小学生の塾からの平均帰宅時間はサラリーマン並!?通塾者の直面する厳しい現実

学習塾に子どもを通わせているというママパパは多いと思います。
勉強はできるに越したことがありませんし、中学受験を考えている家庭の場合は、学習塾は必須の習い事といっても過言ではありません。
しかし、その塾からの平均帰宅時間が何時か知っていましたか?なんとサラリーマン並に遅いんです。

そこで今回は小学生の塾からの平均帰宅時間について紹介すると共に、お子さんを塾に通わせている家庭の直面する厳しい問題についても紹介します。

キャンペーン終了まで、あと7日!
友だち追加

学習塾からの平均帰宅時間

ベネッセ教育総合研究所の調査によると、小学生の学習塾からの帰宅時間の平均は19時21分だそうです。
これだとギリギリ夕飯時間に間に合いそうですよね。しかし、この統計は補習塾・進学塾双方が含まれています。
補習塾・進学塾で帰宅時間はかなり大きく異なります。補習塾のみの場合の帰宅平均時間は18時47分。
しかし、進学塾のみの場合の帰宅平均時間20時47分。
更に驚くことには平均帰宅時間が21時の子どもが22%、22時の子どもが18%、23時の子どもが15.3%もいます。
すなわち、進学塾に通う子どもの場合、半分以上の子どもが21時以降に帰宅しているということになります。

塾っ子の夕飯事情

では、21時以降に帰宅する子どもは夕飯をどうしているのでしょうか?
大人でも21時以降に夕飯を食べることはあまりありませんよね?

お弁当を持たせるママ・パパが多数!

塾とはいっても休憩時間が全くないわけではありません。
10-15分程度の休憩時間が設けられています。
ですから、その間にお弁当を食べるというお子さんが多いみたいです。

送迎は?

それだけ帰宅時間が遅くなると子どもの送迎が必要になりますよね?
比較的治安の良い日本といえども、夜道を子ども一人で歩かせるのは危ないものです。
そこで一般的な家庭の送迎事情を紹介します。

子供の送迎を大変と思っている人は60%以上!

ベネッセ教育総合研究所の調査によると小学生の塾の送り迎えをしているママパパは約6割いるようです!
そしてさらにその6割のうち、6割以上の人間が送り迎えを大変であると感じているようです。
以下で具体的にどのようなコメントが寄せられているのかをご紹介します。

  • 「平日は毎日仕事をしており、送迎のために残業せず大急ぎで帰ってこなければならない」
  • 「迎えの時間が遅く、下の子どもたちを寝かしつけてから迎えに行くので、とてもたいへんです」
  • 「夕方の忙しい時間に出たり入ったりしなくてはいけない」
  • 「姉弟で習い事が異なり、曜日・時間帯が違うのでたいへん」


特にフルタイムで仕事をしているママパパにとって子どもの送り迎えは大変だそうです。
また、兄弟で異なる習い事をしている場合も、送り迎えの時間・曜日が異なるためかなり大変になるということが伺えます。

みんな子供の送迎を誰にまかせているの?

送り迎えを担当している人は母親が49.7%、父親が41.7%とやはり両親が担当している場合が多いようです。
しかし、少数ながら祖父・祖母や知り合い、シッター・代行サービスを利用しているママ・パパもいるようです。

送迎にかかっている平均時間は?

7割以上の家庭で、送迎に片道30分程度かけているようです。
すなわち、往復で約1時間程度かかっているということですね。
これは、両親がフルタイムで共働きをしている場合かなり大変になりそうですね。

塾以外の選択肢

このように聞くと通塾は小学生のお子さんにとってかなりハードスケジュールのような気がしますよね。
そこで普通の塾に通う以外の選択肢を紹介します。

1.オンライン塾

オンライン塾とは一言で言うと「動画配信授業」のことです。
有名講師による動画授業をスマホ・パソコンで見られるほか、動画終了後にオンラインで確認テストを受けることもできます。
オンライン塾のメリットとして好きな時間・場所で見れるということと低価格な授業料があげられます。
更に地方にいても有名講師による授業を受けることができますよ。
ただしすぐに質問ができない・動画視聴最中に寝てしまう可能性が多いので注意も必要です。

2. 家庭教師

家庭教師なら自宅で授業を受けることができるので通塾する必要がなく、帰宅時間を気にすることもありません。
さらに、お子さんの理解度に合わせた授業をしてくれるので疑問点もすぐに解決できますね。
ただし、家庭教師のデメリットとして高価格な授業料があげられます。
家庭教師の先生の場合は自宅までの交通費を払う必要もあるので普通の塾よりもやはり月謝が高くなります。

子どもの負担はできるだけ小さく!

今回の記事では、通塾する家庭が直面する厳しい現実を紹介しました。
遅い帰宅時間・手間のかかる送迎など大きく2つの問題があったと思います。
その塾をお子さんが楽しんでいて、有意義であるなら良いですが、お子さんがイヤイヤ通塾しているなら注意が必要です。
塾以外の選択肢も検討してみてはいかがでしょうか?

友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

キャンペーン終了まで、あと7日!

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す
キャンペーン終了まで、あと7日!