歌好きの子どもにおすすめの習い事は?歌にはメリットがいっぱい!

子どもは本当に歌が好き。テレビの幼児向け番組や園などでたくさん耳にするからというのもありますが、単純に歌っていると楽しいという理由もあるでしょう。まだ言葉がおぼつかない赤ちゃんでも、音楽に合わせてニコニコとなん語を口ずさんでる姿、歌にあわせて身体を揺すっている姿などは本当に微笑ましく、かわいらしいものですよね。

最近では、健康面や精神面にかなりのメリットをもたらすことがわかっている「歌を歌う」ということ。「うちの子、本当に歌が好きなのよね」というパパママは、子どもの最初の習い事を歌にまつわるものにしてみるのもいいかもしれません。今回は、歌が大好きな子どもにぴったりの習い事と、歌を歌うことのメリットについてお伝えしていきます。

キャンペーン終了まで、あと7日!
友だち追加

歌好きの子は良く育つ!子どもが歌を歌うメリットとは?

歌が好きな子どもは、歌を歌っていれば基本的にゴキゲン。パパやママも「助かっちゃうな」と思うことが多いのでは?それもそのはず、歌を歌うと精神の安定がもたらされるということが、近年の研究ではわかっているんです。歌を歌うことのメリットはそれだけではありません。いくつかあげてみましょう。

ストレス軽減、精神の安定剤になる

好きなメロディに言葉を乗せて歌うという行為は、それだけでウキウキと楽しいもの。歌を歌っていると自律神経のバランスが良くなるという研究もあります。なにより、大きな声で歌うことは、大人にとってもストレス発散になりますよね。

耳が鍛えられる、言語能力が発達する

子どもの聴力は3歳ぐらいまでに飛躍的に発達します。赤ちゃんの頃から音楽に注意を向ける生活をしていると、音感が発達するのはもちろん、言語を獲得する力もグンと伸びるそう。近い音のピッチの違いを聞き分けられる力は、そのまま英語などの発音を身につける力につながります。

基礎的な身体機能が向上する

カラオケなどで1曲歌うと、大人でも100m走を行ったのと同じくらいカロリーを消費することもありますよね。歌を歌うってかなり体力を使う行為なんです。毎日、大きな声で歌を歌い続けると、子どもの心肺機能の向上や腹筋をはじめとする筋力アップも期待できます。

語彙力が増え人生が豊かになる

例えば童謡には、季節を感じる言葉や微妙なニュアンスを感じる日本語ならではの言葉がふんだんに盛り込まれています。韻を踏むなど言葉遊びの要素もあって、言葉の意味だけでなく語感にも関心が向けられます。こうして、幼いうちに言葉を吸収する力が高められれば、自然とコミュニケーション力や表現力が磨かれ、人生が豊かなものになっていきます。

歌好きな子どもに習わせるならこんなおけいこ!

ざっと見ただけでも、歌を歌うことのメリットはたくさんありました。ほかにも、歌うことで免疫力が上がるなど、諸説あるようです。ある機関の調査によると、音楽教室に通っていた子どもは大人になってからの幸福度も高い傾向にあるのだとか。せっかく子どもが歌好きなら、これを習い事につなげない手はありませんね。ここからは、歌好きな子どもにぜひ経験させてあげたい習い事をピックアップしていきます!

リトミック

習い事として、子どもが初めて音楽に親しむ定番となりつつあるのがリトミック。乳児期は、親子一緒に音楽に合わせて身体を動かしたり、簡単な楽器を鳴らして楽しんだりするレッスンが中心ですが、2〜3歳、4〜5歳と年齢が上がるにつれ、歌を歌ったり、ダンスを踊ったりといったカリキュラムも増えていきます。「歌だけ」のレッスンではないものの、音楽の楽しさを子どもが実感するにはおすすめの習い事です。

ボイストレーニング

「ボイトレ」は、歌手志望の子どもたちのものと思われがちですが、幼いうちからきちんと発声方法を身につけておくと、自己流の歌い方でノドを痛めたり、良くない歌い方のクセをつけずに済むといったメリットがあります。最近では、滑舌が改善されて美しい話し方も身につくからと3歳ぐらいからレッスンをしてくれるボイトレ教室も。さまざまなジャンルの歌をに触れることができるので、歌好きの子どもにはぴったりです。

ミュージカル

子どもが存分に歌を楽しめる習い事といえばミュージカル。歌って踊って全身で音楽を表現するので表現力が育まれるうえ、表情が豊かになり、発表会などの機会を通して人前でも堂々と振る舞う度胸も着きそうです。物語がベースにある「音楽劇」なので、習い事としてスタートするなら会話がしっかりしてくる4,5歳ぐらいからがベター。歌、ダンス、演技とたくさんの要素を身につけることができるのもうれしいですね。

ピアノ、電子オルガン

楽器の演奏方法を身につける習い事ですが、乳幼児のグループレッスンならみんなで一緒に歌を歌う時間もたっぷり。新しい曲にチャレンジする際に、歌を歌いながら譜読みをしたりもします。小中学校に上がってからも、電子オルガンなら好きなポピュラーソングを演奏用にアレンジすることもできますし、ピアノでクラシックを続ける際もソルフェージュなど歌の要素が登場するので、幅広く音楽の楽しさを学ぶことができるでしょう。

「楽しい!」という気持ちをなにより大事にしてあげて

音楽の世界では、幼少時よりピアノやバイオリンなどの英才教育を行う家庭も少なくありません。ただ、子どもが好きでもない習い事を強制的にさせると、逆効果です。子どもが歌好きなら、まずは存分に歌を楽しめそうな習い事を選んであげるのがベスト。そこから興味関心が広がれば、ダンスなり楽器なり作曲なりと、その子どもらしい次のステップを見つけてくれることでしょう。

歌の習い事は、はじめに楽器を買いそろえたりせず、身体ひとつではじめられるのがいいところ。まずは、気軽にスクールに問い合わせてみてください。

友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

キャンペーン終了まで、あと7日!

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す
キャンペーン終了まで、あと7日!