女の子に人気の習い事ランキングTOP5!スポーツ系もランクイン

昔と比べて現代は習い事の種類がたくさんありますよね!女の子をお持ちのパパやママは「この子にどんな習い事をさせようかな」と楽しみにしていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。どんな習い事があるのかをリサーチし始めたご家庭もあるかと思います。

今回の記事では女の子に人気の習い事をランキング形式でご紹介します。ピアノやダンス、英語などバラエティに富んだ習い事がランクインしています。また各習い事を習うメリットや、月謝の相場なども掲載しました。習い事を選ぶ判断材料になるのではないかと思います。

また、習い事をする際に、女の子ならではの注意点も…!詳しく解説していますので記事を参考にしてくださいね。

キャンペーン12/31まで、お早めに!
12月のキャンペーン

女の子の人気習い事ランキングTOP5

では早速、女の子に何が人気なのか、「女の子の習い事人気TOP5」を紹介していきます。

1位 ピアノ

昔も今も女の子の習い事といえばピアノといっても過言ではないほど定番の習い事です。ピアノの練習を通じて音符や楽譜が読めるようになる、リズム感が養えるのはもちろん、ピアノの練習は「反復練習」が基本のため、集中力や忍耐力が身につきます。

また、目で楽譜を追い、耳で音を聴き、指で弾く、というとても複雑な動作を一度にしなければならないため、脳の活性化につながる習い事と言えるでしょう。月謝の平均は4,000円~10,000円程度。大手の音楽教室では施設料などが別料金になる場合もあります。 

2位 スイミング

こちらも昔から定番の習い事です。男女問わず人気があります。「泳げるようになってほしい」「丈夫な身体になってほしい」という願いから通わせるパパやママが多いようです。今ではベビースイミングなどがあるため、早くから始められるのも魅力の1つ。

全身運動なので身体をバランスよく鍛えられ、有酸素運動なので循環機器の発達にも影響し、小児ぜんそくなどの呼吸器トラブルにも良い影響を与えると言われています。また、身体が丈夫になるので、続けていると風邪をひきにくくなります。

月謝の平均は4,000円~7,0000円程度。コースによって違いがあります。また入会金が別途必要になったりします。

3位 英語・英会話

小学校から英語の授業が必修化することもあり、英語の習い事は年々人気となっています。子どもの頃から英語を習うと、英語に苦手意識を持たず、恥ずかしがらずに英語を話すことができるので、習得もスムーズです。

そして、英語を聴かせるのが早ければ早いほど、音を聴き分ける「英語耳」、英語をそのまま英語として理解できる「英語脳」が発達するのだそう。グローバル化していく社会の中で、英語と日本語を聞き分けられる能力は役立つことでしょう。

月謝の平均は6,000円~10,000円程度。楽しく英語に触れるという教室から、ネイティブ講師とのマンツーマンレッスンなど種類がさまざま。どういった目的で英語を習わせるかを決めてから教室選びをしたほうがいいかもしれません。

体操やダンス

体操やダンスなどは身体を動かすことが好きな子どもには最適の習い事です。特にダンスは中学で必修化されていることもあり、授業で教わる前に、ある程度習得しておきたいと考えるパパやママが多いようです。

体操でもダンスでも身体を動かすので運動不足の解消になり、身体を動かすことへの苦手意識も取り払ってくれます。また、体操やダンスをする上で大切な柔軟性やバランス力も養われるので、今後違うスポーツをやったとしてもそれらが基本となるので、すんなりと移行することができると思います。

月謝の平均は体操教室が5,000円~8,000円程度で、ダンス教室が5,000円~7,000円程度。体操・ダンスとも必要な用具はほぼないですが、ダンスは発表会があり、そこで別途費用が掛かる場合もあります。

習字

こちらも昔から定番の習い事です。やはり女の子には綺麗な字を書いてほしいと願うパパやママが通わせているようです。習字は綺麗な字を書けるようになるだけでなく、集中力や礼儀作法も身につくというメリットも。

また、どうしたらうまく字を書けるようになるか考えながら書くので、上達の達成感が分かりやすく得られるようです。姿勢も良くなるので、女の子にとって良いことづくめですね。

月謝の平均は3,000円~10,000円程度。幅がありますが、習字道具が揃えられていたりテキストや指導内容、またコンクールに出品する場合の費用などが月謝に組み込まれていたりするので、習う場合は事前に通わせたい教室に確認することをおすすめします。

女の子の習い事の注意点

女の子の習い事は、特に母親が小さい頃やっていた習い事経験に影響されやすいようです。「習ってよかったから子どもにも」という思いと「やらなくて苦労したから早いうちに」という思いがあるようです。

どちらも子どものことを考えていてとても素敵なことですが、どちらにしても注意したいポイントは「子どもの意見に耳を傾けること」です。親がこれを習わせたい!と思っていても、子どもが興味がなければ、せっかくの習い事も身につきません。

女の子は男の子と比べて、比較的早い時期から自分の気持ちをしっかり表現できる傾向にあります。習い事に対して、先生やお友だちについて、大人顔負けの発言をする子も。好き嫌いも男の子に比べてはっきり主張するかもしれません。もちろん子どもなので気まぐれで発言している場合もありますが、そこに本当の気持ちが隠されている時があります。

女の子は親の気持ちを汲むのがうまいため、期待に応えようとします。親が期待をかけすぎるあまり、子どもの主張を気まぐれと決めつけてしまい、本当の気持ちを無視してしまう可能性があります。そんなことにならないよう「子どもの気持ちは無視しないこと」を心がけましょう。

また、「友達が行っているから」、とか「一緒に行きたいから」とかの理由で習い事を始めたがるのも女の子が多い傾向にあります。きっかけとしてはよくあることですが、上達にはライバルがいた方が早いと言われます。そこから興味が出れば、親も考えなかった才能が見いだせるかもしれません。

何歳くらいから習い事をスタートしているの?

女の子に限らず、習い事は何歳から始めたらいいのかは子を持つ親として共通の悩み事かもしれません。習い事を始める年齢の平均は、3歳~4歳ごろ。幼稚園や保育園の年少組に入園するのをきっかけに始めるパパやママが多いようです。

入園は子どもを取り巻く生活が今までと変わる最初のポイントなので、それに伴い習い事も始めやすい、というのが理由だと思われます。ちなみに、4歳までに習い事を始める割合は、実に7割以上という結果が出ています。今や小学校入学きっかけでは遅い、というのが親たちの現実的な感覚のようです。

しかし習い事の種類によっては始めるのに適正な年齢も違うし、その前に子どもは千差万別。いつから始めたから良い、というのはないと考えています。子どもにとって『習い事を始めたい時』が『適正な時期』なのであって、早い遅いは関係ないと思います。

長く、楽しく続けるには親の努力も必要!

いかがでしたか?

女の子は内面の成長が早く、しっかりしているため、習い事に通わせて満足してしまいがちです。しかし、女の子に限らず子どもは親の期待に応えようと一生懸命です。何に興味があって頑張っているのか、何が苦手で嫌に感じているのかを、先生に任せっきりにせず、親も把握しておく必要があります。

特に女の子は口が達者な子が多いため、頑張っていることや苦手なことを伝えていたとしても「またいつもの気まぐれかな」と思って本気で受け止めない場合があります。

親が、子どもが何に頑張って何に苦手意識があるのか、きちんと見極めて受け止めてあげてください。褒めてあげたり、やる気のない時はそっとしておいたり、またあと一歩のときは背中を押してあげたり…。習い事を頑張る子供を支える努力も親には必要であることを知っておいてくださいね。 

友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

キャンペーン12/31まで、お早めに!
12月のキャンペーン

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す
キャンペーン12/31まで、お早めに!
12月のキャンペーン
12月のキャンペーン