【苦手を徹底克服】RISU算数のタブレット家庭教師を紹介!

うちの息子も、もう4年生。

『4年の壁』と呼ばれる時期がついにやってきました。学校の学習内容が急に難しくなる事と、内面も急速に成長するため、親がこれまで通りに対応できなくなってしまう時期と言われていますが、うちも本当にその通り。

息子は特に算数に苦手意識を持っているようで、2年の時に九九につまづいてから、どんどんと難しくなっている算数が嫌いでたまらないみたい。私も宿題を一緒にやったりするけど、だんだん「簡単でしょ?何でわからないの?さっき教えたじゃん」とイライラしてしまい、息子もそれに腹を立てて険悪モード。
もう、本当に困った!

そこで、いろいろな教材を試してみたけど、一番効果があって、結局、息子が続けられているのがRISU算数のタブレット家庭教師です。今日はそんなRISUのタブレット家庭教師サービスを紹介します。

キャンペーン11/30まで、お早めに!
友だち追加

RISUって何?

未就学児から小学校6年が対象のRISUは、無学年式だから出来る子はどんどん先の学年まで進めるし、苦手な子はじっくり復習ができるタブレット教材。

ログインボーナスや、問題を解くとポイントを貯めるというゲーム感覚で、楽しい気分で学習が進みます。RISU算数専用のタブレットなので、子供に渡しても『勝手に問題のある操作をした』という事がないので安心

息子の学習状況に合わせて東大生らTOP大学生から解説動画が届くんですけど、とても親しみやすくて何回も繰り返し見ちゃいます。多くの子どもたちが楽しみながらRISUタブレットで学習中。平均1.7倍の速度で進んでいるらしいです。

塾と家庭教師とRISUタブレット家庭教師の比較

それぞれ体験してみたので、気になった点と感想を箇条書きにしてみました。

近所の集団指導の塾

  • 集団で教えるので学校と変わらない。
  • 宿題が多くて負担。
  • 比較的近所にあるので、時間的負担は少ない。

感想

  • 1か月通った結果、息子が「通うのが嫌」と言い、あまり理解も進んでいない様子。
  • 塾から貰う大量のプリントに息子が嫌気がさし、家庭でのドリル学習も進まなくなった。
  • 個別指導の塾ならまた違うかもしれないけど、自宅から遠いため、送り迎えが必要。

家庭教師

  • 家に招かなければならず、私が気を遣う。
  • 来てくれたのは、私の出身校と同じレベルの大学に通うアルバイトの女の子。
  • 息子は緊張したのか、ずっともじもじ。先生の自己紹介や雑談で全然学習が進まなかった。

感想

  • 息子にとって姉のような年齢の先生で、丁寧なヒアリングに息子は好印象。
  • 指導力に不安があるため、私は少しネガティブな印象。

RISUタブレット家庭教師

  • 日常のRISU算数での自習と、家庭教師サービスがひとつのタブレットでできる。
  • ネット環境が必須。
  • 先生は東大生など、TOP大学生。
  • 授業時間は30分と短め。

感想

  • 先生がポジティブな言葉を声かけしてくれるので、息子が気分良くどんどん学習がスピードアップしていく様子に驚いた。
  • 授業中ずっと先生が声かけしてくれるし、見守ってくれていると感じるけど、タブレット越しだから緊張しない。
  • 先生は息子の苦手を把握済みだから、ピンポイントに最適な学習方法を提案してくれて、とてもスムーズ。
  • 授業時間が30分と短いぶん徹底集中。「できない子」なのに「できる子」に見えた!

RISUタブレット家庭教師の流れ

まず、授業開始前に、先生とお互いの顔を映して挨拶すると、さっそく先生は息子の苦手箇所を指摘し「今日はここを一緒に頑張ってみようか」と提案。

問題の画面に切り替えると、解き方の説明文を読みながら「ここまではわかってるよね」「ここに気をつけてみよう」「じゃあやってみよう」とサクサクと先生のペースで進みます。

RISUは1ステージ3問程度。1問解くごとに先生は「そうだね」「おお、良いね」と合いの手のように声かけをしてくれるので、問題を解くテンポがだんだん良くなってきます

3問程度が全問正解だと「100点」と画面に大きく表示され、ファンファーレが鳴るので達成感がすごい。

単元の途中からは応用問題が出るので一気に難しくなります。息子が間違えてしまうと「何で間違えたかわかるかな?」と先生は自力での解決を促します。息子が無言で悩んでいると「じゃあ一緒に考えてみようか」と、先生はタブレット画面に書きこみをしながら解説。すらすらと文字が浮かび上がるので集中して見ています。

先生は「じゃあ、もう一回考えてみよう」と、答えを教えてくれるのではなく考え方を教えてくれるので、次の問題からは息子の力だけで「100点」が続いていきます。この日は単元が終わったキリの良い所でちょうど授業は終了。もう一度お互いの顔を映して挨拶をして終了しました。

あっという間の時間でしたが、学校で4~5時間授業を受けて理解できていなかった単元を、30分で理解して応用問題まで100点になりました。終了後、息子に「算数苦手なのに、すごい速さで問題を解いていたね」と声をかけると「いや、苦手じゃなかったんだと思うよ」と生意気に言うので笑ってしまいました。

まとめ

一番良かったのが、息子に自信がついた事です。成功体験と言うんでしょうか。「自分は算数ができる」「だから頑張れる」という意識となり、やる前から諦める事が少なくなったので、他の事にも良い影響が出始めています。

RISUの先生が「苦手な問題は、その前の単元で理解できていない箇所があり、そこを解消してあげると、どんどん出来るようになるんですよ」と言っていて、目から鱗が落ちました。そういう部分は本当にプロの先生じゃないと判断出来ない事ですよね。それを学習データから見つけ出すRISUの先生は本当にすごい。

このまま続けると「算数が苦手」な息子が、「算数が得意」になる日も近いかも?

友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

キャンペーン11/30まで、お早めに!

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す
キャンペーン11/30まで、お早めに!