習い事の先生への贈り物選び!何がいい?お中元やお歳暮も贈るべき?

子どもの習い事でお世話になっている先生へのご挨拶、みなさんはどうしていますか?

お中元やお歳暮の時期や発表会の後など、子どもが普段からお世話になっている習い事の先生に、なにか贈り物をしたいなと考えるパパママは少なくないと思います。でも、友だち同士ならいざ知らず「先生への贈り物」って何が適当なのか結構悩みますよね。

今回は、「習い事の先生への贈り物について考えてみます。おすすめの贈り物もチョイスしてみたので、ぜひ参考にしてみてください。

キャンペーン5/31まで、お早めに!
5月のキャンペーン

そもそも「贈り物」は贈るべき?

…というところから悩むパパママもいると思いますが、いろいろな意見を聞くと半々に分かれるようです。

「贈り物をしない」派のパパママは…
  • そもそも、月謝を払っているのでそれ以上の贈り物は不要。
  • 子どもが良い成績を出したり、発表会で良いポジションをもらったとき「贈り物をしたためだ」と思われたくない。
「贈り物を贈るべき」派のパパママは…
  • 昔から師(先生)には、折に触れて感謝の気持ちを贈るもの。
  • お世話になっている感謝の気持ちを素直に伝えたい。

教室の先生に聞いてみると「もらえなくても何も思わないけれど、いただけたらその気持ちはうれしい」と感じる方が多いようです。いろいろな考えたがあると思いますが、「何か贈りたい」と思えるほど良い先生に出会えたことは幸せなことですよね。

ルールやしきたりはあるの?

贈り物の渡し方

以前は、「お中元なら月謝の○ヵ月分を」などと言われていましたが、品物の金額にさほどこだわる必要はありません。高すぎるものは、逆に先生に負担をかけることになってしまうので、気持ちよく受け取れる金額の品物を選ぶことが大切です。

「お中元」や「お歳暮」として贈り物を贈ると、畏まりすぎてしまう感じを持つ方もいるかもしれません。もう少し、カジュアルにお渡ししたい場合は、クリスマスやバレンタインなど、イベントのタイミングで気軽に渡すこともおすすめです。旅行のお土産という名目を取っても渡しやすいですね。

贈るときの注意点

注意したいのは、どのタイミングで渡すかということです。

先生に贈り物を贈るのは個人の自由ではありますが、目立って手渡していると他の保護者が気まずく感じてしまったり、先生が受け取りにくくなってしまうこともあるでしょう。贈り物を渡すのは、極力他者の目がない所を選ぶとスマートです。

贈り物として喜ばれる品物は?

先生に贈り物を贈るなら、どんなものが喜ばれるでしょう?その先生の性格や好みにもよりますが、先生自身がご自分ではなかなか購入しないものを選ぶと良いかもしれません。悩んだときのヒントとしておすすめの贈り物を5種ピックアップしてみました。

1. 商品券や金券

先生からの意見でも「もらってうれしいもの」の上位に上がる商品券や金券。贈るものに悩んだときにもおすすめのアイテムです。

カード会社が発行している金券なら、全国の加盟店で使えるため、使用できる場所も多く使いやすいと人気です。また、先生の好みに応じて、近所のスーパーで使用できるような金券や、コーヒーショップで使えるもの、あるいは図書カードなども好まれています。

2. お菓子


和・洋・中華、値段も1,000円台から5,000円台までと、選択肢の幅が広いのがお菓子です。

普段自分では買わないけれど、お取り寄せサイトなどで人気のお菓子を選べば印象に残ります。お子さんがいる先生なら、子どもが喜びそうなお菓子を選ぶと家族で楽しんでもらえます。ご家族の人数を考えて、賞味期限内に食べきれる量のお菓子を選びましょう。普段の会話から、先生の好みのお菓子を探ることができるといいですね。

3. お花

自宅を教室として使用している先生におすすめなのがお花のアレンジの贈り物です。

季節の花を使った洒落たアレンジメントの他、ケースに入ったプリザーブドフラワーなど、すぐに飾れて長く楽しめるタイプのお花は人気があります。意外に好き嫌いがわかれるプレゼントなので、先生の好みのお花を確認してから贈ることをおすすめします。

4. 文房具

学習タイプの習い事の先生には、教室で使える文房具が人気です。

文房具は毎日使うものなので、かわいいものや個性的なものなど、先生の好みにあったものを選ぶと喜ばれます。先生の好みがはっきりわかっている場合は、少し高級なシャープペンなどの筆記具を贈ると長く使ってもらえます。先生の性別にも寄りますが、気軽に贈りたい場合は、マスキングテープや可愛らしいメモ帳などは便利で人気があります。

5. タオル

スポーツの習い事の先生には、レッスン中にも使いやすいシンプルなタオルが喜ばれます。何枚あっても困るものではないので、先生が気に入って使っているようなブランドがあれば、それチョイスすれば名違いないでしょう。

お店によってはタオルに刺繍でメッセージを入れてくれるところも。先生のイニシャルを刺繍してプレゼントするのもいいですね。

なにより「感謝の気持ち」が伝わることが大切

先生への品物を選び出すと、つい「良いもの」「高価なもの」に目がいってしまいます。でも、あまり高価なものをいただくと、先生が負担に感じてしまうかもしれません。

贈り物を渡すだけで、感謝の気持ちは十分伝わるはず。この記事を参考にして、上手な贈り物選びをしてくださいね。

友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

キャンペーン5/31まで、お早めに!
5月のキャンペーン

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す
キャンペーン5/31まで、お早めに!
5月のキャンペーン
5月のキャンペーン