バイリンガル教育とは?子どもをバイリンガルに育てるメリットと方法

国際社会に向けて小学校での英語が必修となり、バイリンガル教育への関心が高まっています。でも、日本で生活している以上、子どもをバイリンガルに育てるのは難しいのではないかと考えるパパママも多いでしょう。

今回は、日本で生活をしつつ、日本語以外の言語を話す方法やメリットなどをお伝えします。

【習い事入会支援キャンペーン】 コドモブースターから入会した方全員に3,000円分Amazonギフト券プレゼント! (※一定の条件を満たす必要がございます)

バイリンガル教育とは

バイリンガルとは「二言語を話すことや、その人のこと」を指します。では、バイリンガル教育とは何でしょうか。バイリンガル教育とは「母国語を育てていくこと、第二言語を習得させること、母国語と第二言語を用いた教育を行うこと、という3つの条件を同時に満たした第二言語習得のための教育方法」のことです。

つまり、「日本で日本と英語などのバイリンガル教育を進めるのなら、これまで育ってきた日本語ではなく、英語などの第二言語を使って教育を進めていくことで第二言語を上達させ、バイリンガルへ導いていく」ことなのだそう。

日本では当たり前のように日本語が溢れているので、私たち日本人は日本語が話せています。日本語が母国語だからです。その中で、英語などの第二言語を使って授業なり勉強なりをしていくことによって第二言語のスキルを向上させ、バイリンガルへと成長を促していく教育が「バイリンガル教育」になります。

バイリンガル教育の3つのメリット

【1】外国語の習得が早く、知識の幅が広がる

脳の柔らかい幼い時から英語に触れる機会が多いと、言葉の吸収が早く、大人よりも楽に言語が習得できます。また、英語をマスターすると、幼くして他文化に興味を持つなど、一言語だけ使うより知識の幅が広がります。

【2】発音が上手になる

幼い時からバイリンガル教育をしなくても、いずれ学校で英語を学ばなくてはいけないんだからまだいいのではないか、という考えもあります。しかし小さい時から英語に耳を慣らしていると綺麗に発音ができます。

文法は理解していても、発音が苦手で英語にコンプレックスを持っている大人は多いでしょう。小さい頃から耳を慣らせておけばそんなコンプレックスは生まれない、と言われています。

【3】その他の外国語の習得が楽

小さい頃から日本語の発音と違う音に耳が慣れていると、英語以外の外国語の発音もすんなり入ってきやすいようです。また幼い頃からアルファベットに慣れると、同じ文字を使う海外の言語の習得も早くなるみたいです。バイリンガルにとどまらず、マルチリンガルになるかもしれませんよ。

子どもをバイリンガルに育てるには?

英会話スクールやプレスクールを利用しよう

第二言語の習得には、その言語に触れる機会を日本語同様に増やし、同時進行で学ぶことを心がけることが大事になってきます。とある英語圏の国では英語が基本的に話されていますが、学校で第二言語のクラスになると、英語を使わずにその第二言語を使って話し、授業や勉強も英語ではなく第二言語を使っているそうです。また、授業のみでなく、大人との会話も、その第二言語をできるだけ使って会話をして、子どもの第二言語のスキルを磨いているのだそう。

なかなか日本では難しいかもしれませんが、芸能人の子どもがインターナショナルスクールに通っている、という話もよく聞きますよね。英語の習得を目指すのであれば、こうしたスクールを利用するのも方法のひとつです。

ただ、プリスクールやインターナショナルスクールは費用が高く、二の足を踏んでしまうパパ・ママも多いかもしれませんが、英会話教室ですと週に1回、授業の時間は大体1時間が多く、費用の相場も1万円くらいと、気軽に英語を始められます。

毎日英語に触れる時間を作ろう

英会話教室やプレスクールへ通ったとしても、明らかに英語よりも日本語に接している時間のほうが長いので、バイリンガルとして第二言語習得に至るかというと疑問が残ります。

そのため、英会話教室やプレスクールの時間とは別に、「毎日英語を聞かせ、会話すること」が大切になります。英語に限らずどんなことでも、基礎を反復することで身につけ、そこからさらに練習することで習得できるものなのです。

会話は無理でも英語を毎日聞かせることは可能ですよね。子ども向けの海外アニメやドラマなどを観る、アプリなどで英語に触れさせる、などできることから始めてみるのがおすすめです。

バイリンガル教育にはバランスが大切

英会話教室に通ったとしても、週1回・1時間のレッスンを受けただけで英語を話せるようにはなりません。教室以外の自宅などで少しでも良いから毎日英語に触れさせることが、第二言語習得の近道になるでしょう。一方で、外で英語を使って生活しているなら、家では日本語を使う、などバランス良く使い分けて持続することが大事です。

子どもが外国語を学ぶバイリンガル教育にはメリットがあります。また、子どもが英語を学ぶことにより、親も英語に触れざるを得なくなるので、親の英語能力も鍛えられるかもしれません。ただし、バイリンガル教育には親子双方の負担が大きいことや、どちらの言語も中途半端になる可能性があるといったデメリットもあることを、頭の片隅に置いておいてください。

友だち追加

子どもの習い事を探すなら、コドモブースターを使おう!

子どもの習い事情報サイトも複数ある中でもコドモブースターがおすすめな理由はこれ!

その1

近くの教室が検索・その場で体験予約ができる

習い事を探すとなったらやっぱり、家の近くの住所や最寄りの駅で探しますよね?
『コドモブースター』では、お住まいの地域や駅名などから近くの教室が検索でき、どんな習い事教室があるか一目でわかります!
またコドモブースター内で体験などの予約もできるのでとってもカンタン。

その2

口コミで評判がわかる

気になる教室があっても、実際にはどうなんだろうと評判が気になりますよね?
周りに通っているお友だちがいなかったら、体験の1回で決めなければならないのは、ちょっと心配の方もいると思います。
『コドモブースター』では、教室の体験や入会された方の生の声を見ることができるので、教室選びの参考にもなりますよ。

その3

おトクなキャンペーンも実施

時期によっては、アンケートに答えるとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しているので、とってもおトクです。

【習い事入会支援キャンペーン】 コドモブースターから入会した方全員に3,000円分Amazonギフト券プレゼント! (※一定の条件を満たす必要がございます)

子どもの習い事を探すなら、まず『コドモブースター』で検索してみましょう!

習い事を探す