家庭での幼児教育、おすすすめは通信教育?効果や費用も

満1歳あたりから、小学校に上がるまでの子どもを「幼児」と言います。そして、幼児期とは、その子どもにとって、一生のうちでも大事な期間といわれています。なぜなら、この期間に、「学習する習慣」をつけ、「知的好奇心」を育み、「人格形成」を行われるからです。

幼児教育を行いたいけど、何をすればいいのかわからない、いつから始めればいいのかわからない、と、様々な悩みを抱えるパパさんママさんは少なくありません。

そこで、今回は、幼児教育の中でも、通信教育について細かく説明しました!また、幼児教室との比較も行なっています!

キャンペーン終了まで、あと9日!
友だち追加

幼児教育とは

幼児教育とは、満1歳を過ぎてから、小学校に上がるまでの子どもを対象に行う教育のことです。
この幼児期の子どもの成長とは、あらゆる方面で目覚ましく、幼児期における教育の重要性は、文部科学省も掲げているほどです。
また、幼児教育では、「人格形成」にも大きな影響をもたらします。今後生きていく上で必要になっていく学習習慣や知的好奇心や社会性などを学んでいきます。
現代の科学では、人の知性とは遺伝と環境によって決まると言われています。また、吸収力が極めて高い幼児期での子どもの1日は、大人の1ヶ月分の価値を持つとさえも言われています。
つまり、幼児期に環境を整えることは、子どもの一生に影響すると言えますね。

幼児教育には通信教育がおすすめ?

通信教育を始める年齢

一般的には、幼児教育を始める年齢は、3,4歳の年少から始める家庭が多いとされています。ただ、中には、2,3歳から始めることができる通信教育教材もあります。また、大手の「こどもちゃれんじ」では、0歳から始めることのできる教材もあります。
始める時期に関しては、子どもの成長にもよるので、少々の個人差はあります。ですので、早くから始められなかったからといって、よくないわけではありませんよ。

通信教育では何をするのか

通信教育の内容としては、挨拶やマナー、言葉の読み書きや数の仕組みを勉強していくものが多いです。それらを総合的に、年齢に合わせた難易度で進めていく一般教育的なものが人気ですよ。

主に、薄い冊子になって送られていくので、それをパパさんママさんと一緒に見て、問題を解いていく形式が多いです。
その中にも、一括で全ての教材が届くスタイルと、毎月教材が届くスタイルとで分かれています。

一括で届くスタイルは、最初から最後までを、子どものペースに合わせて進めることができるというメリットがあります。一方で、毎月届くスタイルは、ペース配分がある程度わかってくるというメリットがあります。

初めて幼児教育を始めるママさんパパさんの中には、どの教材をどのペースで始めればいいのか悩んでしまうことが多くなりがちです。そこで、毎月のペースで教材が届くことでペースに悩むこともなく、毎月のモチベーションにもなります。ですので、通信教育の中でも、毎月ずつ教材が送られてくるスタイルが人気です。

通信教育のメリット

通信教育のメリットとして真っ先に挙げられるのは、子どもとママさんパパさんのペースで学習を進められると言う点です。
また、通信教育を通して、コミュニケーションを取る機会にもなります。「この教材を終わらそう!」という共通の目標ができるので、一緒に頑張ることができますよ。

通信教育での平均的な費用

通信教育での費用として、平均では2000円〜4000円台のものが多いです。ただ、中には、月々1000円あれば始めることのできるものから、5000円かかるものまで、様々です。
まずは気軽に始めることのできる価格帯のものから選ばれる方が多いようです。

幼児教室と通信教育どっちがいいの?

ここでは、幼児教室と通信教育を比較した際の大まかな違いを紹介します!

値段

値段に関しては、幼児教室の方が高いです。大体の教室では、入会金で平均5000円〜10000円ほどかかります。月会費では、おおよそ3000円〜10000円ほどです。その他の費用もかかる教室もあります。
通信教育では、教材費のみの場合も少なくないので、価格としては通信教育の方が手軽に始めることができますね。

先生の有無

幼児教室では、各教室に幼児教育でのプロがいるので、安心して預けることができます。また、預けている間にパパさんママさんはリフレッシュすることもできます。
また、一方で大人数のクラスの場合は、先生が一人一人のペースに合わせることができない場合もあるので、マイペースに取り組みたい場合は、通信教育の方がオススメです。

メリハリの有無

教室に通って学習をするので、遊びの時間と勉強の時間にメリハリができます。
通信教育では、家で行う家庭が多いので、気持ちが入らずにダラダラしてしまうこともあります。

交友関係

幼児教室では、集団で学ぶことができるため、友達が増え、社交性やマナーを学ぶことができます。また、ママさんパパさんにも友達ができる場合もありますね。

一方で、極度の人見知りであったり、内気な子の場合は、無理に通わせる必要もありません。通信教育でママさんパパさんと取り組んだ方がいい場合もあります。

送り迎えの有無

教室までは、保護者が必ず送り迎えをしなければいけません。ですので、家から遠い場所にある幼児教室だと負担も大きくなります。
その点、通信教育では家で勉強できるので、すぐ始めることができます。

通信教育で子供の家庭学習もバッチリ!

いかがでしたでしょうか?
幼児期に何をするかによって、子どもの一生を左右されるといっても過言ではありません。
ぜひ始めてみてはいかがでしょうか。ただ、幼児教育とは、子どもに押し付けるものではありません。あくまでもパパさんママさんも一緒に、楽しく学ぶことが大事です。
子どものタイプによって、幼児教室向けか、通信教育向けか分かれるので、よく検討してみてくださいね!

友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

キャンペーン終了まで、あと9日!

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す
キャンペーン終了まで、あと9日!