体力のない子どもが心配!食事と習い事で体力アップするコツ教えます

「今の子どもたちは、体力がない」とよく言われます。

防犯上、子どもたちだけで遠くまで出かけることが不安視される環境で、外を飛び回るよりゲームをする子どもがほとんど。近くの公園に子どもが集えば「うるさい!」と苦情が来る世の中なのですか、これで体力がある方が不思議なくらいです。

けれど、子どものうちに十分身体を動かして基礎体力や筋力の素地を作っておかないと、大人になってから病気にかかりやすくなったり、ここぞと言うときに体力も気力も続かない…ということにもなりかねません。

では、どうすれば子どもの体力をつけられるのでしょう?今回は子どもが体力向上するためのいろいろな方法を考えてみました。誰にも文句を言われず存分に身体が動かせる、スポーツ系のおすすめ習い事もピックアップしていますよ。

キャンペーン終了まで、あと1日!
7月のキャンペーン

体力がない子どもは病気にもかかりやすい

体力がないことが原因のデメリットはたくさんあります。

1.病気になりやすい

何より、病気にかかりやすくなると言われます。これが一番つらいですよね。

子どもの体力の低下は、実は昭和60年頃(1980年代)から心配されているのです。ただ、その頃に子ども時代を過ごしたパパママより、今の子どもの方がさらに体力がないと感じますよね。

ところが、逆に子どもの体の大きさはどうでしょう?手足が長くなり、パパママの時代より成長曲線も大きな弧を描いているのではないでしょうか?

2.肥満・生活習慣病のリスク


体は大きくなったのに、それを支える力がない。この現象のおかげでいっそう多くの弊害があわられます。

まず、体力が低下したことにより、体を動かすのが嫌いな子どもが増え、肥満や生活習慣病にかかりやすくなっています。子ども時代に肥満を経験すると、大人になってからも肥満になる傾向が高く、糖尿病や動脈硬化といった成人病のリスクも高くなります。

また、転ぶとすぐに骨折してしまう子どもや、反射神経が鈍くて手を出すことができず、顔面をぶつけてしまう子どもが多いことも心配です。

3.集中力・やる気がなくなる

さらに、体力がないと集中力が低下しますし、やる気や意欲もなくなります。

運動ができないだけでなく、勉強にも影響が出てしまうのです。授業の40分や50分が最後まで聞けなくなり、疲れてしまうこともあります。家での宿題はもってのほかで、学校から帰って食事中に眠くなってしまう子どももいると言われています。

どうすれば子どもに体力をつけられる?

どうすれば、子どもに体力をつけることができるのでしょう?今からすぐにできることを考えてみました。

【1】よく歩き、よく走る

基本的なことですが、近代化された社会ではなかなかさせてあげられないことが「しっかりと歩く」「たくさん走る」ではないでしょうか。

近所のスーパーに買い物に行くときにも、つい車や自転車を利用していませんか?「時間がない」「早く帰りたい」という気持ちもわかりますが、子どもと一緒に出かけるなら、歩いたり走ったりすることをできるだけ選ぶようにしましょう。習慣になればそれほど苦痛でなくなりますよ。

【2】鬼ごっこなど走る遊びをさせる

鬼ごっこはどんなスポーツでも、取り入れられる万能な遊びです。集中力も瞬発力も持久力も向上させることができ、また子どもが夢中になって長く続けられる遊びです。

公園が小さくても、小さいスペースならではのルールを取り入れて、どんなところでも遊ぶことができるのが魅力です。

【3】自分の荷物は自分で持たせる

子どものためを思っての場合が多いと思いますが、子どもの荷物を親が持つのはNG。小学生にもなったら、自分の荷物は自分で持つようにうながしましょう。

重い荷物を持って歩くのは大変ですが、腹筋や背筋を鍛えることができます。荷物を持つときの姿勢も注意してあげるとより効果的です。背中が曲がっていないか、左右どちらかに偏っていないか気をつけてあげてください。

【4】スポーツ系の習い事をはじめる

スポーツ系の習い事に通うことも体力を向上させる近道です。スイミングや体操教室など基礎体力の向上効果が高い習い事を選ぶと良いでしょう。

スポーツ系の習い事は、体力アップが期待できるだけではなく、協調性やチームワークを学んだり、礼儀を身につけられるなどいろいろなメリットがあります。子どもが興味を持って「始めたい!」というスポーツが見つかったら、ぜひ体験をさせてみましょう。

【5】体力作り・筋力向上に適した食事を摂る

人の身体は食べたものでできあがります。パパママが忙しいとつい、コンビニ食や総菜、レトルトに偏りがちですが、それでも構わないのでなるべく栄養バランスを考慮した食事を心がけましょう。

身体を作る栄養素をしっかり摂れば、効率よく体力もアップします。毎日は大変かもしれませんが、体力作りに適したメニューや食材の組み合わせをいくつか頭に入れておき、時間的な余裕のある時だけでも子どもの体力向上をサポートをしてあげるといいですね。

子どもの体力作りにおすすめの習い事3選

コドモブースターがおすすめする「体力のつく習い事」をピックアップしてみました。

【1】スイミング

スイミングは、赤ちゃんの頃から始められるスポーツの習い事です。赤ちゃんはお母さんのお腹の中で羊水に浮かんでいたくらいなので、実はスイミングが得意なのです。親子でスイミングスクールに通う方も増えていますよね。

そんなスイミングは、水の中で行われるスポーツのため、浮力が働き、成長期の子供の体に負担をかけすぎることがないことが魅力です。普段の生活では使うことの少ない筋肉を中心に、全身の筋肉をバランスよく鍛えることができます。

スイミングにかかる費用は、5,000円から10,000円が相場です。小さい子の方が、費用が高い傾向があります。また選手コースなどを目指す場合は、全体的に3,000円ほど高くなります。

【2】体操教室

体操教室の魅力は、基礎的な体力に加え、柔軟性やバランス感覚が身につくことだと言えます。子供のレベルにあった適度な運動を、その子のペースで進めていくことができるのも人気です。

体が柔らかくなると、怪我をしにくくなります。小学校ではなかなか教えてもらう時間の少ない、鉄棒、平均台、跳び箱、マット運動など道具を使った運動ができるようになります。これらの基本的な動作ができるようになるまでの1年間から2年間だけ体操教室に通わせたいと考えるお父さん・お母さんもいるほど、人気があります。

体操教室の費用は週に1回、月に4回のレッスンで、4,000円から8,000円が相場となります。

【3】空手

空手は、基礎体力だけでなく精神面も鍛えてくれそうなイメージがあり、子供に習わせたい習い事のランキングの上位に出てくることが多いです。実際、精神的に鍛えられるのは事実です。ですが、注目していただきたいのは、空手のレッスンは時間の半分以上を基礎的なトレーニングに当てることが多いということです。

正しい姿勢で、空手の基本的な動作を繰り返すことで、体幹が鍛えられ、体力がつきます。

空手の費用は、比較的安価に設定されていることが多く、3,000円から5,000円が相場となります。

これ以外にも、子供が興味を持ったスポーツがあれば、まずは始めることが大切です。是非体験に参加してみてください。

体力向上には食事も大事!

最後に、子どもの体力作りにつながる「食事」について考えてみましょう。

子どもの体を作るために、1日3食きちんと食べることが大切なのは言うまでもありません。良く耳にする「一汁三菜」が理想ですが、あまり堅苦しく考えず、3食を楽しくおいしくいただくことを意識しましょう。その上で、取り入れることをおすすめする食材やメニューをご紹介します。

エネルギーの元【炭水化物】

ご飯・パン・餅などに含まれている栄養素です。3食きちんと取りましょう。とくに朝の炭水化物は重要。小さなおにぎりをたくさん用意して、ぱくぱく食べるなど楽しく食べる工夫ができると良いですね。

身体を作る【タンパク質】

成長に欠かすことが出来ないのは、肉・魚・卵・豆・乳製品に含まれるタンパク質です。いずれもバランスよく、肉だけ魚だけと偏らないように心がけましょう。タンパク質には、疲労した筋肉を回復させる効果もあります。豚肉のショウガ焼きと、納豆やひじきといったメニューでも、タンパク質を摂ることができます。

調子を整える【ビタミン・ミネラル】

ビタミン、ミネラル、食物繊維も忘れずに摂取したいですね。海藻やきのこを入れた野菜サラダなど食べやすいメニューがおすすめです。

体力たっぷりの健康的で元気な子どもに!

子どもたちの吸収力が格段に早いのは、子ども時代のうちに長い人生を生きながらえるための身体作りや体力作りの基礎を終えるため。子ども時代にきちんと体力をつけられなかった子どもは、大人になってから健康面で苦労する傾向が強いのです。

近年、両親が忙しい家庭が多く子どもの孤食が問題になっています。なるべく家族で揃って食卓を囲む時間を増やすことで、子どもの自己肯定感やコミュニケーション能力の向上もうながされますよ。

子どもたちの力を信じて体力をつけ、健康的な体に成長させてあげたいですね!

友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

キャンペーン終了まで、あと1日!
7月のキャンペーン

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す
キャンペーン終了まで、あと1日!
7月のキャンペーン
7月のキャンペーン