ゴールデンエイジって何?根拠は?

ゴールデンエイジという言葉をご存知ですか?簡単に言うと「運動神経が向上する時期」のことです。

このゴールデンエイジを活用したトレーニングを行えば運動神経が定着し、大人になっても消えにくいと言われています。
では、ゴールデンエイジとは具体的に何歳から何歳までのことを指すのでしょうか?
そして、ゴールデンエイジを裏付ける理論とは何なのでしょうか?詳しく紹介します。

キャンペーン8/31まで、お早めに!

ゴールデンエイジとは?

ゴールデンエイジとは一生に一度だけ訪れる、「運動神経向上に最適な時期」のことです。

この時期に運動神経を伸ばすような取り組みをすると飛躍的な効果が得られると言われています。
具体的には3-14歳がゴールデン・エイジであると言われています。

3つの運動神経を伸ばすのに適した時期

3-8歳

身体の発達著しい時期ですが、身体運動の制御をするのが困難な時期です。
運動における多種多様な動作を身に着けておくべき時期といわれています。
つまり、基礎を作るのに適した時期といえるでしょう。

9-11歳

自分の思うままに身体を動かせる時期です。
この時期は新たな動き・技を容易に習得することができると言われています。
技術・センス共に大きな飛躍が見込める時期です。

12-14歳

神経系統が9割方完成しているといわれている時期です。
短期間での成長も困難になると言われています。
質の高いトレーニングに励む必要性があります。

ゴールデンエイジを裏付ける3つの科学理論

さて、このゴールデンエイジ理論ですが何の根拠があって唱えられているのでしょうか?
ゴールデンエイジを支えている3つの科学理論を紹介します。

1.スキャモンの成長曲線

スキャモンの成長曲線とは人間の成長を「神経型」「一般型」「生殖型」の3つに分けて、年齢毎の成長率を表した曲線のことです。
「神経型」は神経の発達、「一般型」は筋肉・骨の発達、「生殖型」は生殖機能の発達をそれぞれ表しています。
エイジ理論が3-14歳を適齢期としている理由は、この「神経型」の成長率が3-14歳のうちに飛躍的に向上しているからです。
つまり、3-14歳のうちに多くの神経回路が形成されやすいということです。

2.脳の可塑性

脳の可塑性とは、「使用頻度の高い神経回路ほど発達し、低い神経回路ほど退化する」という理論のことです。
乳幼児期は特にこの脳の可塑性が高いと言われており、一度運動神経を鍛えても使わないと忘れやすくなってしまうと言われています。
しかし、この脳の可塑性は大人になると消滅すると言われています。
つまり、脳の可塑性が高い時期に運動神経を定着させてしまえば、脳の可塑性が低い大人の時期になっても運動神経は消滅しないという理論につながります。

3.即座の習得

この言葉はドイツの教育学者クルト・マインツ博士が提唱した言葉で、「9-12歳の子供は新たな運動を少しの経験で習得してしまう」という理論です。
同博士の著述した「運動学」という文献に登場しています。

ゴールデンエイジを活用して子供の運動神経を伸ばそう!

ゴールデンエイジを上手に活用すれば子供の運動神経を飛躍的に伸ばすことができると言われています。
ゴールデンエイジを参考にお子さんの年齢に適したトレーニングをしてみましょう!

友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

キャンペーン8/31まで、お早めに!

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す
キャンペーン8/31まで、お早めに!