子供におすすめのピアノは?初心者にも人気の電子ピアノを紹介!

子供の習い事で根強い人気のあるピアノ。小さい頃に習っていたママもいらっしゃるのではないでしょうか。
ピアノを習うと、楽譜も読めるようになり音感も良くなります。また、ピアノの下地があると他の楽器も意外とすんなりマスターできるようになるメリットも!

でも、ピアノを習い事として始めるには、家での練習は欠かせません。となると、家でも練習出来るようにピアノを準備する必要があります。

今回の記事ではアコースティックピアノと電子ピアノの特徴や値段、最近人気の電子ピアノについてのメリット・デメリットを詳しく説明しています。
ピアノの購入を検討しているパパママにおすすめのピアノも紹介していますよ。

記事を参考にしてお子さんとピアノライフを楽しんで下さいね!

アコースティックピアノと電子ピアノの違い

ピアノには大きく分けて、生楽器のアコースティックピアノとデジタル楽器の電子ピアノの2種類があります。この2つには大きな違いがあります。
アコースティックピアノは、鍵盤を押すことによってハンマーが動き弦を叩くことによって音が出ます。それに対し電子ピアノは、鍵盤を押すと対応する電子音源が発生し、スピーカーによって増幅されて音が出ます。

アコースティックピアノの特徴

アコースティックピアノには、グランドピアノとアップライトピアノの2つのタイプがあります。

グランドピアノは弦が水平に張られています。弦を叩いたハンマーが元の位置に戻りやすい構造となっているので、鍵盤の連打などの細かい表現ができます。
また、弦の長さもそれぞれ違うので、音の響きや表現力が広がります。音大やプロを目指す方向けのピアノです。

アップライトピアノはグランドピアノをコンパクトにしたピアノで弦が縦に張られています。ハンマーは横から弦を叩くようになっているので元の位置へ戻るスピードはグランドピアノより少し遅くなるため、細かな表現には限度があります。練習用や家庭で楽しみたい方向けのピアノです。

電子ピアノの特徴

電子ピアノは、アコースティックピアノにある弦やハンマーの代わりとなるデジタル回路とピアノの音色を再現する音源が組み込まれています。弦やハンマーがいらない構造のため、コンパクトで軽量になっています。鍵盤のタッチや音色・センサーの感度などは、メーカーや機種によって違いがあります。

ピアノを習い始めたお子さんやアコースティックピアノを置くのが難しいご家庭向けのピアノです。

どっちがいいの?

アコースティックピアノと電子ピアノどちらがいいのかは、生活環境やピアノの設置条件によって変わってくるので何とも言えません。本格的にピアノを学びたいのであればアコースティックピアノでもアップライトピアノの方がいいでしょう。

電子ピアノのメリット・デメリットは?

【メリット】
  • 音量調節やヘッドフォンを付けての演奏ができるので、いつでも練習ができる。
  • 電子部品を使っているのでアコースティックピアノより軽量、どこにでも置くことができ、安く購入することができる。
  • 調律などのメンテナンスをする必要がない。
【デメリット】
  • アコースティックピアノのような音が出ない。
  • 修理しようとした時に、生産が終了となっていて部品が入手できない。

電子ピアノは、アコースティックピアノと比べると軽く・どこにでも置ける・いつでも練習ができるなどのメリットがあります。しかしアコースティックピアノのような鍵盤・ペダルのコントロールによる微妙な音を出すことができません。また、生産終了によって必要な部品が手に入らず、修理できない場合があります。

アコースティックピアノと電子ピアノのそれぞれの値段の相場は?

アコースティックピアノでは、グランドピアノが約100万~300万円、アップライトピアノが約60万円~100万円、電子ピアノは約5万~10万円が相場と言われています。

アコースティックピアノと電子ピアノのそれぞれの寿命は?

アコースティックピアノ本体だけで言えば約100年の寿命がありますが、内部の部品の寿命は約35年と言われています。35年過ぎても弾くことができますが、早い連打ができない・弦が切れやすくなる・音が出にくくなるなど、気持ち良く演奏するのは難しくなってきます。

電子ピアノの寿命は約10年。内蔵されている電子部品が壊れるのが原因ですが、メーカーに部品の在庫があれば交換して使い続けることができます。
しかし、メーカーでの部品保有年数は生産終了から約7年なので、タイミングによっては修理不可となってしまう場合があります。

アコースティックピアノのおすすめ2つ!

コンパクトグランドピアノ GB1K(ヤマハ)

6畳の部屋でも置けるように設計されたヤマハの最小サイズのグランドピアノです。コンパクトサイズですが、従来のグランドピアノと同じ性能があります。

参考価格:1,150,000円(税抜)

アップライトピアノ K-200(カワイ)

初心者からベテランまでと幅広い層で使うことができる、優れた音色とタッチを備えたアップライトピアノです。構造を見直し、美しく伸びのある音が出るようになっています。

参考価格:560,000円(税抜)

電子ピアノのおすすめ4つ!

DIGITAL PIANO B1(コルグ)

アコースティックピアノのタッチを再現した鍵盤・ピアノ独特の低音が出るスピーカーシステムを搭載した電子ピアノです。エレクトリックピアノやオルガンなど全部で8種類の音色を出すことができます。

参考価格:40,000円(税抜)

ARIUS YDP-143(ヤマハ)

アコースティックピアノのような自然な弾き心地ができる鍵盤を搭載している電子ピアノです。自宅でもコンサートホールで演奏しているような残響感を演出することができるリバーブが4種類あります。

参考価格:85,000円(税抜)

Digital Piano F-140R(ローランド)

グランドピアノの表現力を再現した「スーパーナチュラル・ピアノ音源」を採用したコンパクトな電子ピアノです。弦楽器・管楽器・打楽器などの楽器音が内蔵されているので、曲にあった楽器の音色で演奏することができます。

参考価格:100,000円(税抜)

Privia PX-770(カシオ)

グラウンドピアノのような響きのある音が出る「マルチ・ディメンションナル・モーフィングAiR音源」を採用した電子ピアノです。ヘッドフォン端子が2つ付いているので、いつでも2人での演奏を楽しむことができます。

参考価格:75,000円(税抜)

どちらがいいかじっくり検討しよう!

アコースティックピアノ、電子ピアノのメリット・デメリットについて紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

アコースティックピアノには豊かな表現力があり、電子ピアノには音量調整によっていつでも練習ができるというメリットがありました。それぞれのご家庭にあったピアノ探しの参考になれば、幸いです。

カワイ音楽教室のサウンドツリーテキストでピアノを始めよう!

音楽教室大手のカワイ音楽教室の教育理念は音楽「を」学ぶのではなく、音楽「で」学ぶこと。演奏技術の習得だけではなく、「音を通して表現する楽しさを味わう」ことができるカワイオリジナルテキスト「サウンドツリーシリーズ」を使用し、最初から両手で演奏します。

3歳のソルフェージュからプロの演奏家を目指すコースまで、どんなレベルでも満足のいくレッスンを開講しているのはカワイ音楽教室の最大の強み!
質の高い講師と段階的に音楽を学ぶカリキュラムで、生きた音楽を身につけます。

お近くのカワイ音楽教室 ピアノコースを今すぐ検索!

友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す