何歳から子供に自転車を乗らせる?場所は?効果的な練習方法も

子供に自転車の練習させたいけどどう教えたらよいかわからない。練習させてるけど子供はなかなか上手く乗れるようにならず悩んでいるママパパは多いのではないでしょうか。子供が楽しく自転車をのれるようになるポイントをお伝えします!

キャンペーン終了まで、あと9日!
友だち追加

子供の自転車デビュー、いつがいい?

そもそも子供は何歳くらいから自転車にのるものなのでしょうか。もっとも小さい自転車サイズは12インチ,2歳から4歳の子供向けにつくられています。ただ,2歳の子が一人で乗ることは難しいので「舵取りタイプ」のものや「ペダルなし自転車」が人気です。

必要な道具は?

初めて子供を自転車に乗せためには何が必要か,どこで練習するのがよいのでしょうか。

まずは必要なのは,転んでも安心な「ヘルメッド」。そして長そで,長ズボンで練習するのがよいでしょう。そして練習場所!アスファルトでは転んだときの痛みで自転車への恐怖心が強くなってしまう可能性も。芝生の大きな公園で練習できたらいいですね。われわれからのおすすめ練習スポットは,「交通公園」公道を模してつくられた、信号や標識のある敷地内で、サイクリングを楽しみながら、交通ルールを学べる公園です。

さまざまなサイズや形の自転車があります。足踏みゴーカートなんかも置いてあります。

自治体が運営する視線なので無料で遊べます。何よりも,たくさんの子どもたちが集っているので,たがいに刺激しあいながら,乗れない子もすぐに乗れるようになっていきます。

これでバッチリ!自転車練習方法を解説

自転車はスピードに乗れば安定しますが、チョンチョンと地面を蹴っているだけだとフラフラして恐いもの。したがってチョンチョンではなく,ズンズン前進するようにしてあげることが大切です。そのために必要なのはこの3つのステップをお伝えしましょう!

STEP1.スタート時の足の位置を前へずらす

手を足に添えて、できるだけ前方に接地するようにしてあげましょう。すると、自然に地面から足が離れる時間が長くなります。

STEP2.地面を蹴るのに合わせ、サドルを軽く押す

子どもが地面を蹴るタイミングで軽くサドルを押すと,すいっと前進し,足の滞空時間がさらに伸びます。スピードが出るとバランスもとりやすくなるので子供も楽しくなってきます。

進行方向のずっと先を見るようにさせる

ふらふらが怖い子供が多いのですが,そんな子は足元ばかりをみている可能性があります。「こっちこっち」と声をかけるようし,前をみるように助けてあげましょう。そうすると姿勢は安定,恐怖心も幾分やわらぐようです。地面から足が離れる時間が長くなりすぐに大きく地面を蹴ることができるようになります。

子供とサイクリングに行ける日もすぐそこ!

天気のいい休日に家族そろってサイクリングなんて楽しみがすぐそこに!そして,道路に送りだすまえに交通ルールはわかってもらいましょう!家族で安全に楽しいサイクリングを!

友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

キャンペーン終了まで、あと9日!

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す
キャンペーン終了まで、あと9日!