万ほど。

3. バレエ

ひらひらの衣装、トウシューズなど女子のあこがれがつまった習い事といえばバレエ!

バレエの月謝の目安は7000円から10000円ほど。バレエ団が教えてくれる教室はお値段高め、スポーツクラブやカルチャースクールが行っている教室は少しお安めの傾向があります。

ぶっちゃけ月謝よりも大変なのが発表会!教室によっても異なりますが5万円ほど。大きな発表会となれば10万ほど必要になることも。覚悟が必要ですね!

4. 書道

美しい文字は人柄を表すもの。パソコンやスマホで入力することが多くなっても、字はきれいに書きたい人は多いはず。

そんな方にオススメの書道、小学生の場合の月謝は2500円~4000円と手ごろ。気軽に習わせてあげたいですね。

運動系の習い事

5. スイミング

教室によっても幅がありますが、平均で週一回のレッスンで安いところで5000円、平均で6000~8000円ほど。

上達すると選手コースに誘われるのですが、選手コースになると月謝も上がり、10000円ほどになることも。さらに試合に出る場合、バス代などを徴収されることが多いようです。

子どもが上達するのはうれしいけれど、レッスン料は上がるのは少し辛い。複雑な親心が出てきそうです。

6. サッカー

男子のスポーツ系習い事として人気のサッカー。

地域のスポーツ少年団などに入る場合、会費は2000円~3000円。それより本格的なクラブチームとなると5000~7000円ほどかかります。

その他、遠征費用などが必要になることも。

7. 野球

サッカーと同じく、男子のスポーツとして人気の野球。
、会費は2000円~3000円。遠征費用がかかることもあります。

8. ダンス

体育の授業にダンスが取り入れられたこともあり、習い事として人気急上昇中のダンス。

月謝の平均は5000円~8000円程ですが、有名ダンサーが教えてくれるような本格的な教室だと、20000円を超えることも。
月謝の他に、チケット制のところもあります。

9. 空手

海外でも最近人気の空手。月謝は意外と手ごろで2000円~5000円ほど。
地域のスポーツ少年団で空手を教えてくれるところもあり、そういうところはかなり格安のよう。

10. 体操

身体の柔軟性が高まるなど、人気の体操。
トランポリンや跳び箱などを使っての運動は、学校の体育にも役立ちそう。

月謝は4000~6000円程。ただし、選手育成コースなどになると高額になります。

学習系の習い事

11. 公文

「やっててよかった公文式!」でおなじみ、学習系の習い事の中でもかなりメジャーな公文式。

会費は全国一律で、幼児・小学生は一教科当たり6,480円。中学生で7,560円です。
教科を増やすと金額も上がります。

12. 英会話

学習系の習い事で最近どんどん増えているのが英会話。小学生から英語教育が始まったこともあり、気になっている人も多いのでは?

月謝は6000~8000円ほど。プラスして教材費や年会費が年に1万から2万円ほどかかることが多いようです。

最近ではスカイプを使って自宅で英会話ができるオンライン英会話も。こちらは月額3000円程度からとリーズナブルに英会話を学ぶことができます。

▼オンライン英会話リップルキッズパークの体験レポートはこちら

13. プログラミング

最近人気が急上昇していると言われるのが、子供向けのプログラミング教室。

まだまだ教室は少ないのですが、興味があるパパママも多いのでは?数が少ない分、月謝は高めで6000円~12000円ほど。

習い事の月謝相場を一覧で!

それぞれの習い事にかかる月謝などの費用をみてきましたが、いかがでしたか?

一覧表にまとめましたので、習い事を検討する時の参考にしてください。

習い事の月謝相場 一覧表

習い事で子どもの才能を伸ばしたい!

可愛いわが子の才能をできることなら伸ばしたいと願うのはどの親も同じ。

どの習い事も、教室により金額は様々。最初は格安の教室で様子を見て、子どもに向いていそうならよりよい教室を探してみるのもひとつの手です。

地域によって教室事情も異なりますので、ぜひ情報収集をして子どもにあった教室、習い事を見つけてあげてくださいね!

子どもの性格別オススメ習い事はこちらの記事からどうぞ!
友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す