リトミックのハンドサインとは?親子で始められる年齢や効果は?

幼稚園や保育園などにも広く普及して、一般的なものになってきているリトミック。子供の習い事にいいかもしれないけど、実際にはどんなことしているのかよくわからないと考えているパパ・ママいらっしゃるのではないでしょうか。リトミックは、音楽と体操を組み合わせたような、新しい音楽教育の方法になります。

創造力や協調性を養ったり、リズム感や運動神経を身に付けるために、最適な方法だと言われています。最近では、従来のリトミックに加えて、ハンドサインというものが導入されることも多くなってきています。ここでは、ハンドサインというのがどういったものなのか、どこで習えるのかといったことをご紹介します。

キャンペーン終了まで、あと8日!

リトミックとは?

リトミックというのは、スイス人の音楽家であるエミール・ジャック・ダルクローズという人が開発した、子供の音楽教育のための方法になります。元々音楽教育と言えば、楽譜を読んだり楽器を演奏したり、ということが主流でしたが、音楽教育家でもあったダルクローズは、そこに新しいやり方を持ち込んだのです。

リトミックというのは、音楽を学ぶのではなく、音楽を楽しむことをコンセプトにした教育方法です。子供たちは、先生や講師の演奏するピアノなどに合わせて、ダンスをしたり、身体を動かしたりしながら音楽を学んでいきます。音楽を聴く、という行為に加えて、そこに身体を動かす動作を取り入れることで、音楽を実際に体感できるものとして捉えられるようになります。

リトミックを始める年齢と知育効果

リトミックを始める年齢は?

リトミックは、なるべく早い段階から始めるのが良いと言われています。最近では、乳児クラスからリトミックを行っている教室などもあります。一般的には保育園や幼稚園などに入ると、そこでリトミックを習い始めることになりますが、乳児クラスであれば、0歳児から2歳児くらいが、リトミックを始める年齢となります。

リトミックの知育効果は?

知育効果としては、音楽を直感的に感じ取れるようになり、音階の把握に対して敏感になります。つまり、音階による音の違いを聞き分けられるようになるのです。また、反射神経や即応力なども身に付けることができます。音に合わせて身体をスムーズに動かせるようになるため、活動が活発的になり、友達と積極的に遊ぶようになったりして協調性も身に付いていきます。

リトミックのハンドサインとは?

リトミックの中には、ハンドサインというものもあります。これは、比較的最近になってから作られた新しいリトミックの種類になります。従来のリトミックでは、音楽に合わせて体を自由に動かしたり、楽器を鳴らしたりすることが中心でしたが、ハンドサインの手法では、音階に合わせてそれぞれ決まったポーズを取ることになります。

例えば、ドの音であれば、膝の上に両手を置く、レの音であれば、両手を広げるようにやや下に差し出す、といった具合です。ハンドサインを用いれば、音階を身体のポーズの変化に合わせて感じ取ることができるため、絶対音感を養うのに適しています。また、音階がだんだんに上がっていくような曲であれば、音の盛り上がりを体感できるようになります。

ハンドサインを始められる年齢は?

ハンドサインは、ある程度運動ができるくらいの年齢になってから行われることが多いですが、乳児の段階からでも始められます。その場合には、お母さんやお父さんなどが一緒についていて、音楽に合わせて子供たちの身体を動かしてあげる、というやり方が取られます。こういった方法であれば、親子のコミュニケーションを図ることもできます。

どんな知育効果があるの?

ハンドサインの知育効果としては、音感を把握する能力を身に付けられることや、メロディーの流れを体感として覚えられるということがあります。音楽という耳で聞く抽象的なものを、身体の動きとして具体的につかんでいくことができるわけです。そのため、ただ楽器を演奏したり楽譜を見たりするよりも、音楽的な創造力や理解力をより深く養うことができます。

ハンドサインをしている教室をご紹介!

リトミックのハンドサインは、多くの教室で導入されていますが、国立音楽院の認定校であるリトミック教室などでも行われています。国立音楽院の認定するKMAこども音楽教室は、東京や神奈川、埼玉などを始めとした日本各地にあります。

受講できる年齢は、教室によって様々ですが、0歳児から2歳児くらいの乳児も受け入れている所もあります。ベビー向けのリトミック教室では、通常お母さんと子供が一組となって受講することになります。その場合、子供を膝の上に乗せて、音楽に合わせて手を開いたり、上下させたりというやり方をします。

受講料は教室によって違います。一般的な目安としては、入会金が5000円程度。一ヶ月の受講料が2000円から5000円くらいだと考えておくと良いでしょう。

リトミックのハンドサインは面白い!

このように、音楽を学べるだけでなく、様々な知育効果があるのが、リトミックを利用した音楽教育の特徴です。とくにハンドサインが導入されている場合、乳児期の段階であれば親子のスキンシップができること、もう少し成長した年齢であれば、音楽をより体感的に学べることがそのメリットだと言えます。

リトミックのハンドサインは、それぞれの教室によって独自のものが使われているケースがあります。そのため、どれが正解というものはありません。乳児向けのハンドサインは、お母さんが子供の身体を動かしやすいようなものになっています。音楽との一体感が感じられることが、ハンドサインを利用する際の理想だと言って良いでしょう。

リトミックのハンドサインを経験することで、子供たちは、音楽をより生き生きと実感できるようになります。

友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

キャンペーン終了まで、あと8日!

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す
キャンペーン終了まで、あと8日!