知っておきたい!子どもがテニスを習うメリット・デメリット

こどものうちからテニスを習うとたくさんのメリットがあります。その反面、デメリットがあるのも事実です。具体的にどういったことが考えられるのか、いくつか挙げてみます。

キャンペーン終了まで、あと9日!
友だち追加

テニスを習うことで得られるたくさんのメリット

子供がテニスを習うことで得られるメリットとして真っ先に思い浮かぶのは、基礎体力、身体能力の向上です。テニスは、全身を使ってボールを追いかけるスポーツです。コートの中を走りまわるので、足腰の強化はもちろん、心肺機能や筋持久力の向上も期待できます。体調管理にしっかりと気をつけて行えば、自然と体力が身に付いていきます。

一瞬の判断力も身につきます。相手がボールを打った瞬間に自分が次にどう動くべきかを判断しないといけないので、動きながらも頭を使う、思考の瞬発力が鍛えられます。これは他のスポーツでも通用する能力ですし、普段の生活でも大いに役立ってくれます。
テニスは、個人かダブルスの2人で行うのが通常です。個人で行う場合は孤独なスポーツであると思われがちですが、実際には周りにたくさんの仲間がいます。しかもそれは、同学年の子たちばかりではありません。年上や年下の仲間がいることで、自然と多くの人との付き合い方を学ぶことができます。また、仲間を思いやる心や、周りの人の気持ちを知ろうとする意識も大きく育ちます。コミュニケーション能力が高まるのは、大人になってからもとてもプラスになります。

精神的に成長することは、テニスを習う上での大きな利点の1つです。例えば試合に出る時、たくさんの人から注目を浴びます。その中で1人で何とかしなければならないという経験は、なかなかできることではありません。精神的なタフさを身につけることができます。大舞台で緊張をしながらも能力を発揮する精神性を子供の頃から磨くことができます。

テニスを習うことで考えられるデメリット

テニスを習うことで、多少のデメリットも発生します。まず挙げられるのは、怪我のリスクです。他のスポーツでも怪我をする危険性は同様にありますが、テニスで多いのが、肩や肘、足腰の怪我です。

テニスのラケットはバックもフォアも、両手で打ち返す打ち方はありますが、それでも、やはり利き腕にかかる負担は大きくなります。繰り返し何度もボールを打ち返すことで、特に利き腕の肘や肩、手首にかかる負担がどうしても増加してしまう傾向にあります。
膝や足首も怪我をしやすい箇所です。瞬発的にボールを追いかけることが求められ、しかもそれを練習でも本番の試合でも何度も繰り返すので、足腰にかかる負担は大きいです。事前や事後のストレッチを怠らないなどの怪我防止のための準備や体のケアは必須です。

怪我のリスクをできるだけ避けるためには、無理をせずに休ませながら行うことが大切です。小さなうちから、休憩や休息をとることの重要性をよく教えてあげることが重要です。一生懸命練習を行う子供は褒めてあげるべきですが、オーバーワークは怪我の元です。疲れていたり少し痛みがある時に無理をして続けるのは怪我のリスクを高めます。

経済的な負担があることもデメリットと言えばデメリットです。これは子供にというよりも親側の問題も関わってきます。テニススクールに通う費用や、道具、服装にかかる費用、ラケットのガットの張り替えなどもその都度お金がかかります。年間でどれぐらいかかるのか、スクールに通っているお友達がいればよく聞くなどして、始める前に見積もりをしておくと良いでしょう。

たくさんの要素から習うかどうかを判断する

テニスを習うには、メリットとデメリットの両方があるのは事実です。メリットを正しく理解し、デメリットをできるだけなくすことや少なくすることを考えた上で習うかどうかの判断をしたいです。

怪我はどうしようもない場合もありますが、事前にできるだけそのリスクを少なくする事は可能です。どんなスポーツにもつきものなので、正しく体のケアをすることを親としては気をつけてあげたいです。

テニスを習うことから得られる利点は本当にたくさんあり、それは子供の可能性を大いに広げてくれるものです。子供がテニスで身に付けた体力や技術、身体能力は他のスポーツでも役立てることができます。学校の授業などであらゆるスポーツを行う時、それは大きな自信になります。自信を持って取り組むことで、何事にも積極的になれるという二次的なメリットも出てきます。

テニスは、老若男女で楽しめるスポーツです。親子で楽しむこともできますし、スクールで大人と打ち合うことだってあります。たくさんの人と触れ合うことでコミュニケーション能力は自然と高くなります。これも、子供の将来にとって大きな財産です。

テニスは基本、個人競技です。将来団体競技を行うことになった時、個人競技で培った経験は大いに役に立ちます。その違いがわかっているだけでも、経験した事の無い子を一方先んじることができます。視野の広さや、多角的な見方ができるようになるという点でも、テニスを習うことは役に立ってくれます。

デメリットを補って、メリットの方が多いと判断できれば、テニスを習う事は子供にとって優良な選択肢の1つになります。

友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

キャンペーン終了まで、あと9日!

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す
キャンペーン終了まで、あと9日!