子供に絵画を習わせるメリット・デメリットは?費用・教室の選び方も合わせて紹介!

子供がお絵かき上手な場合、その才能をもっと伸ばすためにお絵かき教室に通わせるべきか迷いますよね。しかし、お絵かき教室に通う所で才能がきちんと磨かれるのでしょうか?

また、お絵かき教室に通うメリット・デメリット・費用はどのようになっているのでしょうか?今回の記事ではお絵かき教室の上手な選び方も合わせて紹介します。

キャンペーン10/31まで、お早めに!
友だち追加

絵画を習うメリット・デメリットは?

絵画教室に通うメリット・デメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?代表的なメリット・デメリットを紹介します。

絵画を習うメリット

1.創造力・表現力が身につく

お絵かき教室では基本的に、自分の好きなように描くことができます。定期的に絵を描いていくことで創造力・表現力を徐々に身に着けていくことができます。

2.年齢に関係なく続けられる

サッカーなどのスポーツの場合、続けていく上で必ず年齢の壁がでてきます。また、そういったスポーツは時間もとるので社会人になるとなかなかプレイできなくなります。

一方で絵を描くのに年齢は関係なく、高齢になってからも趣味として続けることができます。

3.子供が楽しめる

お子さんがお絵かき好きの場合、純粋に楽しみながら習い事を続けることができます。だから、習い事を長続きさせることができるでしょう。逆にお子さんがお絵かき大嫌いという場合はやらせないほうが賢明な判断です。

絵画を習うデメリット

1.コスパが低く感じられる

お絵かき教室では基本的に絵を描きます。しかし、絵を描くぐらい別に家でもできますよね?そのような側面から、お絵かき教室はコスパが低いと感じてしまう方も多いみたいです。しかし、 絵・芸術に関する知識を持っているプロの下で絵を描くのと、素人のもとで絵を描くのではかなり違った絵が描けますよ。

2.成果が感じられない場合も

絵画は芸術である以上、やはり才能が必要となるものです。だから中には成果が感じられないという場合もあると思います。また、才能があると思っていたが壁にぶち当たってしまったという場合もあるでしょう。しかし、だからといってお子さんを責めたり教室を責めたりしないようにしましょう。

気になる月謝・費用は?

絵画教室の月謝は4000円〜1万円と他の習い事とあまり変わらない普通の値段。また、初期費用も無料〜5000円程度とあまりかかりません。手頃にできる習い事といえるでしょう。また、運動系の習い事と違って親の負担も小さくて済みます。

教室はどうやって選べばいいの?

では、絵画教室はどのように選べばいいのでしょうか?カルチャーセンターや公民館でも絵画教室は開催されていますがいまいちどこの教室に通えばいいのか判断しかねますよね。

一般的に、地元の写生大会や公募展の常連となっている教室を探すのがいいのだそうです。レベルの高い生徒が集まっているということですから、子供もやる気が高まりますよね。また、教室自体のレベルも高いといえるでしょう。

お子さんが行きたいといったら一度考えてみましょう。

絵画教室はどちらかといえばお絵かきが好きな子に通わせるパターンが多いようです。お絵かき好きな子はもともと絵の才能がある場合が多いのでぜひ、習わせることを選択肢に入れてまずは体験教室にいってみましょう!

友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

キャンペーン10/31まで、お早めに!

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す
キャンペーン10/31まで、お早めに!