フィギュアスケートを子供に習わせたい!費用相場は?家庭の年収はどのくらい必要?

羽生結弦選手、浅田真央選手など日本には世界的に活躍するフィギュアスケート選手が沢山います。メディアで取り上げられることも多いので、そういったフィギュアスケーターに憧れる子供も多いのではないでしょうか?しかし、フィギュアスケートを習うとなるとどのくらいの金額が必要になるのでしょうか?結論を言うと高いのですが、今回はフィギュアスケートを習ううえでかかる費用を紹介します。また、それでも習わせたいというママ・パパのためにフィギュアスケートを習わせる適齢期も紹介します。

キャンペーン11/30まで、お早めに!
友だち追加

やっぱり高い!フィギュアスケートにかかる費用相場

フィギュアスケートを習ううえでかかる費用は初心者と中・上級者で大きく異なります。初心者は氷上で滑れるというレベルで大会にでるレベルには及んでいない程度です。中・上級者の場合はクラブなどに所属し、大会にでることを目指すレベルです。

初心者の場合

初心者の場合、グループレッスン中心になります。だから一番安くて1時間1500円しかかかりません。これなら安いですね。月謝も5000円〜15000円程度になり、普通の習い事とあまり大差ありません。

中・上級者の場合

ある程度滑れるようになってくると月にかかる費用は平均20万円程度になります。(月謝、リンク代、個人レッスン代込みで)特にリンク代・個人レッスン代が高くかかるようです。中・上級者の場合は個人レッスンを受けた方が確実に技術が上達します。一般的な家庭にとっては非常に大きな金額ですよね。

その他にもお金がたくさん必要!

中・上級者となると遠征費や定期的に競技会に出場するためのコスチューム代、宿泊費や現地までの交通費・振り付け代などが追加でかかります。
それらを加味するとかなり高い金額になりますよね。フィギュアスケートを習う際は家族全員でじっくり話し合う必要があります。

それでも始めたいという方に!何歳から始めればいいの?

値段が高くてもフィギュアと子供にさせたいというママ・パパのために何歳から始めればいいのかを紹介します。フィギュアスケートは一般的に3,4歳から始めるのが良いとされています。しかし浅田真央は5歳、安藤美姫は8歳から始めたそうなのでフィギュアスケートの上達に年齢はそこまで関係ないかもしれませんね。しかし、少なくとも小学校低学年のうちに始めた方が良いでしょう。

レッスン内容は?

フィギュアスケートのレッスンではどのようなことをするのでしょうか?レッスン内容をクラス別に紹介します。

初心者クラス

まず、氷上で滑れるようになるところから始めます。まずは氷上でゆっくり歩く方法から習得し始め、最後に速いスピードで滑れるようになる技術を習得します。

初級クラス

氷上で滑れる子供がベーシックなスケート技術を学ぶためのクラスになります。片足を上げて滑る技術などを習得します。

中級クラス

初級クラスよりも更にレベルの高いスケート技術を学ぶためのクラスです。今まで習った技をつなげて一連の動作とする練習などもします。この時期あたりからスケートというよりもダンスのように見えてきます。

上級クラス

大会の出場や、スケートの技術検定取得を目指すクラスです。スピンや回転ジャンプなどよくテレビで見る技を習得できるのはここのクラスからです。

フィギュアスケートを始めるには経済的余裕が必要

フィギュアスケートはやはりお金のかかる習い事です。経済的余裕がない場合は、よほどの理由がない限り別の習い事も考えた方が良い場合が多いです。

友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

キャンペーン11/30まで、お早めに!

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す
キャンペーン11/30まで、お早めに!