子供に日本舞踊を習わせるメリット・デメリットは?平均費用はかなり高いの?

日本舞踊というと高級そうな習い事のイメージがありますよね。由緒正しい家柄のお子さんが習っているイメージがあるという方もいるのではないでしょうか?

しかし、実際本当に日本舞踊は高い習い事なのでしょうか?そういった疑問を解決すべく今回は習い事としての日本舞踊について調べてみました。

日本舞踊を習わせるメリット・デメリットから日本舞踊を習ううえでかかる月謝・平均費用までまとめたのでぜひ御覧ください。

キャンペーン終了まで、あと13日!
友だち追加

日本舞踊を習うメリット・デメリットって?

日本舞踊を習うメリット・デメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

メリット

1.礼儀作法が身につく

これは容易に想像できることだと思いますが日本舞踊を習うと礼儀作法が身につきます。特に、目上の人に対する接し方を学ぶことができます。ですから、社会人になって働く時も上司に対して正しい態度で接することができます。

2.着物の着付けができるようになる

日本舞踊の稽古は基本着物を着て行われます。この着物は子供自身で着付けなければいけません。最初のレッスンで着物の着付けから始めるという教室もあるそうですよ。その為、着物の着付けを完璧にマスターできます。昨今の日本で、着物の着付けをできる人は少ないので、着物の着付けができると自慢になりますよ。また、冠婚葬祭でどうしても着なければならない時にわざわざ着付ける人を探す必要もなくなります。

3.日本の伝統文化を学べる

日本舞踊事態が日本の伝統文化なので当たり前ですね。また、外国の人に対しても日本の伝統文化を紹介することができますよ。

4.歳をとっても続けられる

実は、日本舞踊は80歳になっても続けられる踊りです。なぜならば、ヒップホップなどと違って踊りが激しくないからです。また、重心を下にとるポーズが多いのでインナーマッスルも鍛えられますよ。

デメリット

1.値段がかかる

これは後でも述べますが、結論からいうと日本舞踊はお金のかかる習い事です。特に他のダンスの習い事と同様に発表会に値段がかかります。先生によっては、浴衣のみで発表会を行うという場合もあるそうですが、ほとんどの場合きちんとした着物や鬘をかぶって行います。着物や鬘はレンタルだけでも予想外に高いですよ。また、持ち物を全て揃えるのでも値段がかかります。これも後述しますね。

2.発表会では親のサポートが必要

普段の稽古では親が出る幕はあまりありません。しかし、発表会となると話は別です。衣装の準備から化粧、練習の付き添いまでしなければなりません。また、発表会直前は夜遅くまで行われる練習にも付き合う必要があります。

どのくらいの値段がかかるの?

日本舞踊というと高そうな習い事のイメージがありますよね。実際、どのくらいの値段がかかるのでしょうか?以下で見ていきましょう。

月謝は?

月謝相場は約5,000円〜50,000円と幅があります。しかし、子供に習わせる場合は安価の方で良いでしょう。また、50,000円という値段は個人レッスンを受ける場合の値段になります。

更に、日頃の感謝としてお中元・お歳暮を月謝の一ヶ月分の金額をお渡ししなくてはいけない風習もあるようです。

どんな持ち物が必要なの?

日本舞踊というと持ち物が大量に必要なイメージですよね。しかし、実際にどのような物が必要なのでしょうか?

普段の稽古に必要なもの

普段の稽古で必要なのは、以下のようなものです。

  • 浴衣
  • (男性は角帯、女性は半幅。
  • 白足袋(柄物は避けましょう)
  • 腰ひも(女性は2本・男性は1本。綿またはモスリンならOK)
  • ステテコ(当稽古場はハーフパンツでもOKです)
  • 肌襦袢(半袖のもの。当稽古場はタンクトップやTシャツもOKです)
  • お扇子(骨が10本で親骨←両サイド外側の2本の骨に鉛の入った舞扇。サイズは九寸五分か尺。尺は約33cm)
  • 手拭い(お土産用は短いのでNG。)

稽古に行くだけでも必要なものが多いですね。教室によっては浴衣などをレンタルサービスしてくれる場合もありますよ。

親はどうやってサポートすればいの?

ダンス系の習い事って、親の大きなサポートが必要で面倒そうですよね。

普段の稽古

普段の稽古ではサポートの必要がありません。着物の着付けする必要あり?って人も多いですが子供が自分でやるので心配無用です。

発表会

かなり費用がかかります。

発表会では衣装から大道具、会場費、スタッフの日当やお弁当代、 先生へのお礼などなど様々な費用がかかります。

先生の方針によって異なるそうですので、あまり値段をかけたくない人は事前に確認をしてみてはいかがでしょうか。

日本舞踊を習うのは大変!

日本舞踊を習うのにはかなり大きな値段がかかります。習う際はじっくり考えましょう!

友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

キャンペーン終了まで、あと13日!

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す
キャンペーン終了まで、あと13日!