子どもの習い事の付き添いはいつまで?送迎付きや送迎サービスも!

吸収力が高く、感受性が豊かな小さい内に、子どもには色々な習い事をさせて、様々な可能性を与えてあげたいものです。習い事を増やすのは簡単ですが、そこについて回るのが、子ども達を各習い事の教室へ連れていったり迎えにいったりといった送り迎えの問題です。また、習い事の種類によっては保護者の付き添いが必要な場合があります。
ここでは子どもの年齢や習い事の種類による、親の関わり方の違いや、教室の送迎に関するサポート体制を紹介します。子どもの成長や生活スタイルに合わせて子どもの興味を引き出してあげましょう。

習い事の付き添いはいつまで

子どもの習い事に親が干渉する度合いを測るのはなかなか難しい事です。年齢がまだ低い小さい子であれば、親が付き添う事で、家庭でも習い事のフォローができますが、小学校高学年以上ともなると、子どもの自立心などを生むためにも親が習い事の授業内容までしっかりチェックするというのはなかなかない様です。

一般的に、一人ではまだ不安な幼稚園以下では保護者が付き添い、ある程度一人でできる事が多くなる小学校低学年位からは、親は教室への送迎のみで、レッスン自体は一人で受けさせる事が多い様です。また、一人で行動できる範囲が広がる高学年にもなると、教室への行き帰りも自力で行かせるご家庭が多くなります。

子どもの自立心を鍛えるといった面でも、徐々に親の手を離れさせて、自分の意思で習い事に通っているという意識を高めるという事がポイントになってきます。

付き添いが多い習い事

幼稚園以下の年代のお子さんは、慣れてない人にはまだ心を開けず、恥ずかしがって自分から発言できない事も多くあります。そんな時、同じお部屋の中にお母さんやお父さん、またはよく知っている人がいると、落ち着き、安心してレッスンに臨めます。よって、幼稚園を卒園するぐらいまでは、習い事には親の付き添いが必要だと思っておいた方が良いでしょう。

特に、ピアノなど、ご家庭でやる宿題が出る場合は、親による家庭でのフォローも必要になってきます。バレエも親が教室内で見守る事が多い習い事の一つです。学校や地域で行なっているようなサッカーや野球などのチームスポーツの習い事だと、試合の引率、練習のサポート等で親が当番制などでフォローに入らなければならず、付き添う形になります。これは高学年のお子さんをもつ親でも、当番が回ってくる可能性があるので、年齢に関係なく比較的付き添いが必要になる習い事です。

付き添いが少ない習い事

逆に、スポーツジム内での習い事のような、ある程度月謝のかかる習い事だと、幼稚園生だろうが小学校の高学年だろうが関係なく、付き添いがいらない場合があります。この場合はたとえ幼稚園生や小学校低学年の子どもであっても、ジムや練習場所への送り迎えのみになりますので非常に楽です。

その分、どの様な雰囲気でレッスンをしているのかわからないので不安だという人もいるかもしれません。クラブチームやスポーツジムなどは、付き添いの義務はないけど、見学はできますといった制度を設けている場合もあります。設備の整っている練習会場だと、見学のためのブースなどが設置されている場合もあります。この様なサービスを利用すれば、子どもの成長や、様子に合わせて親の関わり方を決める事が比較的簡単になります。

送迎付きの習い事や送迎サービス

スイミングスクールをはじめとするスポーツジムでは、送迎バスのサービスを行なっている事があります。自宅前まで送ってくれるのもあれば、自宅近くのバス停や空き地や公園などのみんなが使いやすい場所までの送迎など、スクールによって様々です。

また、費用に余裕があれば、送迎シッターを雇い、お願いすることもできます。タクシーのサービスとして、学校や塾、習い事への送迎をしてくれるサービスもあります。それぞれ、子どもに慣れている運転手さんが対応してくれるので安心して任せることもできます。更に、毎回同じ運転手さんという、顔なじみの人が迎えに来てくれるので、子どもの立場からも安心です。そして、ファミリーサポートという行政のサポート体制もあります。

共働きの多いこのご時世、中々、子どもの習い事に合わせて仕事のスケジュールを調整することが難しいご家庭は多いです。こういったサービスを上手に利用して親子共に無理なく続けられる工夫をしましょう。

子どもの成長や生活スタイルに合った習い事を

習い事は子どもが小さい時に始めれば始めるほど、送り迎えや付き添いなど親の負担は大きくなります。これはどの様な習い事であっても、子どもが小さければ必要になってくるフォローです。しかし、子供が成長するにつれ、一人でできる事が多くなってくると、徐々に親の負担は軽くなります。もちろん、どの様な習い事をするかによって、必要とされる親の関わり方に違いはあります。

できるだけ、子どもの夢や希望に沿った習い事をさせてあげたいものですが、無理なく続けるためにも、考えられる親の負担がどの様なものなのか、親の出番がどういった場面で必要なのかも吟味して、決めると良いかもしれません。そして、送迎バスなど様々なサービスが展開されていますので、そういったサービスの利用も含め、子どもの成長や、生活スタイルにぴったりの教室を見つけられるかどうかが大切です。

友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す