子どもの習い事の平均データを紹介します!習い事に関する平均(最新版)

子供の将来に期待するのは親なら当然のことです。とはいえ、どんなものに興味があって、どんなものに才能を発揮するのか、見極めるのは難しいもの…。まずは色々なことにチャレンジさせて、才能を見つけたいと考えている親も多いはずです。ただ、やみくもに習い事をさせても子供の負担になってしまいますよね。

最近のパパ・ママは習い事をいくつやらせて、また費用をかけているのでしょうか。子供の成長に合わせて気になる習い事事情を平均値とともにチェックしてみましょう。

キャンペーン終了まで、あと6日!

子どもたちは何歳から習い事をするのか

習い事の多くは対象年齢を3歳からとしています。幼稚園に通い始めるタイミングは社会生活に慣れたり、大人の言っていることをきちんと理解できるようになる年齢なので、ここがベストタイミングと考える親が多いのが現実です。実際に20%の子供が3歳から習い事を始めており、3歳までに習い事を始めたという割合も30%ありました。

0歳から2歳までに習えるものは限られますが、英会話やリトミックなど親と一緒に参加できるものに集中しています。ベビースイミングなどもその一つになっていますが期間限定なので、その後は子供だけのクラスに変えれるかがポイントです。3歳の次に多かったのが4歳で、7割以上の子供たちが4歳までに何らかの習い事を始めているという結果になっています。

親としては小学校に入るまでに始めたいという思いが強くあり、本格的に技術を身につけるにはなるべく早く始めるべき、という考えが根強くあることがうかがえます。とはいえ、習い事の種類や本人の性格によってもベストタイミングというのは変わってきますので、子供の様子を見ながら焦らずにチャレンジさせていくことが大切です。

いくつ習いごとをするのか

子供に何か習い事を、と考えたときにあれもこれもとスケジュールを入れてしまうと、親子で忙しくなり結果的にどれも集中できないという残念な結果になってしまうことが考えられます。実際習い事の平均的な数は2つで、週に2回、または3回ほど通うのが一般的な平均値です。幼稚園や小学校に通っているとなるとウィークデーに2回、週末に1回でもかなり忙しいと感じるはずです。さらに宿題や練習など自宅学習が必要なものもあるので注意しましょう。

組み合わせの方法は文科系と運動系に分けてあげると2種類でも全く違った感覚で続けていけます。女の子に人気なのはピアノや英会話などと、身体を動かすバレエやダンスなどの組み合わせ。男の子の場合はサッカーや野球、スイミングなどのスポーツとそろばんや書道などの文科系の組み合わせがよいでしょう。もちろん、芸術を極めたりスポーツを極めたりしても構いませんが、子供の秘められた才能に気づくという面ではバランスよく習いに行かせてあげるのがおすすめです。もちろん、長く楽しく続けてもらうためには子供の意見を尊重して、興味のあるものを選んであげるということも必要です。

習い事にかける月の費用は?

習い事で一番頭を悩ませるのが月謝の問題です。毎月コンスタントにかかるものなので、最初に無理をしてしまうと後々大きな負担となってのしかかってきます。一般家庭の平均的な習い事への費用は5000円から1万5000円ほど。文部科学省のデータでも幼稚園児の園以外の活動費は8万4000円、私立の園児では15万1000円となっているので12月で割ると7000円から13000円となり、習い事にかける費用とほぼ同額ということが分かります。ここで注意をしたいのが、毎月かかる月謝以外にも費用が必要なものや教材などが必要な場合です。

ピアノやバレエの発表会ではまとまった金額が必要になりますし、楽器そのものやメンテナンス、シューズや衣装などといったものに際限はありません。習い事を始める前に、それがどんな世界なのかを学習しておくことも必要です。子供を落胆させないためにも、始めたからには協力できる体制を整えておきましょう。本格的に習いたいといったときの海外留学や進学のための費用など、将来に備えてコツコツ貯蓄していくというのも親としての心構えに必要です。

その子の成長を見ながら始めよう

習い事の中には親の意思が反映されて選ばれているものも少なくありません。実際に物心つく前から始めなければプロになれないという世界も存在します。この場合は親もプロかそれなりの情報が必要ですので、安易に「子供をプロの道へ」と英才教育しようと思わない方が賢明です。

しかし、職業訓練ではなく、習い事という範囲では子供の意思が最も大事で、本人が楽しんでやりがいを感じることが必要です。子供の成長はみんな同じではありません。早くから始めても平気な子もいれば、ゆっくりと才能を開花していく子供もいます。平均値はあくまでも目安ととらえ、結果にあまり惑わされないようにしましょう。親が焦りすぎて無理をしてもよい結果は生まれません。「子供はのびのびと遊ばせるべき」という家庭の方針がある場合はそのまま様子を見て、本人がやりたいものを見つけた時に協力してあげればよいでしょう。

親としてはこうしてあげたい、こうなってほしいと希望を持ちますが、結局は本人のやる気次第です。子供の成長に気を配りながら、その子のベストなタイミング、最適な習い事を見極めてあげましょう。

友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

キャンペーン終了まで、あと6日!

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す
キャンペーン終了まで、あと6日!