子供に絶対音感を身につける方法3選。訓練の適齢期と訓練の方法を解説!

小さな子供が絶対音感を持ち、自由自在に音を奏でる姿などがテレビなどのメディアで多く放送されています。そんな子供の姿を見て「カッコいいなぁ!」「うちの子もあんな風に音楽を演奏することができたらなぁ!」と思われているパパやママを少なくないのではないでしょうか。

絶対音感は7歳までの子が訓練をすれば絶対に身につけることができると言われています。今回の記事では、絶対音感を身に付ける方法や、絶対音感を身に付けたことで得られるメリットを紹介しています。

注意点なども細かく紹介していますので、お子さんに絶対音感を身につけさせたいとお考えのパパやママ必見ですよ!

本日お申し込み最終日

絶対音感はいつまでに身につくの?

絶対音感はいつまでに身につけることができるのかご存知ですか?絶対音感は「7歳までに音楽教育を徹底することにより誰にでも身につくもの」と言われています。もちろん、何事も早いに越したことはありません。だからといって何もわからない時期に始めるのも、ためらってしまいますよね。

適齢期というのは、6歳までのお子さんが興味をもったその時です。興味を持てば、子供の脳はスポンジのように吸収していきます。興味がないのに無理やりやらせれば、嫌がってそのものを嫌いになってしまうかもしれません。お子様が興味を持ったその時に始めさせてあげるのが一番と言えます。

絶対音感を身につける方法3選!

絶対音感を身に付ける方法を3つ紹介します。

まず一番大切なのが、常に音に触れること。音のなるおもちゃや絵本以外にも机をたたく音や物を転がす音。常に音と触れさせてあげることが大切です。

次に、音階を理解することが大切です。音階を正しく理解していなければ何も始まりません。「ドレミファソラシド」を覚えるところから始めていきましょう。

3つめはピアノの鍵盤などを叩いて「音当てクイズ」をしてみましょう。お子さんの好きな童謡や歌を聞かせ、どの音から始まっているのかクイズ形式で遊ぶのもいいですね。

最近では絶対音感アプリなども配信されているようです。親子で楽しみながら身に付けることができるのが一番ですね。

訓練をするときの注意点は?

絶対音感を身に付けるための訓練を行う上でもちろん注意すべき点もあります。

それは、子供に無理強いをしないこと。

外で遊びたがっている子供に無理やり音楽を聞かせても集中もしないし、嫌いになってしまうだけで逆効果です。外で遊びたいなら外で遊ばせてあげて、お家にいる時間に「ママが音楽聞きたいから歌を流すね!」などとBGMのように音に触れさせてあげればいいのです。

子供の教育に必死になってしまう気持ちもわかりますが、個性を大切にのびのび成長させてあげることが大切です。

絶対音感はもってて損はない!

絶対音感をもっていれば「カッコいい!」以外にももちろんメリットがあります。絶対音感を持っている子とそうでない子にくらべ、楽譜の読み方さえ覚えたら理解するスピードは全然違いますし、音を自由に奏でることもできます。

音楽理解の速さから、音程も正確にとること、リズムも正しくとることができることから、音楽だけでなく様々な分野へ可能性が大きくなります。将来のお子さんの視野を広げてあげるために、楽しく絶対音感を身に付けることができたらいいですね。

友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

本日お申し込み最終日

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す
本日お申し込み最終日