子供の教育には小学生新聞がおすすめ?種類やメリットも紹介

時事問題や知っておきたい世の中のことを小学生にも分かるように解説してくれている小学生新聞が、子供の教育におすすめ!

子供に早い時期から社会のことを勉強させたい方におすすめです。学習塾などとは違い、低額で利用できるのも人気のポイント。

今回は「小学生新聞とは何なのか」という基本から「子供の学びを増やす新聞活用法」まで盛りだくさんでお届け!楽しんでください!

キャンペーン11/30まで、お早めに!
友だち追加

小学生新聞とは?

小学生新聞は、大人向けの新聞とどう違うのか気になりますよね。
小学生新聞の内容自体は、普通の新聞と同じように時事問題や経済、社会に関してが中心。事故など子供が怖がるような記事は意図的に抜かれているので安心して読ませられます。
難しい内容も、小学生でも理解できる言葉や表現を使って分かりやすく説明されています。図やイラストを使った説明も多いので、まだ活字に慣れていない小学生でも大丈夫!
全国紙として発行しているのは3つの大手新聞社。
・読売新聞「読売KODOMO新聞」
・朝日新聞社「朝日小学生新聞」
・毎日新聞「毎日小学生新聞」
新聞社によって毎日発行か毎週発行かが異なっています。それぞれ独自のコラムなどを作って特色があるので、お試しで全部読んでみるのがおすすめ。
費用も、ひと月で平均1,500円でとてもリーズナブル。お手軽に勉強できて、中学受験に出題される時事問題の対策にもなります。

小学生新聞は何歳から読み始める?読むとどんな効果があるの?

小学生新聞って一年生から読み始められるのか気になりますね。また、読むとどんな良いことがあるのかもしっかり抑えておきましょう。

小学生新聞はいつから?

通常「小学生新聞は○歳から!」という基準はありません。というのも、イラストや写真を多用したカラフルな新聞になっていて、全ての漢字にふりがながふってあるので低学年からでも十分楽しめます。
小さい子供は、新聞についている漫画などから読む習慣をつけるのがおすすめです。高学年にもなると記事も十分に楽しめて、知識もどんどん吸収していけるようになります。
小学校では、3年生ごろから実際に小学生新聞を授業に取り入れることもあるので、しっかりと記事を読ませたい!ということなら小学3年生頃から読み始めるのが良いかもしれませね。

読むとどんなメリットが?

1.語彙力が高まる

一つ目のメリットは、語彙力が高まること。新聞を読んでいると自然と知らない言葉に出会います。一つ一つ「これはなんて意味?」という風に、質問したり調べる習慣をつければどんどん新しい言葉を覚えていけます。
気がついたらクラスで一番の物知りになっているかもしれません!

2.社会に対して興味を持てる

小学生の生活は、基本的に小学校と家庭で完結してしまうので、なかなか世の中で何が起きているのかということには触れる機会がありません。
小学生新聞では、実際にその時々の時事問題を取り扱っているので子供も子供なりに社会のことを理解することができます。また、ニュース番組のように難しい言葉での説明もないので退屈にならずに楽しんで視野が広がります。

3.考える訓練になる

小学生新聞にはただニュースを解説するだけでなく、子供が自分で考えられる力をつけることも目的にしているので、新聞を通じて思考力を養うことができます。「どうして?」や「なんで?」という子供の純粋な疑問を大切にして、考える訓練を積んでいきたいですね。

4.中学受験の対策に

小学校高学年になると中学受験を目指す子供も増えてきます。時事問題の知識なども問われる中学受験の対策としても小学生新聞はぴったり。小学生に向けた説明だからこそ、しっかりと理解することができて記憶に残るのでテスト対策になります!

小学生新聞の選び方

小学生新聞の選び方で気をつけたいポイントは、以下の3つ。
・新聞購読の目的
・毎日発行か毎週発行か
・料金
まずは、新聞購読の目的を考えましょう。新聞社によって受験関連のニュースやコラムなどが充実しているものもあるので「子供に日常的に社会のことなどに触れて欲しいのか」「中学受験の対策として読み始めたいのか」でどの新聞がおすすめかは変わってきます。
次に気をつけたいポイントは、発行間隔。新聞社によって毎日届くタイプなのか、一週間に一回で毎週なのか決まっています。しっかりと新聞や活字に触れる機会を増やして習慣化することを考えるならば、毎日発行がおすすめですね。
最後に気をつけたいのは料金体系。これももちろん新聞社ごとに違います。大人向けの新聞も取っていると二つ分の新聞代がかかってくるので、しっかりと考えたいポイントです。

小学生新聞で学びを増やす方法

ここでは、小学生新聞を使ってもっと学びを増やす3つの方法を紹介!ぜひ、試してみてください。

1.知らない言葉や気になる言葉は調べてメモ

一つ目の方法は、調べた言葉などを別のノートに記録していくこと。知らない言葉に出会っても一回調べたまま放っておいたら忘れてしまいます。ノートに記録することで、頭に残りやすくなり、後で見返すことができる記録にもなります。

2.気になる記事を切り抜いてスクラップ

2つ目の方法は、記事のスクラップ。特に興味を持った記事や大切だなと思った記事を切り抜いて保存しておくことで、自分だけのスクラップブックが完成します。
同じテーマの記事をいくつも集めておけば、時系列に変化を追うこともできて記事の理解を深めることができます。

3.自分で調べてオリジナルのノートを作る

例えば、小学生新聞を読んで環境問題に興味を持ったら、新聞の情報はもちろん、インターネットなどを使って色々な情報を集めて自分の言葉でまとめてみてください。そうすると問題に対する理解はもちろん、情報を整理する力やまとめる力、文章力などを一緒に鍛えることができます。

小学生新聞を読んで物知り博士になっちゃおう

小学生新聞を取るようになって気づいたら子供の方が色々なことを知っているなんてことになるかもしれませんね。子供が勉強するためだけでなく、子供に分かりやすく説明してあげるための材料としても小学生新聞は使えるのでお父さんお母さんが読むのもおすすめですよ!

友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

キャンペーン11/30まで、お早めに!

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す
キャンペーン11/30まで、お早めに!