小学生に復習する習慣を定着させる方法

反復学習を定着させるためにも復習の習慣化は小学生の内に定着をさせたいものです。一体どのような方法が小学生にとって無理なく復習を習慣化させることができるでしょうか。

キャンペーン終了まで、あと6日!
友だち追加

はじめは短い時間から習慣をつける事が目的

小学生だけでなく、大学受験になっても学校や塾で学んだことを復習する事は成績の向上や一度覚えた内容を維持するためにも重要な学習の基本でもあります。
既に受験を控えているお子さんの場合には慣れや習慣という言葉を使っているゆとりはないと思いますが、今からでも遅くはありませんので、まずは復讐の習慣よりも勉強になれるという所からスタートする事を考えてみると良いと思います。
基本的に小学生でも低学年のうちから毎日決まった時間に勉強を行う事が最初のポイントになるのですが、学校から帰ってきた途端に勉強をしなさいというような上からの口調で命令をするのはあまり好ましい方法とはいえません。子どもにとって命令調の言葉をかけられると勉強をするという事に対して、マイナスのイメージにしかなりませんので注意が必要です。
優しい口調で学校から帰ってきたら勉強をするように促すのも親の役目です。初めは短い時間から慣れる事が基本なので例え10分でも良いので徐々に伸ばしていく事を考えれば特に問題はありませんし、そもそも子どもの集中力を失ってしまっては、今後の勉強に対する気持ちも大きく変わってしまう危険性もあるので、勉強は楽しいものだと思わせるとまでは、いかないまでも決して辛いものだという認識を与えないようにする事が大切な時期でもあります。
勉強を行う時間は、基本的に遊ぶ前に復習を終わらせる習慣をつけていく事が基本です。人間というものは、後に勉強をするとなるとマイナス的な苦痛を感じるようになってしまいますので先に勉強を行うのがベストになります。

親子で一緒に復習を行う事で習慣化を可能にする

なかなか1人で机に向かう習慣ができない小学生に対しては、親御さんが一緒になって勉強をするというのも復習を習慣化させるひとつの方法になります。
特に先々、私立中学校などの受験を考えているのであれば、親御さんのサポートは絶対に必要な事になりますし、子どもの目線になって一緒に勉強をする事で、自分の子供がどのような部分で悩んでいるのかが理解できたり、苦手な科目という意識が定着をする前に対応をする事が可能にできるというメリットもあります。
もちろん、高学年や私立中学校の対策ともなれば、よほど学歴のある親御さんでも苦労をするような問題も出題される事もあります。頭ごなしに子どもの成績や出来不出来を語る前に是非、実際にお子さんの解いている問題を一緒になって悩んで解いてみると少しずつですが、勉強は楽しいという気持ちも芽生える可能性が高くなりますし、いざ受験対策となった時に親御さん自身も充分に対応をできるだけの知識や自信がついている事が期待できます。
確かに親子で一緒に勉強をするというのは、難しい面もあるとは思いますが、同じ目線でわからない部分は一緒になって考えるという学習方法は、復習を習慣化させるにはかなり有効な手段だといえます。また、どうしても一緒に勉強をする時間が取れないという親御さんの場合には、とりあえず子どもが勉強をしている姿が確認できる位置で勉強をさせるようにする事が重要になります。監視という考え方ではなく、見守っているという考え方が正しいので、子どもがわからない部分はすぐに教えられるように準備をしておくことも大切です。

小学生の復習の習慣化にはモチベーションの維持が重要なポイント

いくら小学生といっても、何も目標を持たずに勉強を続けるのは非常に困難な事になります。そこで、考えるのが目標設定になります。目標といっても、難関中学校に合格というような目標は先々にとっておいて、はじめは手の届きそうで届かないレベルからスタートをするとモチベーションを下げることなく勉強を続ける事が可能になってきます。
小学生でなくても、完全に手の届かない目標を設定されても現実的ではありませんし、いくら勉強をやっても無理なのではないかという気持ちが先にでてきてしまいます。これでは、本末転倒というか、これまで積み重ねてきたものも全て失うような結果にもなりかねません。
例えば、学校や塾のテストで出来なかった問題の中でも復習さえしていれば出来るようなタイプの問題もあると思いますので、そこで復習の重要さを理解してもらうためにも反復学習的な考え方で学校や塾と同じ問題で間違わないという習慣をつけられるようにします。
あるいは、塾に通われているのであれば、塾で行うテストが返却をされてくると、つい順位や点数ばかりに目がいってしまいますが、ただ成績や点数の事を叱ってもモチベーションが下がるだけです。寧ろ日頃から自分の子どもの成績を理解していれば、このレベルであれば解けるという見方も可能になっていると思います。塾にもよりますが、テストで問題別に正答率が掲載されている事があるので、自分の子どもの成績の少し上程度の正答率の問題は確実に解けるように復習をしていくと、本来できる実力がある問題なので復習の習慣化と成績の安定にもつながる事が期待できます。

友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

キャンペーン終了まで、あと6日!

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す
キャンペーン終了まで、あと6日!