幼児の創造性を育む、レゴの教育効果とは?子供の脳にも好影響?

早期教育という言葉があるように、最近は子供が幼い頃から勉強させたり熱心に習い事に通わせる家庭も増えています。
将来的に困らないために、早くから勉強を開始しておくに越した事はありませんが、遊ぶ時間を無くしてしまうのは問題です。
実は遊びながらも、その中で学ぶ事はたくさんあるのです。
さらに、嫌がる子供に強制しても意味はありません。
そういった事から、習い事一つにしてもいかに子供に興味を持たせるかが大切です。
古くから子供達を楽しませてきたレゴは、遊びながら創造性を育み知育という面から見ても理想的な玩具です。
以前は家にある玩具と言ったイメージのレゴでしたが、最近はレゴを教材にして遊びながら学ばせる「レゴスクール」というものも誕生しています。
年齢に応じたカリキュラムが組まれており、楽しく学べる事から人気も絶大です。

キャンペーン11/30まで、お早めに!
友だち追加

遊ぶことが子供の教育になる?

幼い時はしっかりと遊ぶ事が仕事、とも言われています。
それは、遊びを通して様々な社会性を身につけることが可能だからです。
例えば、お友達と遊ぶ時に発生する玩具の取り合いや順番などによるトラブルは避けられません。
自分の思い通りにならず、時に泣いたり苛立ったりする事もありますが、徐々に待つという事や我慢する事を覚え、やがて協調性や相手への思いやりなども学んでいくものです。
また子供がやりたい事をしている時、自然と目がキラキラとしています。
「こんな事をしてみたい」「こんな物を作ってみたい」と意欲が湧き出てくると、様々な物事をスムーズに吸収させる事にも繋がります。
幼い頃にしていた遊びが大きくなってから役立つ事も少なくありません。
子供が夢中になるものを否定せず、共感してあげる事は親の大切な役割でもあります。

子供の脳を刺激する!レゴの教育効果

レゴに教育効果があるとされるのは、細かいブロックを使って指先を動かすからです。
昔から「全ての発育は指先から」とも言われており、指先を動かす事で脳に刺激を与えます。そしてそれが発語や知能の発達を促していくのです。
とは言え、まだまだ小さい頃は形のある物を作るというのは難しい作業です。レゴ本来の遊び方は無理かもしれませんが、それでも色鮮やかなブロックが目の前にあると自然に興味がそそられ、一つずつ積み上げていく事だけでも楽しく感じられます。
自分がどれぐらい積み上げられたのか、数を数える事で知らず知らずのうちに数の概念が身につき、知育にも役立つのです。
もう少し成長すると、「自分でもいろいろ作ってみたい」という気持ちになり、ブロックの山から必要なパーツを探す行動も見られるようになります。パーツを探す作業、それも脳に十分な刺激を与える効果があります。

レゴを通じて幼児の創造性を育む

レゴの楽しさは、自由自在に自分の好きな物を作れる事です。
どのブロックを組み合わせればその形ができ上がるのかを、遊んでいる本人が考え、見つけ出していく事ができます。
自分が作りたい物の完成系をイメージしながら作るので、自然に発想力と想像力が養われていきます。
また、作ってみたものの完成品が自分の想像していた物と違うと、自分のイメージに近づけるために様々な手法を試してみます。
これによって構築力や問題解決力も身につける事ができるのです。
既に完成している玩具やテレビゲームからは発想力を身につける事ができません。
その点、レゴブロックは遊びながら自然に3次元的思考を養う事ができるので、将来的にその能力が商品開発に役立つかもしれません。
また培われた忍耐力や構築力で粘り強く仕事に取り組む事もできるようになります。

教育効果を高めるならレゴスクールがおすすめ?

知育玩具として非常に優秀なレゴですが、さらに教育効果を高めるために、レゴスクールに通わせる家庭も増えてきました。
家で遊ぶケースと同様に、「どのような作品を作ろうか」と想像力や発想力を養えるのはもちろん、他の子どもと共同で一つの作品を作り上げる過程では、ディスカッションなどを通してコミュニケーション能力も身につける事ができます。
レゴスクールは年齢に応じたカリキュラムが組まれており、3歳児から通う事が可能です。
遊びながら学んでいく事で、子供の潜在能力を引き出し、学年が上がっていくごとに高度な作品へと挑戦していきます。
そして最終的には、自分のアイデアをロボットデザインやプログラミングで表現していくようになります。
作りたい物を想像しそれが完成した時には、満足感や達成感を味わう事ができ、それが自分への自信にもつながります。

レゴなら遊びながら子供の教育になる!

子供が知識を吸収したり様々な能力を身につけるためには、まずは子供が興味を持つ事が大切です。
全ての子供がレゴに興味を持つ訳ではありませんが、3歳の頃には全く見向きもしなかった子供が5歳頃から突如はまって遊び始める事もあります。
最初はブロックを何となく組み立てていく事から始まりますが、次第に説明書に書かれているような作品を作ってみたいと感じるようにもなります。
どのブロックを使えばその作品が作れるのかについて、既にこの時点で子供ながらに思考能力をフル活用して考え始めます。
自分で写真通りの作品が作れるようなったら、今度は自由に好きな作品を組み立てられるようになります。
親が見ると「こんな物まで作れるようになったのか」と感心し、驚かされるシーンも多々あります。

学校の勉強において想像力などを集中的に身に着けるのは大変ですが、レゴであればそれが無理なく、むしろ楽しみながら養う事ができるのです。

友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

キャンペーン11/30まで、お早めに!

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す
キャンペーン11/30まで、お早めに!