習い事の送迎はいつまで?様々な送迎サービスをご紹介!

お子さんが成長してくると、いろいろなことに興味を示しはじめるようになります。お子さんが興味を持った時は習い事を始めるのにはいいタイミングですが、幼い時期は、送り迎えをしてあげたいですよね。ただ、共働き家庭だと、習い事の時間に間に合わず、送り迎えをどうするかが問題となりがちです。

そんな場合におすすめなのが、さまざまな送迎サービスです。せっかくの子どものやる気は、どうにかサポートしてあげたいものです。

今回は、いつまで送迎が必要なのかについてご説明し、加えて送迎サービスについてもご紹介します!

習い事の送迎はいつまで

子どもの習い事の送迎は、いつまでするべきでしょうか。

これは、小学校低学年の内は保護者が送迎し、高学年からは子どもだけで通わせるというのが一般的な傾向です。とはいえ、時間帯や地域の状況によっていつまで送迎するべきかは変わってきます。暗くなる時間帯や、人通りのほとんどない道路を通るのであれば、子どもが不審者に出会う可能性は高くなります。

また、よく知らない道をひとりで通うのは、高学年でも何かと不安になるでしょう。行く時間帯は外が明るいので子どもひとりで行かせ、帰りは暗くなるので迎えに行くというケースもあります。また、歩き慣れるまでは送迎し、慣れてきたらひとりで行かせるという場合もあります。

お子さんの年齢でいつまでと決めるのではなく、臨機応変に、不安な要素があれば送り迎えするといいでしょう。

スクールバス

両親どちらも送迎が難しい家庭で、お子さんが習い事に通うことを希望している場合、スクールバスを運行させているスクールを利用するのもひとつの手です。多くのスイミングスクールでは、スクールバスを走らせています。また、スポーツジムもスクールバスが利用できるところがたくさんあります。

スポーツジムでは、スイミングのレッスン以外に、体操や空手、ダンスなど、さまざまな種類のレッスンを開講していることがあります。お子さんが希望している習い事があるか調べてみましょう。ただし、スクールバスの停留所が自宅近くにあるかどうかという点と、スクールバスが有料の場合もあるので、月にいくらかかるかということはしっかり確認しましょう。

送迎タクシー

現在では、タクシー会社によっては子どもの送迎サービスを行っているところがあります。タクシー会社によってシステムに多少の違いはありますが、一般的には事前に登録し、予約すると、決まった時間に自宅から習い事の場所まで送り、帰りも迎えに来てもらえるというサービスです。

送迎が終了した後にはドライバーから連絡が入るようになっているところが多く、安心できます。通常、ドライバーは研修を受けており、子どもに関する知識があり、子どもへの対応にも慣れています。そのため子どもだけで安心して任せることができます。タクシー会社によっては女性ドライバーを選べることもあります。

こういった送迎サービスの場合、多くの場合料金のやり取りを子どもとすることはなく、後日精算の形になります。

送迎シッター

送迎を、ベビーシッターに頼むという方法もあります。ベビーシッターというと、家に来て乳児のお世話をしてもらうものと思っている方もいるかもしれません。しかし、ベビーシッターの対応範囲は広く、子どものお世話以外にも、習い事の送迎をお願いすることもできます。習い事が始まるまでは家で子どもの相手をしてもらったり、買い物や掃除などの家事代行サービスをお願いできるところもあります。

利用の際は、ベビーシッター派遣会社に登録し、希望にあったシッターを派遣してもらうのが一般的です。ベビーシッター会社によって、入会金や月会費が必要なところとないところ、定期利用で料金が安くなるところなどさまざまですので、よく調べて登録しましょう。

ファミリー・サポート

自治体が推進する子育てサポート事業のひとつに、ファミリー・サポートというものがあります。これは、育児に関して援助を行いたい人が提供会員となり、育児の手助けを受けたい人が依頼会員となって支えあう組織のことです。サポートセンターによって異なりますが、手助けを受けられる子どもの対象年齢は、おおむね乳児から12~14歳までとなっています。

利用の際は事前に登録し、実際に送迎をお願いする前には双方の会員が顔を合わせて打ち合わせを行うため、どんな人が来るかがわかり、安心です。料金は、センターにより異なりますが、平均して平日で時間当たり800円程度と安価です。短時間利用もOKなので、送迎のみお願いしたい場合におすすめです。

生活スタイルと年齢に合ったサービスで送迎をサポート

子どもの成長につれて、友だちに影響されたり、お子さん自身が色々なことに興味を持ち、習い事に行きたがるようになります。

子どもを習い事に通わせるときに、多くの家庭で悩みとなるのが送り迎えの問題です。特に、共働き家庭では、父母のどちらも習い事の時間には間に合わず送り迎えが難しいことも多いでしょう。しかし、現在は、スクールバス、送迎タクシー、送迎シッター、ファミリーサポートと、様々な送迎サービスがあります。

サービスによって利用のしかたも料金もそれぞれ大きく異なりますので、家庭の状況や子どもの年齢にあったサービスを選択し、使い分けるなどして賢く利用しましょう。そうすることで、父母が送り迎えできなくても、お子さんを安心して習い事に通わせることが可能になります。 

友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す