算数の力は塾で伸ばせる?小学生が通う算数塾や個別指導塾は?

小学生がつまずきやすい教科として真っ先にあげられがちな算数。九九の暗記にはじまり、足し算引き算の筆算、分数の計算などなど、子どもがつまづきやすいポイントは無数に存在します。けれど、小学校の算数はのちのち中学、高校の数学につながる基礎の基礎。

今、つまづいたままにしておくと、いつまでも授業が理解できないままになってしまいます。パパやママの中にも苦手意識を持っている人が多いせいか、算数の苦手を克服させる手段として「塾通い」が選ばれるケースは少なくありません。

では、どのような塾に通わせるべきなのか、そもそも算数の苦手を克服させるためには何をすればいいのかなど、今回は考えてみましょう。

キャンペーン12/31まで、お早めに!
12月のキャンペーン

算数が苦手な小学生が多いのはなぜ?原因は?

・算数はセンスじゃない、閃きでもない。親が算数が苦手で算数ができる=頭がいいと思っているから。
・算数ができる子どもは計算練習を十分にやっているだけ
・同じところを間違えたからと言って怒らない。それはその子どもの傾向だから意識するように指摘すればにがては減っていく。
・試行錯誤の末に答えが導き出せた、正解が出せた!という喜びや達成感をたくさん味あわせてあげることが大事

算数に苦手意識を持つ小学生が多い理由として、まず、単純に計算の練習が不足しているからというのがあげられます。人間は毎日学習をしないと、授業で教わったことなどはすぐに忘れてしまいます。つまり、毎日計算ドリルなどをこなしていけば、少なくとも計算に慣れ、苦手になることはありません。また、苦手な場合でも段階的にレベルを上げ、毎日やっていけば、苦手を克服することは可能です。

もうひとつ、算数に苦手意識を持つ小学生が多いのは「自分は算数が苦手」だと思い込んでいる子どもが少なくないということです。テストで思うような点が取れず、「なんでそんなに算数が苦手なの?」などと親に言われると、「自分は算数が苦手なんだ」と案外簡単に刷り込まれてしまうのです。これは親自身も算数が苦手で「算数とは苦手な人が多いもの」という前提で話をしていたり、逆に自分はかなり得意だったためにつまずく理由がわからない場合にも、言動が子どもに悪影響を与えることがあります。

算数の苦手を克服するなら小学生向けの塾がおすすめ?

小学生の段階で苦手な算数を克服するには塾に通うことがおすすめです。塾に通うメリットにはいくつかあり、まず計算量を多くしていくことができるというのがあります。塾ではあくまで方法論を教えるのみであり、実践をするのは生徒です。その実践の量を確保するため、宿題などを出して管理していきます。親がその任務を果たせればいいですが、忙しい場合もあり、そうした時には塾が代わりに管理をするという感覚で問題ありません。

次に算数だけでなく国語力も上げる際に有効というものです。文章題が苦手という小学生は非常に多く、中学生以降もそれに苦しめられるケースは少なくありません。そのため、国語の勉強もし、同時に算数も学ぶことで苦手な文章題の克服にもつながります。国語力が上がればそれだけ先生の説明の理解度も上がっていくため、学校での指導も理解でき、わからないところはキチンと質問をするという習慣も塾で身につくこととなっていきます。

苦手な算数の克服には集団塾よりも個別指導塾がおすすめ

塾にも種類があり、個別指導塾や集団塾が存在します。仮に苦手分野の克服を目的に塾に通わせる場合には個別指導の塾がおすすめです。個別指導は先生1人につき、生徒が1~4人というのが一般的です。完全にマンツーマンであればつきっきりの指導が、複数の人数になれば、先生が他の生徒を指導しているときに問題を解いていけば効率的となります。集団塾はみんなで進めていく形となり、1人がつまずいたとしても止まってはくれません。

個別指導のいいところは、つまずいたところに立ち返ってそこから指導をしてくれることであり、その子にマッチした指導法を心がけてくれることにあります。また、苦手にしている小学生の中には先生や親からの教え方で自信を失っている子もいるため、その自信を取り戻させてあげることができれば、立ち直るまでに時間はかかりません。

小学生の塾ってどのくらい費用がかかるの?

子どもを通わせる場合、気になるのは費用面の問題です。集団のところであれば国語と算数をセットにしたものが主流であり、その場合には2教科で1万数千円というのが相場となっています。個別指導の場合には1教科だけというのも可能であり、その場合には1教科のみで諸経費を含めて1万円程度となります。個人で行っている塾であれば、数千円で行ってくれるところもあるなど、その費用は様々ですが、多くかかっても1万円前後というのが相場です。

また、時間によって変更することがあり、60分など短めであれば費用を抑えることが可能です。1コマ90分は学校の授業よりも長くなるため、意欲がある人向けであり、苦手を克服したい場合には45分や50分など短めのものをおすすめします。それならば1万円弱で受講できるところは都市部でも多くなっています。

塾に通って苦手な算数を克服しよう!

親が子どもに教えるとどうしても感情的になり、なぜこんなこともできないのかという指導になりがちです。すると、子どもは反発をしたり、自信をなくしたりするため、ますます苦手の克服が難しくなります。こうした場合には優しく指導をする、もしくは理解度に合わせて指導内容を変えてくれるところ、特に個別指導のところに行かせて、苦手を克服させるというのをおすすめします。

最初のうちはなかなか成果は出ないかもしれませんが、解ける喜びを知ることができれば自信にもなり、どんどん問題をこなしていこうという前向きな気分にさせてくれます。問題を解決する力が身につけば、自ら疑問点を見つけ、それを質問し、改善を目指すことができるようにもなります。苦手な算数を克服するだけでなく、勉強のやり方を学ぶことにもつながるのです。

友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

キャンペーン12/31まで、お早めに!
12月のキャンペーン

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す
キャンペーン12/31まで、お早めに!
12月のキャンペーン
12月のキャンペーン