子供の音楽教育は何歳から始める?影響やメリット、始め方も紹介

子供の情緒に音楽が良いという話はよく聞きますよね。胎児にクラシックを聴かせてみることや、生まれたばかりの赤ちゃんに手遊び歌を歌って聞かせることは、確かに良い面もありそうです。子供にさせたい習い事ランキングを見ると、音楽教室やリトミック・ピアノなど音楽に関わることが常に上位に上がることからも、その効果が注目されていることがわかります。

では、音楽教育は何歳から始めるのが良いのでしょうか?
今回は、音楽教育によるメリットや影響、また家庭でできる音楽教育や、音楽教室のおすすめポイントについてご紹介します。音楽教育を通して、音楽が好きな子供に育つよう是非参考にしてください。

キャンペーン11/30まで、お早めに!
目次
友だち追加

子供の音楽教育、何歳から?早い方がいい?

胎児は20週を過ぎた頃から、音をしっかり聞き分けていると言われています。胎教で音楽を聴かせるのが良いと言われていることも頷けますよね。そんなに早く音が聞こえているから、音楽教育が早い方が良いと考えられているのでしょう。
事実、音を楽しむという意味では早いに超したことはありません。音楽が子供の心を落ち着かせる効果もあり、音楽教育はとても効果的な教育です。

音楽教育と聞くと、ピアノやバイオリン、ギター、フルートなどが思いつくでしょうか?楽器を使う音楽になると、手や身体が発達してからでないと難しいですよね。
楽器は手の健を痛めてしまう可能性もあるので、3歳より前に始めるのであれば注意が必要です。

でも、歌を歌ったりリズムに合わせて体を動かしたりするのはどうでしょう?それも立派な音楽教育です。お母さんの歌に合わせて赤ちゃんがにこにこしたり、体の一部を動かしたりすることありますよね。それも音楽です。
私たちは気がつかない間に、子供に音楽教育をしているのかもしれません。

そんな広い意味での音楽教育ということであれば、早い方が良いでしょう。0歳いえ胎児のうちから始めても良いですね。
音を楽しむことから音楽教育への切り替えのタイミングとしては幼児期、つまり3歳から4歳でスタートが適していると言われています。その頃にはピアノやバイオリンといった楽器にチャレンジすることもできます。

音楽教育によるメリットや影響は?

では音楽教育によるメリットや影響はどんなことがあるでしょう。音楽にはメリットがたくさんありますが、より影響の大きいものをいくつかご紹介します。

音感を養うことができる

早くから音楽教育を始める最大のメリットは、音感を身につけることができることです。人の耳の成長が止まるのはとても早く、7歳になると止まってしまいます。それよりも前に音楽教育を始めることで、絶対音感を身につけることができると言われています。7歳を超えてしまうと身につかないわけではありませんが、少し苦労することになるでしょう。

音を聞き分けられる能力は、外国語の習得にも役に立ちます。難しい発音の言語でも絶対音感を身につけている子供の方が、早く言葉を聞き分け発音できるようになります。

人前で演奏する抵抗がなくなる

音楽教育をはじめると、人前での発表会の機会が多くあります。はじめは緊張するかもしれませんが、慣れてくるとだんだん度胸がつき抵抗がなくなってきます。それは音楽だけでなく、これから先の人生できっと何度かは経験する試験やプレゼンなどの場面にも役に立つでしょう。努力して身につくものではないので、人前に出る経験をさせてあげる機会が増えるのはメリットと言えるでしょう。

コツコツ努力できるようになる

音を楽しんでいる時期から、ピアノなど楽器を練習するようになると、毎日の練習は欠かせません。プロでも毎日何時間も練習するくらい、楽器が上手に弾けるようになるのは大変なことです。

せっかく上手になっても休みが続くと感覚が鈍ってしまいます。そのため、毎日コツコツ努力することを覚えます。学校に通い勉強を始めるようになっても、その努力することは活かせる場面がたくさんあります。

家庭でもできる子供の音楽教育の始め方

音楽教育を早くから始めた方が良いことはわかっても、胎児のうちや0歳の赤ちゃんを習い事に通わせるのは難しいですよね。そんなときは、家庭でお父さん・お母さんと音を楽しむことから始めましょう。

まずは、音楽コンサートへ行ってみましょう。子供歓迎のコンサートはたくさんあります。バイオリンやピアノ、歌など音楽を家族で楽しめるコンサートに足を運んでみてください。 
一緒に音を聞いて楽しむことが、音楽教育のはじまりです。

地域の小さい施設であれば、椅子に座るのではなく赤ちゃんを寝かせたままの状態で音楽を聴ける会場もあります。小さな子供が集まるコンサートであれば、子供が少し飽きてしまったり泣き出してしまったりしても、必要以上に周りを気にすることもありません。是非、音楽コンサートに出かけてみてください。

家庭で音楽教育を始めるときに、無理に楽譜を教えることや、ピアノなどの楽器をガンガン弾くような練習を早くから始めないようなことは避けてください。音楽を嫌いになってしまいかねません。何より音楽教育は音を楽しむことが大切なのです。

子供の音楽教育なら音楽教室がオススメ!

プロのピアニストでも、音楽教室の先生でも、自分の子供に教えるのは難しいと言います。感情が入ってしまうからでしょうか、より出来るようになってほしいと思うからでしょうか。
また、子供も大きくなってくると、親の言うことよりも先生や他人の言うことの方が素直に聞けるようになってきます。少し寂しい気がしますが、それも成長の過程で当たり前のことなのです。

そんな年頃を迎えたら、親子で楽しむ音楽教育から、音楽教室に通うことを考えてみたら良いでしょう。
音楽教室では、自分の好きな楽器や先生がすすめる楽器を演奏し、指のレッスンを行います。

また、1人だけでなく、2人やグループでの演奏も楽しみます。音階やリズムの勉強をして、楽譜を読めるようにしてくれます。ドレミを覚えて、音楽の基礎を学ぶのです。
月謝は年齢によって変わりますが、幼児期であれば月4回のレッスンで4,000円から6,000円程度、小学生になると月4回のレッスンで、6,000円から8,000円程度が相場となります。
複数の楽器を習いたい場合や、週のレッスン回数を増やす場合は金額が変わってきます。
別途入会金や、教材費が必要になる教室もあるので、事前に問い合わせや体験を行うと確実 です。

音楽教育を通じて音楽好きな子供に!

音楽は、情緒を安定させ、心を豊かにしてくれます。また、音楽は一生楽しむことができます。そんな魅力いっぱいの音楽教育を小さい頃から始め、音楽好きな子供を育てましょう。 
そして、お父さん・お母さんも一緒に音楽を楽しめると良いですね。
ジャンルにこだわらず、たくさんの音を聴き、家族みんなで楽しんでください。

友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

キャンペーン11/30まで、お早めに!

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す
キャンペーン11/30まで、お早めに!