リビングで勉強するメリット4選!注意点と環境作りのポイントも紹介

最近リビング学習という言葉をよく聞きますよね。東大生の83%がリビングで学習をしていたという統計もあるそうです。※では、その東大生も昔実践していたというリビング学習はどれほど効果があるのでしょうか?また、どのような効果があるのでしょうか?今回はリビング学習のメリット・デメリットと注意点、環境づくりのポイントも紹介します。

※出展「東大脳の育て方 出版社:主婦の友社」

キャンペーン終了まで、あと9日!
友だち追加

リビングルーム学習のメリット

リビングで学習することにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

1.誘惑がない

一般的に、リビング学習には勉強の苦手な子が向いていると言われています。なぜならば、自室だと部屋の中の物に気を取られて集中できないからです。特に最近の子供はスマホを持っています。ですから、スマホをいじってしまうという場合も多いんだとか。そういった子供にはリビング学習をさせましょう。

2.適度な緊張感と安心感

リビングルームにはママやパパ、兄弟がいます。ですから、人の目があり、適度な緊張感と安心感がリビングルームには存在しています。小さいお子さんは一人っきりになることに恐怖を覚える場合もありますよね。この適度な緊張感と安心感はリラックスして勉強するのに重要です。

3.集中力がつく

リビングには当然、雑音があります。テレビの音や親や兄弟の会話がどうしても聞こえてきます。そういった環境の元で勉強することで集中力が向上します。実際の試験場にも雑音はあふれています。他人のくしゃみ・咳ばらいの音や鉛筆の音、試験管が歩き回る音など沢山あります。ですから、そういった雑音のある状況に慣れさせておくことは試験に強い子供を作ることにもつながります。

4.親がすぐに質問にこたえられる

リビングルームには親や兄弟、お爺ちゃんお婆ちゃんがいる場合もありますよね。ですから、問題を解いていて分からないことがあってもすぐに解決することができます。

リビング学習のデメリット

1.ゴミがでる

リビングで学習しているとどうしても消しゴムのカスなどのゴミがでます。キレイ好きなママにとっては好ましくないですよね。ですから、ダイニングテーブルを汚されるのが嫌なママは勉強机を別途に設置してあげましょう。

2.部屋が片付かない

勉強には多数の道具が必要です。特に小さいうちは筆箱、プリント、ノート、定規など色々な物を遣います。そういった勉強道具をすべてリビングルームに持ち込むとなかなか部屋が片付きません。

3.集中しにくい

先程も述べた通り、リビングルームには雑音が溢れています。テレビ、兄弟の会話、キッチンの音など色々な音があり自部屋よりはかなりうるさい環境となっているでしょう。しかし、先程も述べた通りこちらは集中力をつける訓練にもなるデメリットです。すなわち、メリットにもなりうるということです。ですから、徐々に雑音のある状況でも勉強できるように慣れさせていきましょう。

リビングで勉強する時の注意点

リビングルームで勉強する際は、いくつか注意しなければならないことがあります。注意点をみていきましょう。

1.質問に答える

子供の勉強中、ママもかなり忙しいですよね。家事やその他もろもろ色々やることがあります。そんな忙しいときに質問されても、適当にあしらいがちだと思いますがかわさないようにしてあげてください。きちんと答えてあげるようにしましょう。

2.子供の真正面に座らない

子供の真正面に座ると圧迫感を与えてしまいます。勉強机を壁の目の前におくと圧迫感があって勉強しにくくなるとの同じです。子供とおなじテーブルに座る場合は、斜め前から横に座るようにしましょう。

3.怒らない

リビングで勉強をさせているとどうしても子供の勉強の進み具合が分かってしまいます。子供が問題を解けないでいるときに、「どうしてそんな問題も解けないの。」などと怒ってはいけません。子供は自分なりに答えを出そうと頑張っているのかもしれません。ですから、むしろ問題を解くヒントを与えたり、「どこがわからないの?」などと優しく声をかけてあげましょう。

勉強にふさわしいリビング造り

1.勉強用机をおく

ダイニングテーブルで勉強をするよりも、勉強机を置いた方がやはり良いでしょう。特にテーブルを汚されたくないママ・パパには勉強机の設置がおすすめです。机を汚されて不快感を抱くと、その気持ちまで子供は読み取ります。そうすると自然と、子供も勉強をやる気が失せてしまいます。

2.照明は白昼色でむらなく均等に

勉強に適した灯は白昼色であると言われています。また、照明は全体にむらなく均等に広がることが重要です。なぜならば、明るいところと暗い所に交互に目がいくことで目が疲れてしまうからです。

3.椅子の高さに気をつける

ダイニングテーブルの椅子は勉強用になっていないことがほとんどです。ですから、勉強するときに楽なように高さを調節してあげましょう。子供の姿勢が悪くなってしまいますよ。

低学年の子供におすすめ

適度な安心感と緊張感を提供してくれるリビングルームは低学年の子供が勉強するのにぴったりです。また、子供に学習習慣を定着させるのにもぴったりの場所です。ぜひ、この記事を参考にお家でもリビング学習取り入れてみてくださいね!

友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

キャンペーン終了まで、あと9日!

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す
キャンペーン終了まで、あと9日!