アメリカが取り入れているSTEM教育とは?メリットと教材を紹介

stem教育とは科学や数学などに重点をおいた教育のことで、アメリカで既に導入されており、近年日本でも注目されつつあります。stemとは科学(Science)、技術(Technology)、工学(Engineering)、数学(Mathematics)を重点にした教育方針で、それぞれ単語の頭文字を取ったものです。アメリカでは今後の経済成長には科学や数学などをベースに展開する科学技術分野が非常に重要な分野であると考えられています。そして、人材育成を早い段階から行うことで、そのような分野において子供たちが将来リーダーとして働き活躍することを目的としています。stemは前オバマ大統領が演説において優先課題として取り上げたことがきっかけに注目されるようになったと言われています。特に理数系の教育に取り組むことで、科学技術分野やビジネス分野における国際的な競争力を発揮することができるとされていて、アメリカが世界に誇れる科学技術分野での優位性を保ちながら、将来的にも維持していくための国家戦略としての一面もあります。

キャンペーン終了まで、あと11日!
友だち追加

STEM教育とは?

アメリカには全米科学教師連盟(National Science Teachers Association)通称NSTAという組織があります。NSTAは科学教育の改善や向上などを目指した団体で、stemの発展に向けて貢献しており、1996年アメリカ科学アカデミーが制作した全米科学教育スタンダードに続いて、全米レベルの科学スタンダード「次世代科学スタンダード(Next Generation Science Standards)」通称NGSSの開発が有名です。他の団体機関とも連携した推進活動を行っており、stemの対象範囲としてNSTAは科学教育に関係する団体に該当します。従来の教育関連の組織は他の学問分野や教育機関以外との連帯や、stemを推進しようという活動を通して、アメリカ連邦政府や各州の政策立案者に向けて、経済発展や競争力のためにstemが非常に重要な役割を担っていることを伝える活動を行っています。

STEM教育のメリット

stem教育のメリットとは数学や科学という縦割り式の構造で習得するのではなく、通常社会で使われるようなカテゴリに分類して学べることで、学習の目的や結果が分かりやすくリンクしています。例えば健康科学とテクノロジーのプログラムでは、子供たちは基礎電子工学やコンピューター・プログラミング、パソコン技術を学んだり、実際脈拍数のデータを収集したり分析するようなデジタル心拍センサーを制作していき、このプロセスにおいて子供たちが学んだ知識やスキルがどのように社会で使われているかを実際に体験することで理解することができます。

子供たちは自分が学んでいることの意味や役割を意識しながら学習できるので、「何のために学ぶのか」や、「この知識は社会にどのようにいかせるのか」を明確に理解したり、学習することへのモチベーションに繋げることが可能です。海外では親たちもstemに対して関心が非常に高く、子供たちをサポートしており、自分の子供に理数系の教育専門の家庭教師をつけている人が多くいます。

数学コンテストや科学フェアなど、stemの取り組みも盛んで多くの子供たちが参加しています。海外ではstemを自然に学べるような環境が整っており、さまざまなプログラムを提供しています。

おすすめのSTEM教材5選!

「プログラミングロボ コード・A・ピラー」は3歳から遊ぶことができ、実験の楽しさを遊びながら教えてくれるイモムシ型ロボです。問題を解決する能力や計画し準備する能力などを育んでくれます。フィッシャープライス社の商品で、初めてのプログラミング学習に最適です。6,480円(税480円)で、単三電池で動きます。「Edison(エジソン)プログラミングロボ」は小型のプログラム式の二輪ロボットで、光を追いかけたり、障害物をよけながら走行します。6,402円(税474円)でwindowsなどに対応しています。「プログラミングロボ Dash(ダッシュ)」はスマートフォンやタブレットで動かすことが可能で、5つのアプリが用意されていて、21,600円(税1,600円)です。
「KATAMINO(カタミノ)」は36,057通りの組み合わせができ、子供から大人までゲーム感覚で数学的な脳を作ります。「Makey Makey(メイキーメイキー)」は遊びながら電子工作を行い、発想力を磨くことが可能です。

STEM教育で創造性を豊かにしよう

子供たちがstemを行うことで、小さな頃から論理的思考力や問題解決能力を育んだり、創造力を豊かにすることが可能です。海外では積極的に導入されており、例えばシンガポールでは英語とstemの知識を身に付けると、大学進学の選択肢が広がると言われています。国策として推進している国もあり、ロボット作りやスクラッチはもちろん、身の回りの物やさまざまな題材からstem的な課題に取り組んだり、子供たちで仮説を立てながらその検証を行っていったりという教育が取られています。教師も専門性の高い人が採用されており、修士号や博士号を持ったスペシャリストやstem専門講師が教育機関に所属、あるいは派遣されさまざまな授業を展開しています。近年日本の小学校でも既にstem的な教育を試験的に行っているところもあり、今後も普及されていくと期待されています。stemは遊びを通してプログラミングはもちろん、物理や科学の基本や仕組みを学ぶことができる教育です。

友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

キャンペーン終了まで、あと11日!

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す
キャンペーン終了まで、あと11日!