子どもが習い事を休みたいと言ってきたら?適切な対処法をご紹介!

子どもが興味が持って「やってみたい!」と言っていた習い事を始めて、毎回楽しそうに通っていた我が子がいきなり「今日は休みたい」と言ってきたら・・・親としては「何かあったの?」と心配になってしまいますよね。
こういう時、親としてどうしてあげたらいいのでしょう?
『登校拒否』や『登園拒否』とはまた違う『習い事拒否』に対して親がしてあげられる適切な対処法をご紹介します。

キャンペーン7/31まで、お早めに!

否定は絶対しない。理由を探ろう

 子どもは親が思っている以上に親を見ています。自分が習い事に通うことに対して満足することを分かっているので、「休みたい」と言い出すのに非常に勇気がいったはずです。中には言い出せずにダラダラと準備をして、いざ近くまで来てようやく「休みたい」と言い出すような子もいます。親としては「そんな急に言われても・・・」と戸惑ってしまいますよね。

 ここで大事なのは「否定はしない」こと。「きっと怠け心が出たんだな」と決めつけて理由も聞かずに「休むなんてダメ!行きなさい」と言ってしまうと、子どもも意固地になって「行かない!」と言い張ってしまいます。そして「じゃあなんで行きたくないの!」と聞いても子どもはどうせ否定されるからと話してくれません。
 まずは否定せずに「休みたいんだね」と繰り返してあげてください。それだけで子どもは「ちゃんと受け止めてくれた」と思ってくれます。その上で「どうして休みたいの?」と理由を聞いてあげてください。

休みたい理由には何が多いの?

 では、子どもが習い事を休みたい理由には一体どんなものがあるのでしょう。

  • 先生、コーチが怖い。または担当が変わった。
  • レッスンについていけなくなった。
  • 仲良い子が上のクラスに行ってしまった。
  • 友達と遊びたい。もっと別なことがしたい。
  • なんとなく行きたくない(理由がない。理由をうまく言葉にできない)
  • 疲れた。


 主に上に述べた理由が多いのではないでしょうか。これ以外にも理由はあると思うので、きちんと理由を聞いて、それから対処法を考えていきましょう。

親ができる対処法とは?

子どもがきちんと理由を話してくれたら、それに合わせた対処法を試してみましょう。
いくつか紹介するので、ぜひ参考になさってください。

先生、コーチが怖い。または担当が変わった。

進級してクラスが変わったり、先生の都合で担当が変わったりすることはよくあります。
しかし子どもにとって、習い始めて不安や緊張の中で教えてくれた先生は思い入れがあるので、その先生と離れるのが寂しく
「今の先生は嫌だ」と言い出す子がいます。
また、そこが大丈夫でも、先生やコーチによって指導法が変わるので、「前となんか違う!」と違和感を覚えて「今の先生なんか怖い」と戸惑いから嫌だと思ってしまう子もいます。

実は「先生やコーチが~」というような理由で習い事を休みたいと言い出す子は結構多いのです。せっかく指導して下さる先生に失礼だと思って「そんなこと言わないの」と叱ってしまいそうですが、よくあることだと分かれば「仕方ないかな」と思えますよね。

こういう場合、可能であるなら曜日や時間帯を変えるのも手です。
実際、スイミングで進級して先生が変わり「今の先生は嫌だ」と休んだ子の親は、振替授業で別の先生が担当しているクラスへ行かせたそうです。そして、「この先生がいいならこの曜日のこのクラスに通うことになる。でも進級したらまた先生は変わるよ」と説明し、子ども自身にどうするか選ばせた結果、元々通っていた時間帯にはお友達もいたこともあり、元のクラスに戻った、という例もあります。

先生やコーチの変更が不可の場合、習い事側の事務所の方に相談してみましょう。申し訳ないなと思いますが、習い事側からしたら「よくあること」なので、しつこく指導をしない、他の子に影響が出ない程度に自由にさせる、などなにかしら対応はしてくれると思います。その場合、「進級して先生が変わって戸惑ってるみたいで・・・」と先生側に非がないことをきちんと伝えましょう。
また先生やコーチにこうしてほしいと伝えるのも良いと思います。あまり注文しすぎないようにしましょうね。

レッスンについていけなくなった/仲良い子が上のクラスに行ってしまった

進級した結果、レッスンの内容が今までより厳しくなってついていけなくなってしまい、「休みたい」と言い出す子もいます。
その場合、1回休ませて気分転換させるのも良いですが、とりあえず行かせてみるのもアリだと思います。
というのも、進級したてで今の授業内容に慣れていないだけかもしれません。「進級して授業内容が厳しくなったからね」と受け止めてあげて、「今まで頑張ってきたんだから、今回ももうちょっと頑張ってみない?」と背中を押してあげると良いでしょう。元々楽しく通えていたのです、慣れればまた楽しく通ってくれるようになるはずです。

また習い事によっては年齢別ではなく、カリキュラムの進行具合でクラスが分けられる場合があります。そのため、仲良い子が上のクラスに行ってしまったため、寂しいのと悔しいのとで「行きたくない」となることもあります。その場合、その仲良しの子を褒めたり、我が子と比べたりする発言はしないでください。
「寂しいよね」「ちょっと悔しいよね」と気持ちを代弁してあげて、上記のように背中を押してあげましょう。

友達と遊びたい/疲れた

子どもが疲れたなんて甘えだ、という人がいます。しかし今の子どもは学校に加えて習い事を複数している場合もあり、睡眠時間が少ない子も多いです。そのため疲れている子が昔より増えているのは事実です。
また、友達は学校が終わったら遊んでいるのに、は習い事に行かなきゃいけないことに少なからず不満を持っている子もいます。
そういう場合は、習い事の数を調整してあげましょう。通っている習い事の全てが子どもが通いたい、と言っていたものでも、そのせいで疲れてしまったり、友達と遊べないことに不満を抱いて「休みたい」となってしまったら本末転倒な気がします。
 習い事の数を調整する場合、子どもとしっかり話し合って決めてくださいね。

なんとなく行きたくない

中には「なんとなく」と休みたい理由を言わない子もいます。自分の中で複数の気持ちが入り混じってうまく伝えることができず、その結果「なんとなく」と言ってしまう子もいます。また、本当になんの理由もなく、ただ「休みたいから」という子もいます。
そんな時は「なんで休みたいの?理由あるでしょ?」としつこく聞くことはNGです。子どもはさらに口を閉ざしてしまいます。

ただ「そっか、休みたいんだね。分かったよ」と受け止めてあげてください。そして時間を置く意味でも、リフレッシュさせる意味でも、1回ぐらい休ませても良いと思います。

休み癖がつくことを心配されるかもしれませんが、元々楽しく通っていた習い事であれば、「行きたくない」と思わせる理由が解決されれば、また楽しく通えるようになります。
「今日は休みにするけど、次のレッスンの日は行こうか」と子どもと約束すると良いと思います。

習い事は親の努力も必要だけど、子どもに無理はさせすぎない

習い事は通うことにメリットもありますし、子どもが選んで楽しく通っているなら親としては続けさせてあげたいですよね。
しかし、いくら楽しんでいても、続けるにはそれなりの努力や気力が必要で、とても難しいことでもあります。
習い事を始める時は、事前にリサーチ(無料体験や体験教室などに行かせるなど)をして、本当にその子に合ってるか、親が見極めることが大事です。
子どもにも得意・不得意はあります。大人でも楽しそうに見えたものでもやってみたら難しかった、というような経験はありますよね。なので色々手を尽くした結果、どうしても「行きたくない」となった場合は思い切って辞めさせることも考えましょう。子ども自身にやる気がなければ続けても意味がありません。子どもに親の期待や気持ちを押し付けるように強要することなく、子ども自身がのびのびと学べるようなことをさせてあげましょう。 

友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

キャンペーン7/31まで、お早めに!

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す
キャンペーン7/31まで、お早めに!