幼稚園生が通う習い事で一番多いのはスイミング!その理由とメリットを徹底解明!

子どもの習い事って、親としてはとても悩みますよね。
実際に習っている習い事ランキングで、根強く1位を独占しているのはスイミング!
今回は、なぜスイミングが沢山の親御さんから支持を受けているのか、その理由を解明したいと思います!

キャンペーン終了まで、あと6日!

スイミングは習い事ランキング第1位!

なぜ、数ある習い事の中でスイミングが一番人気なのでしょうか。
理由としては、以下のことが挙げられます。

子どもにとってメリットが沢山!

「身体のバランスが良くなって質の高い筋肉をつけられる」「体力がつく」「心肺機能が向上する」等、
子どもにとって嬉しいことが沢山あります。

料金が安い

スイミングは帽子と水着があれば始められるので、野球やサッカー等の球技スポーツよりもリーズナブルです。
また、天候によるキャンセルもありません。

お風呂を怖がらなくなる

スイミングに慣れると、お風呂で頭からザブーンとかけても平気になります。
水に対する抵抗がなくなるので、シャンプー等がとても楽になります。

水難事故に備えられる

いざという時、泳げる泳げないは大きな違いとなります。
少しでも泳ぎができるかどうかは、命に関わる大きな違いと言えるでしょう。

スイミングを習わせることによって、子どもだけでなく親にとっても嬉しいことがあることが分かりますね。
以下で、スイミングのメリットをもう少し詳しく解説して行きます。

スイミングを習わせることでどんな良いことがあるのか

スイミングのメリットを、「脳」、「身体」、「精神的」な面からそれぞれ解説していきます。

脳へのメリット

スイミングを子どもの頃から習うことで、身体全体で水の感触や流れ、水圧や浮力を感じ取り、
”小脳”で姿勢をコントロールする力が養われます。
水泳のテクニック・身体制御の仕方の記憶は「手続き記憶」といって、
いったん記憶されるとなかなか忘れないと言われています。
子どものころに泳げた人が、数十年ぶりに泳げるのも小脳の手続き記憶のおかげです。
さらに、水中姿勢をコントロールするには、全身の筋肉の緊張状態を微妙に変えていく必要があります。
そのため、小脳だけでなく大脳皮質全体を刺激します。
また、水のなかで行うスポーツなので常に空間把握能力が必要です。
自分がどこにいて、どこに向かっていくのかを、常に意識していなくてはなりません。
このように水泳は脳を刺激して、他のスポーツより空間や記憶に大きな影響を及ぼすと言えるでしょう。

身体へのメリット

スイミングの最大の特徴は、「浮力により身体への負担が軽い」ということです。
成長期の子どもにとって、関節や骨に負担をかけずに運動ができることは、大きな魅力でしょう。
そして、体の片側を主に使う他のスポーツとは違い、左右対称の動きを繰り返すので、
全身の筋肉がバランスよく鍛えられ、成長にゆがみが起こりにくいのです。

また、「心肺機能の向上」もメリットの一つです。
胸に水圧がかかるため呼吸筋が活発に働き、陸上運動よりも効率よく心肺機能を向上させることができます。
この規則正しい呼吸が喘息治療にも効果的といわれ、喘息の子どもをスイミングに通わせる親御さんも少なくありません。

精神へのメリット

スイミングスクールでは、適度に身体を動かすため、子どものストレス発散に効果があります。
また、一回で泳げるのではないため、何回も練習して泳げるようになるという努力する経験を経て、精神的に強くなります。
さらに、泳げなかった子が泳げるようになると達成感が味わえます。
その”できた”時の喜びは何物にも変えられない貴重な体験となり、子どもをぐんと成長させてくれます。
そしてそれは子どもの自信にもつながり、自己肯定感も満たされ、様々な事に挑戦する心が育ちます。

スイミングスクールの選び方

スイミングスクールは、どのようなポイントで選べば良いのでしょうか。
以下のポイントごとに解説します。

【大前提のポイント】

施設・設備が綺麗なことは大前提になってきます。長時間泳ぐと足裏がふやけて皮むけすることがあります。
そこからばい菌が入り、炎症になる可能性は否めません。
子どもの足裏が皮むけで真っ赤にならないようにするためにも、プールサイド等の施設・設備が綺麗であることが大前提になってきます。
これにプラスして、水質も綺麗だと安心です。
泳ぎ慣れていない子どもはプールの水を沢山飲んでしまうことも少なくありません。

1.指導方針

大抵のスクールは、「楽しく泳ぐ」ことを目的としていますが、中には「競技で勝つこと」を目的にしているスクールもあります。そういったスクールは指導もスパルタです。
小さい子どもはまだ楽しく遊びの中で色々吸収する時期なので、スクールの指導方針が親御さんの方針に合っているかどうかを、事前に確認する必要があります。

2.スタッフ(コーチ)の人数

人手不足のスクールは避けた方が良さそうです。
コーチ一人あたりの勤務時間が増えることにより疲労が増し、レッスンにも悪影響を及ぼしかねません。
それに加えて、コーチ一人当たりの生徒数もチェックする必要があります。
子どもの安全を考えると、大人数を一人のコーチが見ているようなところは避けるべきです。

3.費用や送迎等、細かいところをチェックする

指導方針がピッタリなスイミングスクールでも費用が高すぎて家計を圧迫したり、
時間が合わなくて休みが多くなったりすると続けることができません。
休みの場合は振替があるか、バスによる送迎があるかなど、年間のレッスン回数等、
長く続けることを考えて細かいところもチェックしておきましょう。

一度体験に行ってみよう!

お金と時間を消費する子どもの習い事。選択肢は幅広くあります。
大体のスクールで体験ができますので、気になるスクールがあったら一度足を運ぶことを強くオススメします。
見るのとやるのでは大きな違いがあるので、実際の雰囲気を知ることが大切です。
是非、お子さんに合ったスクール・コーチでレッスンをさせてあげてくださいね!

友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

キャンペーン終了まで、あと6日!

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す
キャンペーン終了まで、あと6日!