それはNG!小学生の運動会で保護者がしがちなマナー違反集!

かけっこやリレー・ダンス、応援合戦など運動会は小学校行事の中で1番大きな行事。学校によっては保護者や地域の人たちが参加出来る種目や踊りなどもあるので、家族みんなで応援に行くのが楽しみですね。しかし、運動会がいつ開催されるのか?他の方に迷惑なってしまう行為にはどんな事があるのか?特にお子さんが小学校に入学して初めての運動会の場合、気になることが多いのではないでしょうか。今回は、小学校の運動会開催時期・気をつけたいマナーについて紹介します。

【習い事入会支援キャンペーン】 コドモブースターから入会した方全員に3,000円分Amazonギフト券プレゼント! (※一定の条件を満たす必要がございます)

今ドキ運動会の開催時期や時間は?

「運動会」というと、以前は秋の学校行事の定番として9~10月頃に開催されるケースがほとんどでした、しかし、以下のような理由で、最近では春に運動会を開催する小学校が増えているようです。

春に運動会が行われるようになった理由
  • 残暑が厳しく熱中症になりやすい。
  • 台風が発生しやすい時期で日程調整が難しい。
  • 修学旅行・合唱コンクールなど秋に行事が集中しているので分散化させるため。
  • 中学受験者増加のため、受験勉強に専念させるため。


小学校によって違いますが、5~6月または9~10月頃の土曜・日曜日に開催・月曜日が振替休日という予定で行われることが多いようです。開催時間は、8:30~15:00頃まで。後片付けがある場合は下校時間が15:30〜16:00頃までかかる場合も。

主役はあくまで「子ども」!

運動会は園や学校の行事、すなわち主役はあくまで子どもであって応援する保護者ではありません。ましてや、お客様でもありません。ところが最近、運動会でトラブルを起こす保護者が増えているようです。

子どものために張り切る気持ちはわかりますが、知らぬ間にマナー違反をしているかも!ここからは、パパママが気をつけたい運動会での古いマイについて取り上げていきます。

◆当日の服装について

動きやすいパンツスタイルがおすすめです。コーディネートは、

  • トップス……Tシャツ・カジュアルなシャツ など
  • ボトムス……ジーンズ・チノパン など
  • シューズ……スニーカーがいいでしょう
  • 日焼対策……UVケア加工びはおりもの、帽子、サングラス、日焼け止め 


日焼け対策は万全にしたいところですが、つばの広い帽子や日傘は多くの人が集まる場所では邪魔になるので使わないのがいいでしょう。

この服装はNG!

スカートやハイヒール……運動会にふさわしい格好ではありません。ヒールのある靴は運動場では歩きにくいです。
白系のコーディネート……運動場の砂ほこりは払っても取りにくく、汚れになってしまいます。
胸元・肩が大きく開いたトップスやローライズのボトムス
          ……露出が多く、動作によっては下着が見えることも。ファッション性を優先するのは控えましょう。

◆席の確保について

トラブルの元になりやすい「場所取り」。次にあげるポイントに注意しましょう。

学校からのお知らせ

事前に運動会のお知らせが配布されるので、注意事項をしっかり読みましょう。

場所取りの指定時間前に行かない

学校から指定された時間外に行くと、近隣の方の迷惑になります。

広く場所をとらない

他の保護者への配慮が必要です。必要以上大きく場所を取るのはNGです。

指定場所以外で取らない

観覧場所が指定されている場合があります。指定以外の場所取りは運動会の運営や競技の邪魔になります。

◆写真・ビデオ撮影について

許可もなく運動場の真ん中に入って撮影をする人がいますが、運動会運営の邪魔になります。また、保護者の立ち入りが禁止されている児童席などに堂々と入ってカメラを回している人も気になりますよね。

他にも、授業で子どもたちが大切に育てている植物や花を、撮影のために平気で踏み荒らす保護者、自分の子どもの出番が終わったのに他の人に場所を譲らない保護者など、迷惑行為の報告は後を絶ちません。

◆応援のしかたについて

熱くなるのはわかりますが、下品なヤジや乱暴な言葉など、子どもに聞かせるのに忍びない言動を取るのは大人としてNG

「やっつけてしまえ!」や「◯組、負けろ!」など、といった言葉は、保護者同士のトラブルに発展することもあるので、あくまで節度を持った行動をするように気をつけましょう。

◆ゴミ捨て・後片付けについて

お弁当やおやつなどで出たゴミをそのまま放置して帰ってしまう保護者が案外少なくありません。

あくまで子どもの運動会の応援なのに保護者同士で大宴会になってしまい、迷惑この上ない上に、立ち去った後には大量のアルコール缶の山…。近頃、保護者を呼ばない運動会を行う学校が増えている背景には、こういったマナー違反があるからだそう。

◆駐輪・駐車について

学校で自転車・自動車での来校を禁じているのに、近くまで乗り付け、商業施設・私有地などに勝手に駐車してしまい学校に苦情が入る…ということも毎年の恒例のよう。

徒歩で何往復もしたくないから、うちには小さい子どもがいるから。それは言いわけにはなりませんよ。

マナーを守って楽しい運動会を!

運動会は、子どもの成長ぶりを実感できる数少ない機会。リレー選手に選ばれた我が子の勇姿、かけっこは遅いけど最後まで走り切った頑張りへの感動など、思い出深いシーンがいくつも見られます。

けれど、それはどの子どもの保護者にとっても同様。1人の保護者の「自分さえ良ければ」というマナー違反で、せっかくの1日が台無しになってしまうかもしれない。それを心にとめて、マナーを守って楽しく応援をするようにしましょう!

友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

【習い事入会支援キャンペーン】 コドモブースターから入会した方全員に3,000円分Amazonギフト券プレゼント! (※一定の条件を満たす必要がございます)

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す