漢字が苦手な子供のための克服法3選。なぜ漢字を苦手とするのか?

スマホが普及し、紙に物を書く機会が減っていますよね。そのような状況で育った現代の子供達の多くが漢字を苦手としています。しかし、漢字力は国語の基礎力であり、読解力の向上につながります。ですから、子供の漢字力はなんとしてでも鍛えたいものです。そこで今回は子供の漢字力を向上させる方法を紹介します。また、子供が漢字を苦手とする理由も紹介します。

キャンペーン終了まで、あと13日!
友だち追加

国語力の基本に漢字力あり

国語力の基本には漢字力があります。意味の分からない単語があっても、漢字の意味さえ分かっていればその組み合わせから推測することができます。例えば、敬愛という言葉の意味が分からなくても、「敬う」と「愛」という漢字さえ知っていればなんとなく意味が推測できるものです。
また、小学生の国語のテストにおいて、漢字の読み書きは一定の点数を占めます。ですから、漢字力を向上させると国語の点数も伸びますよ。

子供が漢字を苦手とする原因は?

なぜ、子供は漢字を苦手とするのでしょうか?典型的な原因を2つ紹介します。

練習量が足りない

漢字には似たような形をしているものが沢山あります。例えば、「拾」「捨」は形が似ていますが、意味は真逆です。また、同じ読みをする「暑い」「熱い」「厚い」でも意味が全く異なります。また、漢字には厳しい書き方のルールがあり、止め、はね、はらいなど様々な部分に気をつけなくてはなりません。それらを全て正確に覚えるのは子供にとって非常に難しいでしょう。

正確に覚えられない

漢字には似たような形をしているものが沢山あります。例えば、「拾」「捨」は形が似ていますが、意味は真逆です。また、同じ読みをする「暑い」「熱い」「厚い」でも意味が全く異なります。また、漢字には厳しい書き方のルールがあり、止め、はね、はらいなど様々な部分に気をつけなくてはなりません。それらを全て正確に覚えるのは子供にとって非常に難しいでしょう。

漢字を得意にする方法5選。

読み→書きの順番で

漢字を書けないけど、読めるという子供は多くいます。また、当然書くよりも読むほうが簡単です。ですから、漢字が苦手な子供の場合は読みから始めていきましょう。
しかも「読みを勉強する」というよりも、一緒にクイズのようにしてチェックしていきましょう。何問正解したらご褒美をあげるなどの、ご褒美法も良いかもしれません。

意味・例文を教える

漢字の意味が分からないために漢字を覚えられていない場合があります。その場合は、子供に辞書をひかせるだけでなく、ママ・パパが例を示して、意味をわかりやすく教えましょう。例えば、「客観」などといった抽象的な概念を子供が一人で理解するのはかなり難しいことです。

とにかく書く

先程も述べた通り、漢字学習の基本は繰り返し書いて身体で覚えることです。ですから、とにかく漢字学習帳に漢字を書かせまくりましょう。

部首を攻略する

漢字の部首にはそれぞれ意味があります。例えば、さんずいは水に関連のある言葉にしかつきません。そうすれば、漢字がただのバラバラなものではなくなり、意味のあるまとまりに見てきます。ですから、部首別に漢字を覚えさせてみましょう。

何回も確認する

間違えた漢字は何回も書いて、身体に染み込ませる必要があります。ですから、1回間違えた漢字は3回、2回間違えた漢字は5回、などと回数を増やして書いてみましょう。

漢字が書けないと、、、

大人になってからも文字を書く機会は沢山あります。その際に漢字が間違っていたり、書き順が間違っていたりすると恥ずかしいですね。たとえどんなに字が綺麗でも、間違えていたら元も子もありません。ママさんパパさん、将来お子さんが恥をかかないように今のうちから漢字を得意にしていきましょう!

友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

キャンペーン終了まで、あと13日!

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す
キャンペーン終了まで、あと13日!