幼稚園の年少におすすめの習い事とは?人気ランキングをご紹介します!

習い事を始める時期の低年齢化が進み、幼稚園や保育園でも何らかの習い事をしている子供が増えています。なかでも、年少が習い事を始めるベストなタイミングだと考えているパパやママが多いようです。年少である3~4歳になると、受け入れOKの教室の種類もぐっと増えてきますよね。

今回の記事では、幼稚園の年少とは成長段階としてどのような時期なのかを説明し、習い事を始めるのになぜ年少がベストなのか、またどのような習い事に人気が集まっているのかを解説します。早く始めることで効果が高くなる習い事もたくさんありますよ!

この記事を読んで、お子さんにとって楽しい習い事が見つかるといいですね!

キャンペーン7/31まで、お早めに!

年少ってどんな時期?

年少は3歳から4歳になるタイミングです。「三つ子の魂百まで」ということわざにもあるように、人格形成における大切な時期だと言えるでしょう。大きく成長するタイミングとなり、言葉も増えてしっかりとした会話を楽しめるようになります。そして幼稚園や保育園に入園することで、社会が広がります。1人遊びやママとの2人遊びから、お友達や先生と遊べるようになり、人との関わりを楽しむようになります。

また、走ったり跳ねたりスキップしたりといった運動能力にも変化が見られます。手先が器用になることで、文字を書き始める子も出てくるのはこの時期です。

年少がベストなタイミングなのはなぜ?

体も心も大きく成長する年少のタイミングに、習い事を始めるのがなぜベストタイミングと言われているのでしょうか?もちろん習い事の種類によって、おすすめの年齢は若干異なります。それでも年少がベストなタイミングと言われる理由を詳しく解説していきます

3歳までシナプスが活発

脳にある神経細胞同士のつながり、シナプスは3歳ごろまで増え続けます。シナプスの量が多いと「良い脳」と言われ、いわゆる天才脳が育ちます。3歳を超えると増える量が少なくなっていくので、このタイミングにシナプスの量を増やすためにも五感に刺激を与えることが不可欠です。習い事は五感に刺激を与えることが多く、結果シナプスの増加を助けます。

集団生活ができるようになる

幼稚園や保育園に通い始める年齢であることからもわかるように、年少のタイミングは親元を離れて集団生活ができるようになります。習い事はママから離れられるかどうかから始まるものが多く、親が見えないと泣いてしまう状態では習い始めることができません。そのため、親と離れて自分の世界で活動ができる年少は、習い事を始めるベストタイミングだと言われています。

手先が器用になる

年少になると、手先が器用になり指を上手に使えるようになります。特に楽器を扱う習い事は手先が器用になる頃に習い始めるのがベストです。音楽教室は、3~4歳から受け入れている教室が多く、まさにベストタイミングと言えるでしょう。

おむつが外れるのはこの頃

また、個人差はありますが、おむつが外れる子が多いのは年少の頃です。おむつが外れると行動範囲も広がり、トイレの心配も減ってくるので習い事に通いやすい年齢と言えます。

年少がベストタイミングだと言われる理由は多くありますが、個人差はあります。我が子にとってベストなタイミングを見極められるのは、最も近くで一緒に生活をしているパパやママです。年少という時期にこだわらず、お子さんの成長を観察しながら、ベストな時期を見つけてくださいね。

年少にオススメの習い事TOP5!

次に年少で始めるのに特におすすめの習い事をランキング形式でご紹介します。いずれも人気の高い習い事です。おすすめの理由も解説しますので、是非、参考にしてみてください。

第5位 サッカー

年少で習うサッカーは、ボールを追いかけて走り回ることがメインになります。難しいルールを覚えるのではなく、ボールがゴールに入れば勝ちという単純なルールで、体力をつけていくことが目的となります。遊びの延長のようなサッカーを通して、集団で運動することや友達と競うことを覚えることができます。

何かルールのあるスポーツをやらせたいと考えた場合、サッカーは年齢に合わせてルールを追加していくことができるので、小さい頃から始めやすいスポーツと言えます。レディースチームも増えていることからも、男女問わず習わせている家庭が多いことがわかります。

第4位 体操教室

体操教室に1人で参加できるようになるのは、3歳頃からになります。そのため、年少で始めるのが好ましい習い事と言えます。体操を繰り返し行うことで、身体が強くなり柔軟性を身につけることができます。小さい頃、身体が柔らかかった子供も年齢を重ねるとともに堅くなってしまいがちです。

体操教室では、その柔軟性を維持することができます。また姿勢が良くなることや社会性を身につけられることも、体操教室が選ばれる理由のひとつです。

第3位 ピアノ

ピアノを習う理由の一つに絶対音感を身につけさせたいということが挙げられます。絶対音感は、耳で聞いただけの音を正確に当てたり、正しい音程で歌が歌えたりする能力です。ピアノを習うとこの絶対音感が養われますが、6歳を超えると身につきにくくなると言われています。そのため幼少期にピアノを始めさせたいと考える家庭が多いのです。

また、ピアノは集中力が身につくと定評があり、関係ないように思えるかもしれない運動能力にも影響があることで知られています。小学校入学後も、音楽の時間や発表会などで伴奏ができるなど活躍できる場が広がります。

第2位 英会話

英語耳を育てるには、ネイティブの発音に抵抗のない幼児期に、英会話を始めるのがベストです。赤ちゃんが言葉を覚えるように、楽に英語を覚えることが出来ます。2020年には小学校5年・6年で英語が授業化されることを受け、英会話スクールに通う子供は今後も増えるでしょう。

英語教育の低年齢化に伴い、小さい頃から英会話教室に通わせたいという親のニーズが高まっています。

第1位 スイミング

スイミングは、習い事の中では低年齢で始める子供が多く、親子スイミングなど0歳から始められる教室もあります。水の中で過ごすことで体幹が鍛えられ、風邪を引きにくくなるという声も多いです。全身運動のため、体力がつけられるのも嬉しいポイントです。小学校に入る前に水慣れし、少しでも泳げるようになっていると楽ですよ。

子どもと一緒に習い事を楽しもう!

子供が成長していくにつれ、子供の習い事を見学できる機会も減っていきます。一生懸命頑張っている子供の姿を見られるのは、今だけの贅沢かもしれません。それはパパやママにとっても貴重な体験となるでしょう。

子供の習い事を通して、親子で一緒にたくさん成長していけると良いですね。そのためにも、子供にぴったりの習い事を見つけてください!

友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

キャンペーン7/31まで、お早めに!

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す
キャンペーン7/31まで、お早めに!