パパママが子どもの習い事にかける金額は?人気習い事別の平均も!

子どもに習い事をさせたいと考えたとき、ほかの家庭ではどのくらいお金を使っているのか気になったりしませんか?だいたいの目安金額がわかれば、お教室の比較検討もしやすくなります。

そこで今回は、子どものいる家庭が1ヵ月にどのくらい習い事にお金をかけているのかをピックアップ!人気の習い事別にかかる費用の平均も出してみました。子どもの習い事選び真っ最中のパパママ、ぜひ参考にしてください!

キャンペーン終了まで、あと11日!

子供に習い事をさせることのメリットとは?

現在、自分の子供に何らかの習い事をさせている、という家庭は多いです。もちろん習い事は大人になってからもできますが、子供のころにさせることにたくさんのメリットがあります。

知識や技能を吸収しやすい

子供の時期は発達が著しく、大人に比べて知識や技能を吸収しやすい時期でもあります。そのため、この時期に習い事をさせることによっていろいろな才能を伸ばしたり、知識技能を身につけさせてあげることが可能になります。

進学や就職の可能性が広がる

語学やスポーツなど、子供のころに先にスタートさせておくことで技能の獲得に時間をかけることができます。時間をかけることによってより多くのことを学ぶことができるので、進学や就職で必要な知識や技能が出てきても焦ることがなくなります。また、習い事をさせることで将来役立つものを身に着けることができます。子供が小さいうちにいろいろなことをさせるということは、子供への先行投資とも考えることができます。

子どもの習い事にかける1ヵ月の平均金額は?

子どもの1人あたりにニッポンのパパママたちがかける習い事の費用は、平均1万円。

未就学児では約8000円/人、逆に小学校高学年になると約1万6000円と倍くらいの開きが出てきます。子どもが希望することなら全部させてあげたい!と考えるのが親心ですが、お金には限りがあります。せっかくはじめた習いごとを、金銭的な事情で「やっぱり続けられない」となってしまうのは避けたいもの。1人1万円が目安だとわかると、かけ過ぎていないかどうかチェックするバロメーターになりますね。

習い事に必要なのは、月々の月謝だけではありません。入会金やユニフォーム代などのイニシャルコストが必要ですし、そのほかに発表会の参加費、合宿代など臨時の出費も案外かかるもの。毎週、教室に通うための交通費なども積み重なると結構な金額になってきます。

習い事をスタートさせるときは、これらの費用をすべて見積もって、トータルに考えるのが得策です。

子どもにさせている習い事数の平均は?

費用の平均がわかったところで、習い事の数の平均も気になりませんか?

現在、習い事をしている未就学児の平均おけいこ事数は1〜2種類小学生の子どもの場合は2〜3種類となっています。

複数の習いごとをしている家庭では、サッカーやスイミングといった運動系と、習字やピアノ、未就学児の場合は幼児教室といった文化系を組み合わせているケースが多いようです。小学生4年生以降になると、さらに学習塾や家庭教師など、勉強のサポートをする習い事が加わります。

人気の習い事にかかる費用・料金はどのくらい?

今度は、習い事別にかかる費用の平均を見てみましょう。……といっても、今、子どもの習い事は本当に種類が多く、すべての習い事の料金は紹介できませんので、子どもたちに人気の高い習い事でチェックしていきます。

紹介するのは、リクルートマーケティングパートナーズ「ケイコとマナブ.net」が毎年発表している「子どもの習い事ランキング」(2017年)によると、習っている子どもの数が多い習い事は下記の通り。実は、長年不動のトップ3です。

今、習っている習い事ランキング


1位:スイミング
2位:英語・英会話
3位:ピアノ

★以下、各習い事の費用の相場は、コドモブースター編集部が独自に集計、算出しました。

◆スイミングの平均金額

入学金
4,000円

月謝
週1回:4,000〜6,000円
週2回:7,000〜8,000円

その他費用
・スイミングウエア&バッグ
7,000円

・スクールバス利用料
800円前後〜
★利用回数により異なります

◆英語・英会話の平均金額

入会金
7,000円

月謝
7,000〜1万円
★週に1回レッスンが行われる場合

その他費用
・教材費
8,000円
★子ども向け英会話教室は入会金が無料のスクールが多いようです。

◆ピアノの平均金額

入会金
8,000円

月謝
7,000〜1万円
★週1回レッスンが行われる場合

その他費用
・楽譜代
3,000円

・発表会参加費
1万5,000円

・発表会衣装代
5,000〜2万円

家計に負担にならない範囲で楽しく習い事を!

習いごとをはじめるときは「ムリなく」が合い言葉。習う子どものほうも、習わせる親のほうも前向きな気持ちでできるようにすることが大切です。

そのためにも事前のリサーチはしっかりと!今、検討中の教室は、子どもにとって通う価値があるのか、金銭面で家計を圧迫してしまわないかといったことをポイントに考えてみましょう。仲の良いママ友パパ友がいる人は、何の習い事にいくらくらいかけているのか聞いてみてもいいですね。

友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

キャンペーン終了まで、あと11日!

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す
キャンペーン終了まで、あと11日!