0歳から始めるベビーリトミック!その効果と月謝などの費用は?

「ベビーリトミック」という言葉を聞いたことのあるパパママは、少なくないのではないでしょうか。

リトミックが「赤ちゃんから始められる教育方法の一つ」という認識はあるものの、具体的にどのような内容で、どのような効果が期待できるかを知っている人は少ないかもしれません。

今回はリトミック教育を検討している方のために、0歳から始められるリトミック「ベビーリトミック」について詳しく調べてみました。

キャンペーン7/31まで、お早めに!
目次

「リトミック」って何をするの?

「リトミック」「ベビーリトミック」とは

「リトミック」とは、スイスの音楽教育家エミール・ジャック=ダルクローズが考案した音楽教育法です。『情操教育』『音感教育』『生活習慣』を、三位一体の一貫した指導システムとして、子どもたちがそれらを自然に身に付けられるよう開発されました。

リトミックの中でも、赤ちゃんとコミュニケーションを取りながら行うリトミックを、「ベビーリトミック」と呼びます。

生後間もなくして、視覚や聴覚が発達し生活音に反応し始める赤ちゃん。そんな赤ちゃんの時期に、音楽やリズム、ママや先生の声に合わせて体を動かしたり、楽器を持って音を鳴らしてみたりすることで、「聞く」「表現する」「感じる」力を育むことを目的にしています。

ママと赤ちゃんと触れ合い、コミュニケーションを取ることで、子育てを楽しく感じてもらうこともベビーリトミックの目的の一つです。

「リトミック」って具体的にどんなことをするの?

0~1歳児はママと手遊び

赤ちゃんは自分で思うように身体を動かせないため、ママが赤ちゃんを抱っこして流れてくる音楽に合わせてジャンプしたり動きを止めたり、ママとのスキンシップが中心の内容です。

ピアノの音に合わせて先生とママが楽しく歌を歌いながら、赤ちゃんの体をくすぐったり手をたたいたりします。

ピアノ以外にも、鈴やビニール、新聞紙、電話やインターホンの音を聞いて、音にはいろいろなものがあることを学び、理解することから始めていきます。

2~3歳児は自分で身体を動かす

音楽に合わせて、ママや友達と一緒に床の上を転がってみたり、表情を作ってみたり、楽器に触れたりと、先生やママの呼びかけに合わせて、子どもが好きなように動きや音を表現します

また、音から感じ取ったニュアンスを言葉に例えてみたり、動物の真似をしたりします。

「リトミック」の効果とは?

0歳から始められる「リトミック」には、さまざまな効果が期待できます。具体的にどのような効果があるのでしょうか。

1. 音楽性が養える

音やリズムを中心とした内容になっているため、何よりも音楽教育として役立ちます。

楽しく遊びながら育んだ音感やリズム感は、楽器を習い始めた際に大いに発揮されるでしょう。

2. 社会性・協調性が身につく

リズム感を養うことで基礎的な運動能力も上がるので、あらゆるスポーツでも役立つ効果が期待できます。

3. 社会性・協調性が身につく

リトミックのレッスンは子どもたちの名前を呼ぶことから始まり、端から順番に活動を行うことが多いです。

これを繰り返すことで、赤ちゃんは「順番がある」ということを認識し、「待っていれば自分にも順番が回ってくる」と理解し、社会性が身につきます

また、自分ではなく「相手の出す音」を意識し、その音に合わせて活動しようとすることで、相手に合わせようという協調性が身につきます。

4. 集中力がつく

リトミックには『即時反応』というレッスンがあります。

これは、先生がピアノを弾いている間は動いて良いが、ピアノが止まったら動きを止める。また、音楽が流れている間は自分で楽器を好きに鳴らしていて良いが、音楽が止まったら手を止めなければいけない。というものです。

初めは、ルールが理解できなかったり、音に驚いて泣いてしまったりすると思いますが、次第に赤ちゃんも慣れてきて段々できるようになってきます。

音楽をしっかり聴いていないと行動できないので、「聴く力」と「集中力」が身についていきます。

5. 想像力と表現力が身につく

「リトミック」では音や旋律を聴きながら、動物の真似をするレッスンがあります。

ゆっくりとした低音でゾウの足音をイメージしながらゆっくり歩いたり、せせらぎのような旋律に合わせて、魚の真似で泳いでみたり。なかには夜や朝をイメージした音を聞いて、自分なりの表現をするレッスンもあります。

このように、子どもたち一人ひとりが音のイメージを自由に感じ取り、それを表現することで、豊かな想像力や表現力を培っていくことができます。

6. パパママに嬉しいメリットも

この他にも、「リトミック」にはママにとって嬉しいメリットもあります。

子育て初心者のパパママにとって、「リトミック」が良い息抜きになることがあるからです。特に家にこもりがちのママの場合、レッスンを受けることで定期的に外出するだけでも気分転換になります。

また、年齢別クラスで他の親子と一緒にレッスンを受けることで、一緒に参加している親との交流も深まり、ストレス解消や育児情報収集にも役立ちます。

リトミックは0歳から始めるのがおすすめ

0歳から始められるリトミックは、これから成長していく上で大切な「聞こうとする力」「聞く力」をまず育てます。

また、リズムも、子どもが1人で歩けるようになってから、拍を口で伝えるのは難しいですが、歩けない赤ちゃんだと、親が抱っこして拍をとることで、赤ちゃんにリズム感を伝えることができるそうです。

レッスンが終わると母子ともに笑顔になれるリトミックは、0歳から始めるのがおすすめです。

リトミックにかかる費用は?

入会金や月謝など、教室により差はありますが、リトミックにかかる費用は次のようになっっています。

入会金

3,000円~5,000円程度

料金

1,000~3,000円程度/回
または
3,000~8,000円程度/月

レッスン料とは別に、教材費や入会費がかかることもあります。教材費は大体年間3000円~7000円程度です。年齢が高くなるにつれて使う教材が増え、費用が上がる傾向にあります。

また、自治体の公民館や児童館などでもリトミックを行っている場合がありますが、こちらは参加費が500円程度とかなり安いです。ただし、こちらは楽しみながら交流を広げるサークル活動のような雰囲気であることが多いようなので、本格的な幼児教育としてのリトミックを希望するのであれば、専門の教室を選ぶことをお勧めします。

ベビーリトミックで楽しく子どもの能力を発達させよう

0歳からのリトミックについてみてきましたが、いかがでしたか?

赤ちゃんにとって様々な効果が期待できるリトミック。リトミックは音楽のみならず、日常生活や社会生活において大切なことも楽しく学べます。

体験教室を開催しているところも多いので、是非一度、親子で教室に行ってみてはいかがでしょうか。

友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

キャンペーン7/31まで、お早めに!

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す
キャンペーン7/31まで、お早めに!