習い事までの距離はどのくらい?近距離、遠距離のメリット・デメリット

習い事は先生のいる教室まで、子供が通う形になります。
決められた日時に必ず移動する事になりますので、子供にとって自分がやるべき事の1つとなるでしょう。
この為、教室までの距離や所要時間によって、子供が習い事から受ける印象は異なります。

距離が短ければ、子供にとっては学校での勉強や塾への通学、友達との遊びと同じ毎日の生活に密着した活動になります。
距離が遠い場合は、非日常の真面目に取り組むべき特別な事と意識されるでしょう。
子供には教室の様子や通学路の道のり等を教えて、自分一人で通学できるか相談が必要です。

一般的な距離とは

習い事の教室に子供が自分で通える距離は、子供の年齢や移動方法によって異なります。
子供が小さい内は、親が送迎する形になるので、一緒に歩いたり車に乗ったりする形になるでしょう。
徒歩であれば1~2km程度、学校への移動距離と同程度であれば親にも子供にも負担になりません。

特に雪が多く降る地域等、季節によって交通の便が変化する場合は徒歩による移動距離が短い事はメリットになります。
小学生になった子供が自転車が利用できるようになると移動時間は更に短くなり、子供にとっても便利です。

教室が遠い場合は、子供が大きくなっても車が必要になります。プール教室等の大勢の子供が参加している習い事であればバス送迎も可能です。
小学生の利用に配慮された形ですから、ある程度の距離があっても子供が1人で通う事ができます。

自宅から習い事までの所要時間は

自宅から習い事の教室までの移動の所要時間を考える際は、自宅を出て教室に着くまでの時間を計算しておきましょう。
例えば、近所の道場で武道を習う場合は、家を出て道場に着くまでの時間が所要時間になります。
プール教室にバスで通う場合も、家を出てバスを待ちバスに乗って教室まで着くという、ドアtoドアで考えるのが大切です。

単純に交通機関の移動時間だけで考えると、実際の所要時間を計算しにくくなります。
交通機関は天候や季節によって遅れが生じる事もあるので、バスや電車等が到着する時間にバス停や駅に居ても、バスや電車が来ないという事もあるからです。

習い事は年間を通じて教室に通う形になりますから、季節によって所要時間が変わる事を意識しておきましょう。
子供にも、季節によっては所要時間が長い事を教えておくべきです。

近距離の習い事のメリット・デメリット

習い事の教室が自宅近くにある場合は、子供にとって通いやすく親しみやすい事がメリットになります。
慣れ親しんだ地域にある教室ですから、自分が知っている人や知っている学校の子供と一緒に学ぶ事になるでしょう。
子供にとっては親しみやすく、それでいて新鮮な刺激が得られる場所になります。

一方で、デメリットとして親が認識しておくべき事として、あまり自宅に近すぎると学校の延長線の活動になってしまう事があります。
子供にとっては親しい友達と新しい事が学べる形になりますが、交友関係を広めるという上ではデメリットです。
また、父母共に学友との距離が近い為、新しいお付き合いが必要になる事もデメリットとして覚えておきましょう。

遠距離の習い事のメリット・デメリット

習い事の教室が遠い事は、所要時間がかかるというデメリットは否めません。
プール教室のようにバス送迎が充実している教室であれば問題はありませんが、個人運営の教室へレッスンに通う等の場合は親が送迎をする必要があるので注意が必要です。

一方、自宅から離れた教室で習い事に取り組む事は、子供にとって普段知り合う事のない人達と知り合ったり、友達になれたりするメリットがあります。街が変われば人も変わりますので、物の考え方や見方等、今まで知らなかった事を学ぶ機会になるでしょう。

学校や家庭では学びにくい内容を、子供同士で教え合う事は貴重な体験になります。
子供にとっては視野が広くなり、色々な考え方や見方をする人との話し方や付き合い方を学ぶチャンスが得られるでしょう。

遠くてもそこにしかないのなら距離と時間をかける事も大切

習い事の分野は多種多様にありますが、同じ分野であっても、どの教室でも良いという訳ではありません。
優秀な先生がいて、卒業した子供達が皆満足している。あるいは、高い実力を養える充実した環境があり、子供のやる気に応えられる教室になっている等、そこにしかない価値がある教室は特別な存在になります。

子供がどうしてもそれを学びたい、その教室に通いたいと考えている場合は、親も子供のやる気や熱意に応えて遠距離を問題にせず通学させているという家庭も少なくありません。
習い事は子供が学びたいと思う気持ちや、子供にとって良い影響がある事が第一です。
選択肢が1つであれば、迷わずそれを選択するという積極性を持って通学させている場合もあります。
習い事の分野は多種多様にありますが、同じ分野であっても、どの教室でも良いという訳ではありません。
優秀な先生がいて、卒業した子供達が皆満足している。あるいは、高い実力を養える充実した環境があり、子供のやる気に応えられる教室になっている等、そこにしかない価値がある教室は特別な存在になります。

生活スタイルに合った習い事で無理なく通う

習い事のきっかけは人それぞれ、家庭によって違います。子供が自発的にこの教室に通ってみたいと言い始める事もあれば、親が紹介した習い事が好きになって長く通うという事もあるからです。
ここで大切なのは、生活スタイルに合った習い事を選択して、無理をせず通うという事です。

子供にとっても親にとっても、習い事が生活スタイルの一部になれば、充実した人生を送る事ができます。
本当に習いたい習い事であれば教室が遠くて所要時間が長くても通い続ける事ができますし、教養として習い事の教室に通う場合も通学が気軽にできれば子供にとって楽しく学んで人生を豊かにするきっかけになるでしょう。

習い事はどのような内容なのか、所要時間はどの程度なのか、その教室にしかない価値があるのか等を子供と相談しながら、通学を決めていきましょう。

友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す