小学校入学前の教育はどうする?やっておくことや準備は?

はじめてのお子様が入学を控えているというご両親は、いよいよ始まる義務教育に期待よりも不安な気持ちが勝ってしまうこともあるのではないでしょうか。

子どもにはそれぞれ個性があり、それが個人の魅力でもあるのですが、ときにはこの個性が社会生活で邪魔をしてしまうことを懸念される親御様も少なくありません。

これまでの保育園や幼稚園での生活とは異なる生活が始まることは、本人だけでなくそれを見守りサポートする立場であるご家族の生活にも変化をもたらします。

何もかもがはじめての小学校での生活ではありますが、入学前にある程度小学校に関わる事柄について知識をもっておくと、不安がやわらぐこともあります。

お子様のことに熱心な親御様ほど、心配な気持ちはつきものですが、リラックスして小学校へ送り出してあげられるような心の準備をしておきましょう。

キャンペーン終了まで、あと7日!
友だち追加

小学校入学前から焦らない

小学校は、これまでの園生活とは異なり、自立を促す生活習慣が基礎となります。
保育園まで送り届けたり、幼稚園のバス停での送り迎えも卒業です。日本の公立校では、親が付き添っての登下校は基本的に必要ありません。
子どもが自分で通える範囲に学区が指定されているケースがほとんどです。
必要な教科書や学用品を揃えてランドセルを背負い、毎朝同じ時刻に登校し、学習をして下校するサイクルになります。
保育園通っていたお子様は、お昼寝の時間が設けられていることもあり、子どもが授業で寝てしまうのではないかといった不安を持つ親御様も少なくありません。
確かにまだ体力も身についていないことや不慣れな生活が始まることもあって、しばらくは疲れやすい時期が続きます。
しかし、これはどの児童も同じ状態です。
学習についても、日本語の基本になる「あいうえお」やカタカナなどから丁寧に教えてくれます。授業についていけなくなっては困ると、入学前から熱心な教育をされているご家庭もありますが、お子様が興味を持たない状態であまりに熱心な教育を行っていると勉強嫌いになってしまうこともあります。
お子様の興味に対応してあげる方法が最良です。

小学校入学前にやっておくこととは?教育だけじゃない

小学校生活を控える時期にさんすうやこくごの教育を行うご家庭は少なくありません。
小学校の授業で子どもが少しでも楽に学べるようにという親心が背景にあるのでしょう。

もちろん、入学前に限らず予習は必ず役に立つ効率の良い勉強法のひとつです。

しかし、入学前に準備しておきたいのは学習面だけでなく、生活習慣の見直しや社会生活において大切なマナーについての教育も忘れてはいけません。

これまでの生活時間よりも登校時間が早くなる場合は、早寝早起きの習慣を身に着けるように慣らしておきましょう。親が夜更かししている家庭では、子どもも夜更かしで朝が苦手なケースも目立ちます。

また、授業を静かに聞いたり授業中は席について勝手に行動しないなど、大人にとっては基本的なことも、子どもにとってはこれから身に着ける必要がある大切なマナーです。ご家庭でも教育することは十分に可能です。

入学前の教育で注意したいこと

ご家庭で入学前の教育に力をいれている場合は、学習内容についても予め確認しておくと良いでしょう。

親御様が教育を受けた時代と、現在とでは学習方法についても変化しているケースがあります。

とくにさんすうでは、計算法をよりわかりやすくするために、数十年前とは違った式を用いている場合もあります。

ご家庭で教えてもらった方法を使って問題を解いたら、計算方法が違っていたと子どもがうったえるケースもあります。さんすうの答えはひとつでも問題を解く過程が重要なので、これを理解する妨げになってしまうことに注意しましょう。

また、家庭学習の時間を設けて習慣化させることは今後の学生生活にも役立つ一方、お子様にとって窮屈な思いをさせてしまうこともあります。

お子様の性格も鑑みて、自主性を育てる方法をとりたいものです。

小学校入学前からできる教育は?習い事がおすすめ?

小学生に人気の習い事で挙げられるのは、ピアノや英会話、スイミングなどがあります。
スイミングは、泳げるようになるための習い事ですが、小学校の教育でも取り入れられている教育のひとつです。

学校で教えてもらえることを、わざわざ月謝のかかる習い事で補う必要はあるのでしょうか。

スイミングに関して言えば、学校教育では確実に泳げるようになれるわけでなないことが背景にあるようです。授業中も、泳げる児童とそうでない児童にわけて指導が行われるケースも珍しくなく、スクールに通っている児童はこのクラス分けに対応できるような準備を行っているともいえます。

人気の習い事は小学校に入学する前の幼い時期からも通えるものがほとんどです。最近授業で取り入れられるようになった英会話は5年生からなので、急ぐ必要はないでしょう。

落ち着いて子供の教育を考えよう!

入学前の時期は、新一年生になる本人よりも親御様が不安になられることも多いでしょう。

これまでのように家族や幼稚園の先生が世話を焼いてくれることはなく、自分のことは自分でできないとどんどんおいていかれるのでは、と心配される方も少なくありません。

しかし、実際はほとんどの児童が同じ状況で自立できた小学生などほぼいません。
新一年生では、幼稚園生活の延長で過ごしてしまう児童がいることも学校側は承知しています。

教科書や学用品、宿題や提出物の管理についても児童に自分ひとりだけでやるように指導することはほとんどありません。むしろ家庭での声掛けやチェックをお願いされる場合がほとんどです。

少しずつ自分でできるようになっていくので、必要以上に心配することはありません。小学校に入ったら、しっかりとしなくてはならないとあまりプレッシャーをかける言葉は謹んで、まずはお子様が学校生活が楽しみに過ごせるような働きかけをしてあげましょう。

友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

キャンペーン終了まで、あと7日!

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す
キャンペーン終了まで、あと7日!