子どものリーダーシップを磨こう!人生のプラスになる親の働きかけとは?

子どもどうしがあつまると、その中でグループをリードする存在が必ず現れます。小学校に上がる頃になると「足が速い」「話が面白い」「成績が良い」といった、いわゆる「目立つ子」がクラスの人気者としてリーダーシップを発揮するように。

親としては我が子にそのように育ってほしいと願ってしまいますが、最近では「空気を読む」ことが推奨され、リーダーシップを発揮できる子どもが少なくなっているという報告もあります。そのような環境の中、どうすればリーダーシップを持つ子どもにそだてられるのでしょう?

今回は、リーダーシップがある子に育てるためのポイントや、リーダーシップを持つことのメリットなどを考えてみましょう。

キャンペーン終了まで、あと8日!

そもそも「リーダーシップ」とは?

一般には、「頭が良い」「スポーツ万能」といった、体力的、能力的に優れた人が「リーダーシップのある人」と言われがちですが、リーダーの本来の意味は「他人に影響力を与えられる人」という意味。つまり、強くて優秀な人だけがリーダーに向いているわけではないんです。

リーダーシップのある人とは、周囲が自然と惹きつけられ、「この人について行きたい!」と思わせる人のこと。そういった観点で考えると、リーダーシップは生まれつき持っている能力ものではなく、後天的に身につけることができるスキルということも出来そうです。

子どもの「リーダーシップ」を育むポイントは?

では、実際にリーダーシップのある子どもに育てるためにはどうしたらよいのでしょう?いくつかのポイントを考えてみました。

1.前向きな言葉をかける
ポジティブな考え方を習慣づけることが大切です。自分の判断に自信を持って力強く前に進むポジティブさがリーダーには必要だからです。

2.いろいろな事に挑戦させ経験値を積ませる
小さな成功体験の積み重ねが「できる!」という自信を育て、やがてどんな課題にも立ち向かうことが出来る芯の強い子が育ちます。

3.困った事があっても自分で解決させる
「問題解決能力」はリーダーには必須の能力。上手に導き、「自分で解決できた!」という自信をつけさせてあげることが大切です。

4.話を聞く、分かりやすく伝えることを意識させる
一方的に自分の意見を押し付ける人には誰もついてきません。人の話をしっかりと聞き、理解しようという姿勢を意識させましょう。

5.失敗を経験と捉えるように促す
「失敗したら恥ずかしい」といった気持ちは子どもの成長を妨げます。失敗はどんどんすべきと子どもが理解すれば、新しいことに挑戦する勇気と行動力が育ちます。

6.困難にめげないタフな心を育てる
子どもにとっての忍耐力は、イヤなことでも頑張ってやり遂げる力です。「イヤだな…」という事柄にも取り組む意欲を持つことが我慢強さにもつながります。

7.常にベストを尽くすようにうながす
他人と比べて勝つことではなく、自分にとってのベストを目指すことが大切です。まずは、親が背中を見せることでパパママが子どもをリードしましょう。

「リーダシップ」があるとなぜいいの?

リーダーシップが採れる人は、いつのまにか周囲から信用され、頼りにされます。その人のリーダーシップによって救われたり成長できた人からは、自ずと尊敬を集めることも出来るでしょう。現在社会で何よりも尊いもの、それは「信頼と尊敬」と話す経営者は少なくありません。

自分で判断する「意思の力」、情報を伝え円滑な関係を築く「コミュニケーション力」、課題をクリアする「問題解決力」やそのための「忍耐力」も、リーダーシップを発揮する際には欠かせない要素です。

真のリーダーシップを持つ人は、自らの行いによって得られる経験から、さらに学び成長することができるのです。

「リーダシップ」の形もさまざまです

「うちの子は引っ込み思案だからムリ」「下手にリーダーシップをとって友だちに嫌われたらかわいそう」など、パパママの思い込みが、子どものリーダーシップの芽を摘んでしまうことも少なくありません。

最近では、大人が読むビジネス書でも「ぐいぐい引っ張る」従来型のリーダー論は影を潜め、「指揮者型」「おっかさん型」など、さまざまなタイプのリーダーシップが推奨されています。リーダーシップの形は1つではないのです。

リーダシップを持っている人間は、なによりもまず自分自身の人生のリーダーとなれる人です。より良い生き方の選択肢として、我が子にあうリーダーシップのタイプを親子で模索してみるのも良いかもしれません。

友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

キャンペーン終了まで、あと8日!

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す
キャンペーン終了まで、あと8日!