幼児に早期教育が必要なワケは?その効果と実践法を考えてみましょう

「子どもの教育は3歳までにはじめた方が良いの?」「いや、最近では早いほど良いというから、3歳じゃ遅いかも?」などなど、子どもの“早期教育”にはさまざまな情報が出回っていて、何が本当なのかわからないことも多いですよね。
「何歳から習い事を始めさせる?」という問題も相まって、パパママが一度は悩んだり、考えたりすることだと思います。

ここでは、“早期教育”はそもそも何をさすのか、“早期教育”をさせることにはメリットばかりなのか? そして、あらためて、いつ頃からはじめるのが適切なのかについて考えてみたいと思います。

キャンペーン終了まで、あと11日!
友だち追加

そもそも“早期教育”の定義とは?

“早期教育”とは、おもに保護者などの意向で通常より早い時期から、読み書き、外国語、音楽、アート、スポーツなどの教育をスタートさせること。何歳からが早期教育になるという定義はありませんが、脳が急速に発達する乳幼児期からスタートさせて、才能を開花させ、子どもの豊かな未来につなげたいという意図があります。

一般には、就学前の乳幼児に対して行う各種教育、習い事を“早期教育”と呼ぶことが多いのですが、胎児の頃から行う“超早期教育”と呼ばれるものもあります。
たとえば、お腹の中にいる赤ちゃんは16週目を過ぎるとすでに聴力を持っていて、この頃から日本語だけでなく英語でパパママが話しかけることで英語耳を作りやすくなるといった節もあります。クラシックを胎児に聴かせれば、絶対音感を持った子どもが授かりやすくなるといった話も話題になりましたよね。

早期教育の必要性とは?

先ほども触れたように、早期教育の必要性は、発達心理学や脳科学などと結びつけて語られることが多いようです。
与えられる刺激が脳の働きに大きく影響するといわれているのが3歳ぐらいまで。だから、この時期までに早期教育をするれば、一定の効果が期待できるというのです。
「この時期までに」ですから、2歳でも1歳でもいい、むしろ早いほどいいのでは?といった見解が見られるのは、そんな理由から。とくに3歳くらいまでの右脳の発達はすさまじく、右脳が司るといわれる瞬間暗記、空間認識能力、直感力が鍛えられる、音楽やアートなどの習い事は、はじめておきたい早期学習です。

子どもにとって良いこと満載!一方で気をつけなければいけない点も…

ここまで述べてきたように、早期教育を行うメリットは、脳の発達、働きに大きな影響を及ぼし、早いうちから才能を開花させられる可能性が高くなることです。
また、習い事を通してコミュニケーション能力や協調性を身につけることもできるでしょう。

3歳までの右脳優位期が過ぎると、変わって左脳の発達が活発になってきます。
このように、子どもの発達段階が把握できていると、3歳までは英語やアート、音楽系のおけいこ、それ以降は、論理的思考に強い左脳の特性が活かせる、そろばんや幼児教室などの習い事を徐々に加えていくといったプランを立てることもできます。

ただし、気をつけてほしいのは、子どもが幼児期に「遊び」を通して獲得する経験や能力と「早期教育」で身につけられることは本質的に異なるということ。
早期教育のカリキュラムの中には、メソッドとしてパターン化され、受け身の訓練を繰り返すスタイルのものが少なくありません。そのような習い事をいくつもさせられることで、子どもが自主性をなくしたり、抑圧感を感じたりすることも少なくないといいます。
早期教育はあくまで子どものため。「○○くんはできているのにうちの子はできない」「同じ2歳なのにこんなに違う」など、パパママ同士の競争がエスカレートして、子どもに無理を強いるようなことにはくれぐれもならないように気をつけましょう。

それぞれの子どもの成長の段階をパパママも理解して、それにあった教育を無理なく与えていくことが大切です。

早期教育を行う際のコツ!

早期教育を行うコツとして一番に挙げられることは、なにより子どもにあったスクールやカリキュラムを選んであげることです。
パパママと一緒にコミュニケーションを取りながら受講できるカリキュラムなら、子どもも不安を感じず、楽しみながらおけいこに集中できるでしょう。もちろん、パパママも楽しんで参加することが大切です。ちょっとぐらい失敗したり、できないことがあったとしても、ニコニコしながら見守ってあげましょう。
早期教育は、あくまで子どもの成長をうながすための選択肢のひとつ。過度な期待をかけてヒートアップしたりせず、習い事もするけれど、普段のお友だちとの遊びも楽しむというように、バランスの良い暮らしを送れるよう心がけてください。

カリキュラムや先生との相性、無理なく通えるかといった条件も大切。
口コミやイメージだけで決めてしまうのではなく、無料体験などを積極的に利用してスクールや教室を選びに役立ててください。

友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

キャンペーン終了まで、あと11日!

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す
キャンペーン終了まで、あと11日!