お小遣い教育で子供の未来が変わる!効果的にお小遣いをあげる方法は?

お子さんにお小遣いを毎月渡しているというママパパも多いでしょう。
そのお小遣いの渡し方を少し工夫するだけで子供に健全な金銭感覚を養わせることが期待できます。
そこで今回は子供の金銭感覚を養うのに効果的なお小遣いのあげ方や、
小学生が貰っているお小遣いの平均額などの情報についてお伝えします。

キャンペーン7/31まで、お早めに!

どうしてお小遣い教育が必要なの?

なぜ、お小遣い教育が子供にとって必要なのでしょうか?
家庭でお小遣い教育を行うことのメリットを紹介します。

1.物の大切さを理解できるようになる

実際にお小遣いを与えて、その中でやりくりをさせることで物の大切さや価値を学ぶことができます。
更に、金銭感覚を養うことができるようになりますよ。

2.忍耐力がつく

お小遣いの範囲内で買い物のやりくりをするとなると、時には欲しい物をすぐには買えない場合もあります。
そこで我慢することを学ぶことで自然と忍耐力がつく可能性が高くなります。

3.計画性が育つ

お小遣い帳をつけさせると自然と子供の計画性が育ちます。
小さいうちから計画する習慣をつけさせることで、大人になっても計画することが得意になるかもしれません。
計画性持ってお金を使えるようになることで、将来自己破産や借金・ローン地獄になる可能性も低くなりますよ。

お小遣いの効果的なあげ方3選

1.お小遣いの額を決める

必ず、毎月・毎週にあげるお小遣いの額を決めておきましょう。
金融広報中央委員会『子どものくらしとお金に関する調査』(平成22年度)によると、
小学生の貰うお小遣い額の最頻値は500円だそうです。
これを多いと思うか少ないと思うかはお小遣いで何を買わせるのかに依存します。
お小遣いでどの程度の範囲のものを買わせるかは家庭の裁量に任されますね。
一般的に、小さい子供に与えるお金使用の裁量権はあまり大きくないほうが良いでしょう。
まずはおやつを買うためだけのお小遣いを与えて、それから子供の裁量権を増やしていきましょう。
後ほど学年別の平均お小遣い額も紹介します。

2.お小遣い帳をつけさせる

お小遣い帳をつけさせて、お金の管理方法を学ばせましょう。
ただし、子供はなかなか自分からお小遣い帳をつけようとはしないでしょう。
ですから、子供が主体的にお小遣い帳をつけるようになるまで大人が監督してあげることが大事です。

例えば、お金に増減が発生した際は必ず報告するようにさせるなど小さなルールを決めてあげるのが効果的ですよ。
また、お小遣い帳をチェックしたら、コメントをつけてあげるのも効果的。
お小遣い帳を書くモチベーションがアップしやすくなります。

3.お金を使う計画をたてさせる

お金を使う計画をたてるために欲しいものリストを作成させましょう。
その際、必要な物と単に欲しい物を分けて記入させるようにしてください
優先順位の高いものから順に買っていって余ったお金で欲しいものを買わせましょう。
これによって貯金方法や買う・買わないの判断力を身につけることができます。

子供に悪影響を与えるお小遣いのあげ方3選

1.お小遣いの前貸しをする

お小遣いの前貸しはいわば借金のようなものですよね。
小さいうちからこういった「借金」に慣れさせてしまうのはあまり良くありません。
「お金がなくなっても親に言えばもらえる。」という思考に至ってしまう可能性があります。
「我慢」を学ぶチャンスだと思いましょう。

2.お小遣いの使いみちに口をだす

たとえ子供がお小遣いを無駄使いしているように感じてもあまり口出ししなほうが良いでしょう。
一度失敗することで初めて理解できることもあります。
更に、失敗したことで初めて無駄使いすることの代償も学べますよ。

3.年功序列もおすすめできない

年齢が上がることに自動的に報酬が上がる制度もおすすめできません。
現在、日本の多くの企業が年功序列を見直しているなかお子さんも将来成果報酬型の仕事に就くかもしれません。
そうでなくても、楽してお小遣いが増えていくという感覚をつけさせてしまうのはマイナスになるでしょう。

お小遣いはどのくらいあげればいいの?

先程お小遣い額を予め決めておいた方が良いと述べましたが、
一般的な小学生はいくらぐらいお小遣いを貰っているのでしょうか?
ベネッセ教育情報サイトによると、以下のような結果がでています。

  • 小学1年生 450円
  • 小学2年生 228円
  • 小学3年生 554円
  • 小学4年生 443円
  • 小学5年生 564円
  • 小学6年生 823円

金融広報中央委員会『子どものくらしとお金に関する調査』(平成22年度)と同じく平均500円程度だそうですね。
ちなみに、ベネッセが子供に対してお小遣い金額に満足しているかどうかのアンケートをとったところ、
4割の小学生が少ないと答えたそうです。

どのくらいの頻度でお小遣いをあげればいいの?

では、お小遣いをあげる頻度はどうなっているのでしょうか?
ベネッセの調査によると92.4%の家庭が1ヶ月に1回お小遣いを与えているそうです。
ついで多いのが週一回で35%。
一ヶ月に一回与えている家庭が圧倒的に多いみたいですね。
小学生にとって一週間に1回お小遣いの計画を立てるのは難しいかもしれませんしね。

お金は人生に一生つきまとう

この資本主義社会において、お金無しで人間は生きていくことができません。
ですから、お金の問題は一生お子さんにつきまとうことになります。
小さい内から健全な金銭感覚を養って将来困らないようにしてあげましょう。

友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

キャンペーン7/31まで、お早めに!

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す
キャンペーン7/31まで、お早めに!