子供におすすめなテニスラケットの選び方

子供におすすめなテニスラケットの選び方ですが、どうやって選べば良いでしょうか。失敗しない方法など見ていきます。

キャンペーン終了まで、あと7日!
友だち追加

おすすめの選び方1「子供の身長を考える」

お子さんがいくつの時にテニスを始めるのか、その年齢によっても違ってきますが、テニスラケットのおすすめの選び方としましては、まずその子供の通っているテニススクールで使われているボールの硬さにあわせたテニスラケットを使われると良いと思われます。
と言いますのも、子供と大人とで身長も体重も全く違うので、使われるボールが一緒だという時は、そのラケットが仮にその子供にあったとしても、コートにたつと非常に過酷な道具でテニスをしなければならないことになります。

また、成長期の子供に体に合わないラケットを使ってしまうと、ひじを痛めたり、腰を痛めたりするなどかなりその痛みや体に与える衝撃は深刻なものとなってしまいます。
ですので、選び方としては、そのテニススクールで使われているボールの硬さに応じてテニスラケットを選ぶと良いでしょう。体に合ったものを使うようにするのが1番です。ボールを打ってみて、すんなりとラケットを出すことができるのか、そのラケットがスムーズにボールを打ち返すことができるのかという点に焦点を当てて選ぶようにしましょう。

店員さんのおすすめのラケットやブランド物のラケットを選ぶ事が決して得策ではありません。またコーチが勧めたからといって、それらの商品を選ぶのではなく、あくまで使われているボールの硬さとそれに応じてその子供が的確に使うことができるラケットを選ぶのがおすすめです。ただ持った感じで選ぶのではなく、素振りをしたり、ボールを実際に打てるならやってみたりして体感してから購入すれば良いでしょう。

おすすめの選び方2「ジュニア用がいいのかどうか」

子供だからといって専用のテニスラケットを選べば良いと考える人がいますが、そうではありません。子供のラケットは一般的なラケットと比べて非常に短いものが多いです。
しかしそれを使用することを考えてみた時に、そのラケットでは非常に力を入れて打たなければ飛ばなかったり、または向こうのコートに入らないということもあります。大人と子供との違いは身長や体重だけではなく、その筋力も全く違ったものになってきますので、同じようにスイングをしていたとしても、大人ほど遠くへ打てるわけではありません。それを仮に届かそうと思うと、相当の力を振り絞って、子供たちはスイングをしなければならず、そうなるとかなりの負担がかかってくることになります。
ですので、ジュニア専門のところなら短いのでもいいですが、大人と同じ条件でコートに立つのならばこの点も考慮しなければなりません。

まずは子供のラケットに合った物を選ばなければいけませんが、それがそのラケットではうまくいかない場合はもう少し大きめのテニスラケットを選ばなければいけませんし、子供用のラケットを使うのに適したコートで教えてもらうようなところで学ばなければいけないと考えます。

ラケット選びというのは簡単な話、どこのコートで行うのかという点を注目して選んでいけば良いのではないかと思います。コートを基準にしてはなかなかテニスラケットを選ばないと思いますが、小さいときからテニスをしてうまくなりたいなら、この基準でテニスラケットを選べば良いのではないでしょうか。

おすすめの選び方3「重さを基準にして選ぶこと」

テニスラケットを選ぶ時に、最も重要なものとして考えられているのが重さです。ラケットにも重さが様々なものがありますので、その中でも子供にフィットしたものを選ぶようにしましょう。
重いほうがもちろん球に当たった時に良い感じで飛ばすことができますので、子供の場合は少しでも重たいラケットを持たせると前に球が飛ぶ分、その方が良いのではないかと考えがちですが、実はそうではありません。

不必要に重たいラケットについてはできるだけ避けた方が良いでしょう。ちょうど良い重さとは、スイングしてみてから決めるべきです。
しかしながら、パンフレットなどには重さを基準にしてラケットを記載していることが多いので、パンフレットだけで選ぶ選択肢は避けた方が良いでしょう。ラケットの重さだけでは、どうしても不十分ですので、実際にそのラケットを持ってどれぐらい重くなるのかということを計算してから買わなければいけません。サーブをした時、ボールを打った時やコートの中を走る時など、いろいろなことを想定してラケットを選ぶ必要があります。また打った時に重みを感じることもありますので、何回かテニスラケットを振ってみるなど、いろいろな方法を試してみてその子に適した物を選ばなければいけません。

最初のうちはその感覚もなかなか自分ではわからないものなのですが、テニススクールに通ってだんだんと慣れてくれば、そのコツもつかんできますし意味もわかってきますので、はじめははとりあえず重さを基準にして選んでみると良いでしょう。

友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

キャンペーン終了まで、あと7日!

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す
キャンペーン終了まで、あと7日!