いつからがおすすめ?子どもがテニスを習いはじめるタイミング

子どもの習い事としても人気が高まっているスポーツのひとつ「テニス」。実際に子どもに習わせる場合、どのタイミングで始めると上達が早いのでしょう?スクール選びのポイントとともに一緒に考えていきましょう。

キャンペーン終了まで、あと7日!
友だち追加

テニスを始めるタイミングは早ければいい?

最近では、日本人選手の目覚ましい活躍やテレビ放送などからテニスに興味を持っている人が増えています。もちろん、観戦をするのが好きという方もいらっしゃると思いますが実際にプレーを始めてみようと言う方も多いのでは無いでしょうか。また、ご自身がプレイするだけではなく自分の子供にもテニスの楽しさを伝えたい、将来はテニスプレイヤーとして活躍して欲しいと考える人も少なくないでしょう。

では、いつから子供にテニスを始めさせれば良いのでしょうか。有名なテニスプレイヤーの多くは、幼い子供のころからテニスを始めている方が多く居ます。ですので、少しでも早く競技を始めた方が将来有利になるのではないかと思う方も少なくなりません。

しかし、子供がスポーツを始めるにあたって最も大切なのは、本人がいかに楽しみながらプレーが出来るかという事です。
自分自身に興味が無いにも関わらず、半ば強制的に競技を始めてしまった場合苦痛を伴う場合が多く、その後のモチベーションや成長に繋がらないケースがあります。子供が始める適切なタイミングは興味を持ち始めたタイミングが最も適切です。

自分から、テニスに興味を持ちやってみたいと思わせてあげる事で、強制ではなく自主的に競技をしたいという気持ちを高めてあげる事が大切です。
その気持ちが生まれたタイミングをもとに、はじめると楽しみながら上達する事が出来ます。
いつからはじめるかと、決めてしまわずにそれぞれの個性に合わせた楽しみ方を見つけてあげる事が最も大切なポイントです。

どのように興味を持たせるのか?

それでは、子どもたちにどのようにすればテニスに興味を持たせる事が出来るのでしょうか。
まず、注意して欲しいのがいきなりテニスを始めないという事です。ラケットを握らせて、素振りをさせたりボールを上手く打つ事を徹底的に教えたりしない事が大切です。はじめから難しい事を教えられても、子供に取ってはそれは楽しい事ではありません。まずは、ボールとふれあいボール遊びは楽しいという事を知ってもらう事から始める事が大切です。

テニスボールを投げたり、触れてみたり道具に慣れる事が大切です。更に言えば、まずは全身を使って公園などで思いっきり体を動かして遊ぶ事も大切です。全身をバランスよく動かす事は、テニスにとっても大切な要素の1つです。最初から道具を使わなくても、思いっきり遊び楽しむ事の中に、少しずつテニスの道具を入れて行く事も上手く興味を引き出すポイントです。

ボールが跳ねやすい場所で、テニスボールをバウンドさせてキャッチする遊びをしたり、ラケットにボールを乗せて上手く運ぶ遊びをしたり、道具やボールの動きを学んで行く事も最終的には、テニスの上達に欠かせない要素の1つとなります。少しずつ出来る事が増えて行くと、自然ともっと上達したい、もっと新しい事が出来るようになりたいと自らの意思でプレーをしたいと思えるようになるでしょう。

そのようになってから専門的な練習をしたり、教室に通ったり次のステップに進むと良いのではないでしょうか。
まずは週に6時間から10時間程度の練習が出来るようになると良いでしょう。

有名なテニスプレイヤーはいつからはじめたのか

日本でも指折りに有名なテニスプレイヤーはいつから初めて、才能を開花させたのでしょうか。

まず、最も有名な選手の1人である錦織圭選手です。日本人で、ランキング最高位を獲得したり名前の入った技であるエアケイなど、実力知名度ともにトップの選手の1人である事は間違いありません。そんな錦織選手が始めたのは、5歳の頃だったそうです。

有名なエピソードとして、錦織圭選手は小さい頃は野球もプレイしていたそうです。しかし、バッターボックスに立った錦織圭選手はアウトボールも全て打ってしまうので、野球よりもテニスの方が向いているのではないかと、お父さんがその才能を見抜きテニスを勧めたところ現在の目覚ましい活躍へと繋がったそうです。彼がスクールに通い始めたのは6歳の頃。その後めきめきと頭角を現す錦織圭選手はなんと13歳の若さで渡米し、最高の環境で学ぶ事となりました。

まだ中学生で、1人でのアメリカ暮らしにご両親も送り出す事をかなり心配されたそうですが、錦織選手の才能を信じて、また絶対に強い選手となるという本人の強い意志を尊重し勇気を持って送り出したそうです。
家族や日本が恋しくなっては行けないと、携帯電話も持たせずに渡米させたというのは、ご両親にとっても大きな決断であり勇気が必要だった事でしょう。
その後2010年には、ランキング1位であるジョコビッチ選手を打ち破り、2014年には世界でランキング8位までの選手しか出場する事が出来ないグランドスラムに出場したりと、まだまだとどまる事を知らず活躍しています。

友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

キャンペーン終了まで、あと7日!

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す
キャンペーン終了まで、あと7日!