子供が英語を話せるようになるには?教え方や教材は?

グローバル社会という言葉を耳にしなくなるほど、グローバル化は当たり前の世の中になっています。今後英語は、ますます「話せたらすごい」のではなく話せることがスタートラインになってきます。お父さん・お母さんが今、英語が苦手だったとしても子供には話せるようになって欲しいなと漠然と考えている方は多いのではないでしょうか?

小さいころから英語に触れていると、赤ちゃんが言葉を覚えるように英語を話せるようになるという話は良く聞きますよね。ではいったいいつから英語に触れさせるのが良いのでしょうか。どうやって教えてあげれば楽しく効率的に覚えることができるのでしょうか。今回は子供が英語を話せるようになるためにお父さん・お母さんが疑問に思っていることを調査し、勉強法をご紹介しましょう。

キャンペーン終了まで、あと7日!
友だち追加

英語はいつから始める?

英語をたくさん聴かせることで、「英語耳」ができると言われますよね。早ければ胎児の時から英語の歌や映画の音をきかせている方もいるでしょう。

赤ちゃんが言葉を覚えるように、英語に慣れて英語が聞き取れるようになるには早いに越したことはありません。0歳から2歳の、まだ日本語もきちんと覚えていない時期なら抵抗なく言葉が脳に届き、発音も聞き分けられるようになります。

ですが、今回は英語を話せるようになって欲しいが目的なので、その場合は少し異なります。子供に英語を話せるようになって欲しいと考えるのであれば、ある程度日本語も認識できるようになり、誰かと会話ができるようになった頃始めることが大切です。
具体的には幼稚園や保育園に通い始める子供の多い、3歳頃が理想です。

3歳と言えばおままごとやごっこ遊びを楽しんで、何度も何度も繰り返し行っている頃です。繰り返しの会話の中で、言葉を学んで覚えていくわけです。そのやり取りをもし英語で出来たなら、子供は遊びながら英語を習得していくでしょう。

子供に英語を「楽しい!」と思わせるのが大切!教え方の3つのポイント

子供に英語を習わせるなら、遊びの延長で楽しいと思わせることが大切で、それが話せるようになるための最も近道だと言えます。「おはよう」「ありがとう」「おやすみなさい」など挨拶程度からスタートするのであれば、お父さん・お母さんとの遊びの中で教えてあげることもできますね。

そこでここでは、子供に英語を教えるときの大切なポイントをご紹介します。

親も楽しんで学ぶ

子供はいつも両親のことを見ています。子供はお父さん・お母さんが大好きなのです。お父さん・お母さんが楽しいと思っていることは、子供も楽しいと思い、興味がわくものです。 

興味がわいた新しいことに、お父さん・お母さんが楽しんでいる姿勢を見せることが、子供が英語を楽しむための第一歩と言えるでしょう。

一緒に英語に触れる時間を、意識して作ることも良いですね。いつか子供が大きくなって親と一緒に勉強をしなくなっても、お父さん・お母さんが英語を勉強している姿や英語を楽しんでいる姿を見せ続けることも大切です。

遊びの延長で英語を教える

今は、スマホやタブレット端末で簡単に英語を学ぶことができるアプリがたくさん存在しています。それは英語を学んでいるというより、アプリで遊んでいる時の言語がたまたま英語なだけという作りになっているものが多いです。

そのようなアプリを利用して、遊びの延長で英語を楽しめることが重要です。

また、ディズニーアニメや、子供が好きなキャラクターの出てくる映像の英語版があればそれを観るのも1つの方法です。

手遊びを英語でやってみる

「Rock Paper Scissors Finger play(ぐーちょきぱーで何つくろう?の英語版)」や「Head, Shoulders, Knees and Toes(あたま・かた・ひざ・ポン)」など日本語でもよく耳にする手遊びを英語の歌詞に乗せて一緒に歌いながら体を動かしてみましょう。

最初はゆっくり歌いながら、徐々にスピードを上げていくなど変化をつけてあげると長く楽しむことができます。

親子で楽しい時間を過ごして、英語に触れる機会ができるのは最高の時間ですよね。

英語の家庭学習に!教材の選び方

楽しく英語に触れられる準備ができたら、その先はプロが作った教材に頼るのも1つの案だと言えます。お父さん・お母さんが英語が苦手でも、また英語は得意だけど教えることに自信がなくても、家庭学習用の教材を上手に利用することで、家でも十分英語を学ぶことはできます。

教材を使って、家庭学習をすることにしても、子供だけでやらせるのではなく隣で一緒にやることが大切です。また、子供がやり始めたことに対して途中で口を挟んだり、邪魔をしたりしてはいけません。怒らない・馬鹿にしない・人と比べない・出来なくても気にしないそれが家庭学習の重要なコツです。また、長時間の学習は効果が薄れてしまうので、1日10分~20分と決め、毎日少しずつできるようにしましょう。

毎日少しずつできるようになれば、それが家庭学習の最大のメリットにつながります。英語はスクールに通うことで上達することもありますが、話せるようになるためには毎日少しでも英語に触れることが大切です。また、家庭学習は送迎の負担が全くないのがメリットです。どこに通うとしても小さい頃は送り迎えが必要です。ある程度大きくなってきてからも遠くのスクールであればやはり送迎するお宅が多いでしょう。家庭学習なら送迎の親の負担もなくなり、子供が通学するために裂かなければいけない時間もなくなります。

家庭学習の教材を選ぶには、子供の興味をひくアニメーション教材がおすすめです。テレビ番組でも英会話を目的としたアニメを放送していますよね。そんなテレビ番組や、アニメ映画のDVDを観るなど、子供が興味を持ちやすい、面白いと感じられる教材を選びましょう。

英語を話せるようになるには英会話スクールがオススメ?

家庭学習で毎日英語にふれあう習慣ができたら、英会話スクールに通うこともおすすめです。それは、英語を人前で発表する機会ができるからです。英語が聞き取れても、英語で自分の気持ちを表現できても、誰かとコミュニケーションを取れるようにならなければ話せたことにはなりませんよね。スクールでは同じようなレベルの子供たちが集まっているので、緊張せずに話すことができるようになります。また、大勢の子供たちの前での発表会や、ネイティブの先生との会話などスクールならではの経験をさせてあげることができます。

また、オンライン学習もおすすめです。DVDやCDで英語をシャワーのように聞くことでも英語に触れる時間はできますが、それだけでは英語を聞き取ることができても話せるようにはなりません。英語は自分の思いを口にすることが大切です。オンライン学習であれば、多くはマンツーマンで先生と会話ができるので、大勢の前で話すことが苦手な子供でもリラックスして会話を楽しむことができます。

英会話スクールに通うと、正しい発音の英語を覚えることができることがメリットです。家庭学習では間違った英語を使ってもなかなか気がつくことができません。その点スクールであればその場で教えてもらうことができるので、すぐに正しい英語を覚えられるようになります。間違っていても通じれば良いですが、英語では全く違う意味の伝わり方もありますからね。

これからは、海外旅行の通訳を子供がしてくれるかも

有名な観光地は、日本語しか話せなくても問題がない場合がありますが、大きな街を外れると現地の言葉か英語でなければ通じないという国がほとんどです。逆に言えば、英語さえ話せればどの国でもコミュニケーションが取れることになります。

それだけに、子供には世界で通用するような英語が話せるようになってもらいたいですよね。英語を学ぶために、いくらか費用は発生してしまうかもしれません。けれど、英語を使いこなせるようになるのであれば、少ない投資と言えるでしょう。そして、いつか家族で海外に行ったときに子供が通訳をしてくれる日がくるかもしれませんね。

友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

キャンペーン終了まで、あと7日!

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す
キャンペーン終了まで、あと7日!