算数が苦手な原因は?原因別克服方法と分野別対策方法を紹介!

苦手な科目ナンバー・ワンによく輝いている算数。どうしてこうも世の中の子供は算数が嫌いなのでしょうか?そこで今回は、子供が算数を苦手とする原因と、原因別克服方法を紹介します。この記事を参考に、お子さんが算数を苦手としている原因を見極めて苦手を克服していきましょう。

キャンペーン終了まで、あと11日!
友だち追加

算数に求められる力3選

まず、算数を解くためにはどのような力が求められているのでしょうか?算数を解くためには以下の3つの力が必要であると言われています。

1.正確かつ速い計算力

算数のベースは計算です。計算ができなければ答えがでません。また、ただ計算ができるだけでは駄目です。速く・正確に答えをだすことが求められます。

2.国語力

これは特に文章題で求められる力です。問題で何を訊いているのかが分からなければ問題を解くことすらできません。

3.空間認識能力

図形・立体をイメージする力のことです。こちらは図形問題を解くのに必要な力ですね。折り紙やお絵かき、積み木遊びやパズル遊びで育むことができる力です。

【原因別】算数の苦手克服方法

実は算数が苦手としている子供は、上に挙げた計算力・国語力・空間認識能力が欠けていることが多いんです。そこで原因別の算数苦手克服方法を紹介します。

計算力をアップする方法

計算ミスでいちいち落ち込まない(叱らない)

算数のテストにおいて、人間は必ず3問はミスを犯すと考えてください。あらかじめそう思っておけば、ミスをしたとしても落ち込むことがありません。また、テストの残り10分の時間では、難しいまだ解けていない問題の解法を考えるよりも、既に回答した問題のミスを確認するほうが点数アップにつながります。

解けない問題の解法ばかり考えてミスを見逃し、点数が下がっても結局算数が苦手であるという間違った認識を生むだけです。

睡眠不足解消

睡眠不足の状態では集中力の質が低下します。ですから、算数のテスト前は必ずたっぷりと睡眠時間をとるようにしましょう。

計算ドリルを習慣づける

小学生の間は一日1枚の計算プリント演習を行うことが好ましいと言われています。一日1枚のプリントをするだけなら10分程度で終わります。短い時間ですよね。しかし、この1日10分の時間が将来のお子さんの数学的センスを左右するのです。毎日お風呂に入るのと同じように計算プリントを習慣づけるようにしましょう。

暗算させる

実は筆算を書かせるよりも暗算をさせた方が頭が良くなります。なぜならば、そちらの方が頭を使うからです。繰り上がり途中の数字や計算途中の数字も全て暗記しなければならないからです。最初は足し算・引き算の暗算からさせてみましょう。慣れてきたら2桁×1桁の掛け算割り算を暗算させてみましょう。

文章読解力をアップする方法

問題で問われていることに線を引かせる

文章中に書かれている「問われていること」に当たる部分に線を引かせてみてください。それで間違っているようでしたらもう一度考えさせてみてください。何回も間違えてしまったとしても問題なく、「考える」という思考行為が重要になります。小学生の問題程度だったら最終的に答えが導き出せるはずです。

声に出して問題を読ませる

声にだして文章を読ませるのも効果的です。なぜならば、文章を最後まできちんと読んでいない子供もいるからです。声に出して読ませることで文章を最後まできちんと読む癖をつけさせましょう。

空間認識能力をアップする方法

定規で図形を書かせない

図形はできるだけフリーハンドで書かせるようにしましょう。なぜならば、定規を使って書くと図形が定規で隠れてしまうからです。そうすると、きちんと図形の形を頭のなかで想像することができなくなってしまいます。

紙や粘土、積み木などを使って体感させる

特に立体図形を紙の上だけで想像するのは、かなり難しい作業になります。ですから、実際に積み木などを使って立体を想像しやすいようにしましょう。

算数力は非常に重要!

大人になってからも意外と算数・数学力は必要になります。小さいうちから苦手意識をなくしてあげましょう。

友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

キャンペーン終了まで、あと11日!

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す
キャンペーン終了まで、あと11日!